外壁 ALCは? 塗装‐目黒区

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

外壁 ALCは? 塗装‐目黒区

外壁 ALCは? 塗装‐目黒区

2021/05/20

ALCパネル
ALCは高温高圧蒸気養生でつくられる軽量気泡コンクリートのことで、珪石・セメント・生石灰・アルミニウム粉末を主原料としています。
板状に成形したものは「ALCパネル」と呼ばれ、外壁用や間仕切壁用、屋根用、床板などがあり、幅広く使用される建材です。
外壁を見たときに縦に長方形が上下に連なっているので見極めがしやすいです。
 
《メリット》
耐久性・断熱性・耐火性・耐震性に優れている
環境に優しい
非常に軽量で施工がしやすい
※ALCパネルは軽量でありながら強度が高く、耐火性や断熱性に優れているメリットがあります。有害物質も含んでいないので、人体への害がなく環境にも優しい外壁材です。
《デメリット》
防水性が低く、吸水性が高い
価格が高い
シーリングのメンテナンスが必要
※耐久性がありますが、水には弱いデメリットがあります。防水機能がないため塗装をすることで防水性を保つことが大切です。目地のシーリングの補修も定期的に必要になります。
50年以上の耐久性があるといわれていますが、定期的なメンテナンス(塗装やシーリング)費用がかかることを考慮しておきましょう。
 
ALC外壁の塗装を行う際には、防水性の高い塗料を選ぶのがポイントです。また、住宅環境も考慮して外壁の塗装状態やクラック、シーリングなどの劣化状況を判断し、最適な塗装・補修メンテナンスを
同時に行うと長持ちしやすくなります。ALCパネルはメリットが多い外壁材ですが、快適な住宅環境を維持するには塗装やシーリングのメンテナンスや劣化に合わせた補修が欠かせません。
メンテナンスを怠ると雨漏りリスクが高まり、構造躯体にも影響を与えてしまう可能性があります。
大事な住宅を守るためにも、定期的な点検を行い、適切なメンテナンスでALCパネルを長持ちさせましょう。
弊社は材料の問屋をしておりますが、その強みをお客様に還元するため自社での施工もしております。
そのため、他社よりも材料費が安く抑えられます。また自社の職人による工事をしているため、
大手のように下請け業者に対しての中間マージンも無く他社よりもお安くできる自信があります。

弊社は墨田区に事務所がありますが、関東を中心に全国に対応しております。

 

防水や塗装の修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!
☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆
現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。
まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。