ベランダ防水もしましょう! 雨漏り‐渋谷区

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

ベランダ防水もしましょう! 雨漏り‐渋谷区

ベランダ防水もしましょう! 雨漏り‐渋谷区

2021/05/26

ベランダ防水メンテナンス!修繕-埼玉
もしベランダに防水工事をしないと、住居はどうなってしまうのでしょうか?
ベランダの材質が、コンクリートだった場合、いくらコンクリートでも、むきだしのままでは、降った雨が長い年月をかけて建物内部まで徐々にしみ込んでいきます。
そのしみ込み続けた水分が、数年~十数年で、屋内の壁や天井、家の躯体をじわじわと腐らせるのです。
内部まで水がたっぷりしみ込んだ家は、室内で湿気や壁紙の剥がれ、シミ、雨漏りなどが常に起こることになります。そのような現象が起きると家具の買い替えや
壁紙の張り直しなど、本来かからない費用が上乗せされてきます。戸建てでベランダも1個のみだからと大丈夫と思っていても一度浸水が始まると大きな被害になります。
防水工事のサインは防水層にひび割れや膨れ、ドレン廻りの劣化が目に見てわかります。また表面のトップコートが擦れていると防水層の劣化が進行します。
雨漏りなど症状が起きる前に日頃から気を配るようにしましょう。何か気になる点がありましたら業者に確認していただき早めに対処した方がいいです。
 
弊社はウレタン防水工事をお勧めしております。ウレタンは液状なので複雑な形や障害物があったり、狭いベランダでも問題なく施工ができます。
またベランダからの漏水の原因としてドレン内部や周辺のひび割れから浸水することも多くあります。
その可能性がある場合は改修ドレンといいまして鉛の板状にホースが繋がっており、ドレンの内部にひび割れ等があっても躯体に浸水しなくなります。
普段からベランダを含むその他の防水箇所も掃除をしましょう。
弊社は材料の問屋をしておりますが、その強みをお客様に還元するため自社での施工もしております。
そのため、他社よりも材料費が安く抑えられます。また自社の職人による工事をしているため、
大手のように下請け業者に対しての中間マージンも無く他社よりもお安くできる自信があります。

弊社は墨田区に事務所がありますが、関東を中心に全国に対応しております。

 

防水や塗装の修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!
☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆
現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。
まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。