材料の特性と工法に精通した安心の防水工事で東京の戸建て住宅やアパートを守ります

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

ウレタン防水工事密着工法

密着工法

下地に直接ウレタン防水材を塗り重ねるという工法です。塗膜の厚みは一般的には3〜4mm程度ですが、最低でも2mm以上は必要です。液体状の塗料を現場で塗っていくため、ベランダやバルコニー、形状が複雑な屋上といった場所に適しています。また、形成する塗膜自体が軽量で建物への負担が少なく、既存の防水塗装の上から塗り重ねることもできます。

密着工法の施工方法は以下の通りです。

❶ 下地の汚れや破損箇所を処理して整える
❷ モルタルで劣化した部分を補修する
❸ プライマー(下塗り)を塗る
❹ ウレタン塗料で二度塗りする
❺ トップコートを塗って完成

特徴

直接下地に塗り重ねる密着工法は、下地の状態が仕上がりに直結するため、汚れや破損などを適切に処理した上で塗装することが重要です。下地の調整が不十分な場合には、耐用年数よりも早いタイミングで防水層のひび割れや膨れが発生する可能性があります。とりわけ、下地をしっかりと乾燥させることが大切であり、水分を多く含む可能性がある場合には通気緩衝工法を選択するのが最善です。また、耐候性や耐久性、防水性能を維持するためには、トップコートの定期的な塗り替えも重要です。

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。