資産価値向上のために職人の技術が光る防水工事を東京の皆様へお届けいたします

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

塩ビシート防水工事機械固定工法

機械固定工法

機械固定工法は絶縁工法とも呼ばれ、防水シートを鋼板やビスによって下地に固定する工法です。
下地に直接シートを密着させない工法のため、下地の亀裂や建物全体の振動、目地の挙動といった影響を受けにくいのが特長です。下地の調整がほとんど不要であり、既存の防水層を撤去せずにシートを上から被せますので、工期の短縮とコストダウンに繫がります。

機械固定工法の施工方法は以下の通りです。

❶ 下地の処理・補修を行う
❷ 湿気を逃がすための絶縁用シートを敷く
❸ シートを固定するために鋼板を取り付ける
❹ シートを貼り付ける
❺ シートのつなぎ目を接着する
❻ 床面に対して垂直の「立ち上がり」にシートを貼る
❼ シート同士の隙間を接着する

特徴

人が歩行しない広い屋上に最適な機械固定工法

一般的な密着工法では、下地の乾燥が十分でないとシートの膨れをはじめ様々なトラブルが生じますが、機械固定工法は湿潤な下地でも施工できるため、乾燥工程が不要で全体的な工期が短縮されます。シートそのものに透湿性があり、時間の経過とともに自然に軀体部分に含まれている湿気を外に放出させますが、脱気筒を設けることでさらに拡散効果が上がります。
一方で、下地との接合がビスであることからあらかじめ強度を確認することが必要です。さらに、人の歩行は不向きとされていますので、基本的には人の歩行が予想されない屋上で採用されます。

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。