株式会社大浦屋

オフィスビルにおける大規模修繕計画のポイントや費用を抑えるコツとは?

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

オフィスビルにおける大規模修繕計画のポイントや費用を抑えるコツとは?

オフィスビルにおける大規模修繕計画のポイントや費用を抑えるコツとは?

2024/05/16

オフィスビルの大規模修繕工事には多額の費用がかかります。

すこしでも費用を抑える方法はないのでしょうか?

この記事ではオフィスビルの大規模修繕工事の実施にあたり、計画を立てる際のポイントや費用を抑えるコツなどを解説していきます。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

オフィスビルで大規模修繕を行う目的

マンションの大規模修繕は、建物全体にわたる修繕工事を指します。

これは建物の経年劣化や耐久性の低下に対処するために行われるものであり、住民たちの安全性や快適性を確保するための重要です。

大規模修繕は単なる修繕作業とは異なり、建物全体の構造や設備における改修や補強を含みます。

これは一般的に10〜15年ごとに行われ、建物の寿命を延ばし住民が安心して生活できるようにするために実施されます。

オフィスビルにおける大規模修繕の工事内容

建物は、時間の経過とともにさまざまな要因により劣化します。

気象条件や地震・構造や内部の経年劣化などが主な要因となり、放置されると建物の安定性や住み心地に影響を与える可能性があります。

劣化が進むと、外壁や屋根の傷みだけでなく設備の老朽化なども生じ、悪化すると住民の安全や快適な生活に支障をきたしてしまいます。

例えば、雨漏りや階段の傾きなどを放置すれば修復が難しくなり、利用する方のケガや利用しにくさから退去されてしまうこともあるでしょう。

そのためにも、定期的な大規模修繕が必要とされているのです。大規模修繕を行うことにより、ビルの利用者は安心でき、建物の寿命も延ばせるでしょう。

また定期的な修繕により、劣化や損傷を早期に発見し修繕することも可能となります。さらに建物の機能や設備のアップデートも行われれば、より快適な環境を提供できるでしょう。

ビルの大規模修繕にかかる費用の目安

ビルの大規模修繕にかかる費用は、修繕範囲やビルの規模によって大きく異なります。

一般的に、外装の修繕や設備の更新、構造の補強などが含まれるため、数千万円から数億円に及ぶことがあります。

費用の目安を正確に把握するには、建物の専門家や建築コンサルタントによる詳細な調査が必要です。

ビルの将来的な価値向上と、テナントや利用者にとっての安全性向上を考慮し、慎重かつ綿密な予算計画が重要です。

ビルの大規模修繕を行う際の注意点

ビルの大規模修繕の実施にあたり、いくつか注意すべき点があります。

以下の注意点を抑えて、ビルの大規模修繕を実施しましょう。

入居者やテナントへのあいさつ

大規模修繕が行われる際には、入居者やテナントとの円滑なコミュニケーションが不可欠です。

事前に十分な注意喚起と共に、工事スケジュールや影響範囲を丁寧に説明し、住環境への影響を最小限に抑えるための協力を呼びかけます。

また、修繕作業中も適切な情報提供と問い合わせ対応を通じて、入居者やテナントの理解と協力を確保します。

費用だけで業者を選定しない

業者の選定においては、単に費用だけでなく、信頼性や実績も考慮することが重要です。

適切なライセンスや保証を持つ信頼性の高い業者を選ぶことで、工事の品質やスケジュールの遵守が確保され、最終的に満足のいく工事になるでしょう。

工事の周知徹底

修繕工事の進捗状況や予定される作業内容を、ビル内外の関係者に適切に周知することは欠かせません。

定期的なミーティングや情報掲示板を通じて、住民や利用者に正確で理解しやすい情報を提供し、トラブルの予防や円滑な運営を図ります。

修繕費用を積み立てるメリット

ビルの大規模修繕においても、マンションと同様に修繕費用を積み立てておくのがおすすめです。

修繕費用を積み立てるメリットについて解説していきます。

突然の事態にも対応できる

修繕費用を積み立てることにより、突然の建物の損傷や劣化に迅速に対応する余裕が生まれます。

計画的な積み立てにより、修繕が必要な時点で十分な資金が確保されれば、急を要する事態でも迅速な対応が可能となります。

これにより、建物の長寿命化や将来のリスクヘッジが実現するでしょう。

建物の性能や設備の機能を維持・向上できる

積み立てた修繕費用を効果的に活用することで、建物の性能や設備を維持・向上させることができます。

予防的なメンテナンスや最新技術の導入など、長期的な視点での投資が可能となり、ビルの価値を高めることが期待できます。

積み立て制度は、将来の大規模修繕に備え、持続可能なビル管理を促進する要とも言えるでしょう。

修繕用が不足した場合の解決策

修繕費用を積み立てていても、費用が不足する事態が発生することがあります。

その場合、どのように解決すればいいのでしょうか?

