材料問屋ならではの知識と経験により東京エリアで安心の防水工事をご提案いたします

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

マンションの防水工事の耐久年数

マンションの防水工事の耐久年数について

マンションの屋上部分には、塩ビシート防水、ウレタン防水、アスファルト防水といった工法で防水処理を行うのが一般的です。 それぞれの工法や材料には特有のメリット・デメリットがあり、周辺環境や工事の内容によっても耐用年数に違いが生まれます。また、水はけや排水の状況が悪化していたり、周囲に草が生えていたり、既存の防水層が破損していたりする場合は、耐用年数以内であってもメンテナンスが必要です。

マンションにおける工事のスケジュールや種類を決める上で参考にしていただける耐久年数についてポイントをご紹介いたします。

耐久年数は工法や周辺環境で異なります

屋上への防水処理では、ウレタン防水、アスファルト防水、塩ビシート防水などが施されますが、それぞれの工法や材料によって耐久年数は異なりますので、各素材の特性を把握し、現状や予算に合わせて選択できます。また、マンションの場合は屋上だけでなく、ベランダ・バルコニーや廊下、階段などの防水処理も個別に考慮しなければなりません。そして、耐用年数はあくまでも一般的な条件下での目安であり、防水層に影響を及ぼす特有の事情や周辺環境、次のメンテナンス計画なども併せて検討することで、長期的な視点で最善の工法を決定できます。

防水のプロに相談して適切な工事を

耐久性を持たせる上では、マンション自体の築年数についても考慮する必要があります。軀体の劣化状況、これまでに施された防水加工の種類によっては、既存の防水層を全て撤去するか既存の上に被せる形で施工するなどの選択ができ、費用面でも違いが生まれます。そして、マンションの場合には居住者の方々が普通の生活を送る中で工事を行うことになりますので、安全面や工事期間についても検討しなければなりません。耐久性と価格、品質のバランスをとるためには、マンションへの施工実績が豊富な防水のプロに相談するのが最善であると言えます。

マンションにおける防水工事の耐久性についてご紹介しました。
一般の戸建て住宅とは異なり、マンションの防水工事では考慮すべき要素が多くなります。
防水メンテナンスでお悩みのマンションオーナー様や管理組合様は、防水の材料問屋でもある株式会社大浦屋にご相談ください!

見積りのご相談はこちら

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。