修繕用が不足した場合の解決策について紹介していきます。

工事内容を見直す

修繕予算が不足している場合、工事内容を見直し、最優先の修繕項目に絞ることが一つの解決策です。

優先度の高い部分を先行して対応することで、建物の基本的な機能や安全性を確保しつつ、後続の修繕に備えることができます。

補助金を活用する

補助金や助成金を活用することで、修繕費用を補填することが可能です。

地方自治体や関連機関が提供する補助金プログラムを積極的に調査し、適切な申請手続きを行うことで、追加の資金調達が期待できます。

金融機関からの融資を受ける

修繕用資金が不足する場合、金融機関からの融資を検討することも有効です。適切なローン条件や返済計画を交渉し、計画的な借り入れを行うことで、修繕プロジェクトを順調に進めることができます。

大規模修繕にかかるコストを抑えるコツ

大規模修繕にかかるコストを節減するコツを紹介します。

見積もりを比較する

複数の業者から見積もりを取り、それらを比較することで、コストを抑えることができます。

競争の激しい見積もりプロセスを通じて、適正な価格で信頼性のある業者を選定し、予算を最適化することが重要です。

無足場工法を検討する

無足場工法は、足場を組まずに工事を進める手法で、効率的かつコストを抑える方法の一つです。

作業スピードの向上や足場代の節約が期待できるため、大規模修繕プロジェクトにおいて検討されるべき手法と言えます。

小規模・中規模修繕で事前に対応しておく

大規模な修繕が必要な前に、小規模や中規模な修繕を計画的に行うことで、将来的な大規模修繕の回避やコスト削減が可能です。

予防的なメンテナンスや早期の損傷修復を通じて、長期的な視点でコストを最適化しましょう。

オフィスビルの修繕を行う目安

オフィスビルの修繕は、定期的な点検と評価に基づいて行うことが重要です。

大規模修繕工事では、通常10年から15年ごとにビルの構造や設備の健全性を確認し、修繕の必要性を評価します。

老朽化や損傷の兆候が見られる場合は、計画的な修繕を検討することが目安とされます。

オフィスビルのテナントからのフィードバックも修繕の目安となるため、定期的なヒアリングやアンケートを通じてビルの利用者が感じる不具合や改善点を把握し、それに基づいて修繕計画を立てることがテナントの満足度向上にも貢献するでしょう。

オフィスビル修繕の流れ

オフィスビルの大規模修繕工事の流れは以下のとおりです。

STEP1|詳細な調査と計画立案

修繕の流れは、まず詳細な調査から始まります。建物の構造や設備の状態を把握し、修繕すべき項目を洗い出します。

その後、計画を立案し優先順位や予算の設定を行います。

 

STEP2|業者の選定と契約

計画が確定したら、信頼のおける業者を選定し契約を行います。

業者の選定には実績や信頼性だけでなく、予算やスケジュールの遵守能力も考慮されます。

契約書の細部を確認しておくことで、スムーズな作業開始を確保しましょう。

 

STEP3|作業実施と品質管理

修繕作業が開始された後も、施工品質を確認しておくことが大切です。

計画通りに進行しているかや、適切な工程や材料が使用されているかを確認し、問題が発生した場合には迅速な対応を行います。

作業完了後には最終的な品質チェックを行うことで、クオリティの高い仕上がりを確保できるでしょう。

 

STEP4|テナントへの情報提供

修繕作業中は、テナントや関係者に対して適切な情報提供が欠かせません。

進捗状況や作業の影響を定期的に共有し、円滑なコミュニケーションを図るようにしましょう。

修繕が完了したら、テナントへの報告と感謝の意を示すことで、良好な関係を保てるでしょう。

ビルの大規模修繕を行う業者の選び方

大規模修繕工事の費用を抑えるためにも、優良な業者を選ぶようにしましょう。

優良業者かどうかを見極めるポイントを紹介していきます。

施工実績が豊富か

ビルの大規模修繕を行う際には、業者の施工実績が重要なポイントとなります。

実績が豊富な業者は、同様のプロジェクトでの経験を積んでおり、修繕工事において専門知識やスキルを有している可能性が高いと言えます。

信頼性や作業品質についても安心感を得ることができるため、ホームページや評判なども確認しておくとよいでしょう。

保証が充実している

信頼性の高い業者は、修繕工事において提供される保証が充実している傾向があります。

修繕後に問題が発生した場合でも、保証期間内であれば適切な対応が期待できます。

保証の範囲や期間・対応内容などを確認し、将来的な不安要素を最小限に抑えるためにも、保証条件を検討しておくことが必要です。

説明や見積もり内容がわかりやすいか

業者の説明や提出された見積もりがわかりやすいかどうかも、業者を選ぶうえで重要な要素です。

明確かつ詳細な説明がなされ、見積もりが分かりやすければ、信頼性や透明性が高い業者であると判断できます。

プロジェクトの進捗や費用についての誤解や不明点を未然に防ぎ、スムーズなコミュニケーションを確保するためにも、わかりやすい説明と見積もりが求められます。

まとめ

オフィスビルで大規模修繕工事を行う場合は、以下のポイントを押さえておくことが大切です。

  • 大規模修繕の目的は建物の安全性や機能性を確保し、現代の建築基準にあわせたうえで長期的な価値を維持すること
  • 工事内容は多岐にわたり、屋根や外壁の塗装や防水工事・エレベーターやエスカレーターのメンテナンスや更新などが行われる
  • 費用は工事内容により異なるが、オフィスビルの場合は数千万〜数億円かかる場合もある
  • オフィスビルの大規模修繕を行う場合は、入居者へのコミュニケーションや工事内容の周知だけでなく、業者の選定も重要
  • 修繕費用を積み立てておくメリットは、突然の事態に対応できることやビル管理のしやすさなどがある
  • 修繕費用が不足する場合は、工事内容の見直しや補助金・助成金の活用、金融機関からの融資を受けることを検討する
  • コストを削減するためには、見積もりの比較や工法の見直し・事前に補修を行うなどの対策がある
  • 施工を依頼する業者は、実績や保証・説明や見積もりのわかりやすさから選定する
  • 特にテナントや入居者へは、工事の日時や内容について詳細に伝えておく必要があります。

また、計画から施工・アフターフォローに至るまで誠実な対応をしてくれる業者へ依頼することで、大規模修繕後も良好なオフィスビルの経営が叶うでしょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。