安心価格で耐久性のあるアパートの防水工事を東京エリアで幅広く対応いたします

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

アパートの防水工事

快適な暮らしを守るための工事の種類とポイント

アパートに暮らす方々の生活を守り、入居率や収益性をアップさせるためには、防水に関する定期的な修繕工事が欠かせません。
特に、屋上や屋根は紫外線や風雨の影響を絶えず受けているため、屋根材や防水材の劣化が進みやすく、雨漏りを引き起こす可能性が高まります。
アパートと言っても大きさや面積、屋根の形状、周辺環境は一棟一棟異なりますので、
「この方法が最善」と画一的に判断することはできず、様々な視点から比較検討する必要があります。
防水の種類や重要性、施工する場所、各工法のメリット・デメリット、工期や耐久性など、多くのアパートオーナー様が疑問に思われる点をピックアップし、 材料問屋ならではの豊富な専門知識と幅広い知見に基づいてわかりやすく解説いたします。

アパートの防水処理の種類について

アパートに施工する防水処理は、屋上、ベランダ・バルコニー、階段や廊下など多岐に亘ります。
雨漏りを防ぐためには、屋根や屋上部分の防水が最も重要ですが、既存の防水層の状態や工法、耐久性に影響を及ぼす周辺環境などの要素を含めて防水メンテナンスの工法を選択しなければなりません。 一般的なアパートにおいては主に以下の工法が用いられます。

● アスファルト防水工法

● 塩ビシート防水工法

● ウレタン防水工法

アパートを守るためには雨漏りの対策が重要です

物件の魅力度をアップさせて収益を向上させるため、雨漏りのない安心の環境を維持することがより重要です。風雨や紫外線の影響を受けて劣化が進みやすい屋根や屋上、ベランダ・バルコニーのほんの小さなひび割れから雨水が入り込む可能性があります。壁や天井にカビが生えていたり、水が流れた痕跡があったりする場合には、既にどこかで雨漏りが起こっています。株式会社大浦屋では、定期的な修繕工事はもちろん緊急時の対策も行っており、すぐに現場へと駆け付けて原因究明と応急処置を施します。

アパートの防水工事が大切な理由について

経年劣化は雨漏りや二次災害に発展しかねない重大な問題です

屋根材が割れたり剥がれたりして雨漏りが起こる場合や、屋上に施した防水塗装やシートが劣化して水分が浸入するケースなど、雨漏りは建物の老朽化に起因するケースが多数を占めます。ほかにも外壁塗装のクラックや破損、ベランダ・バルコニーの破損や防水塗装の剥がれなどの理由も挙げられます。アパートの安全と資産価値維持のためには、修繕や塗り替えをこまめに行うのが最善です。定期的な防水メンテナンスを怠りますと、防水機能が低下した箇所からすぐに雨水が浸水するだけでなく、カビやシロアリの発生、木材の腐食や鉄骨の錆びによる耐震強度の低下、漏電といった二次災害の恐れもあります。入居者の方々の快適性を高め、退去を防ぐためにも防水メンテナンスは重要です。

早めの防水メンテナンスは建物を保護するための投資です

「いまのところ危険性はなさそうだから」「できるだけ工事の頻度を落としたい」と考えて防水メンテナンスを後回しにした結果、余分な費用と手間がかかったというケースがよくあります。例えば、雨漏りによって壁や天井にカビが発生したり、フローリングや畳の交換が必要になったり、天井が崩落してしまったり、家具や家電が故障して損害賠償の問題に発展したりと、様々なリスクを招きます。定期的なメンテナンスを実施していれば数十万円程度で修繕できたものも、数年遅らせるだけで大規模な改修工事が必要となり、初期の数倍から数十倍も費用がかかってしまう場合さえあります。早めのメンテナンスは安心と安全、コストダウンに繫がる賢明な投資であると言えます。

アパートの防水工事の耐久年数・工期

アパートの防水メンテナンスをご検討中のオーナー様へ

屋上や屋根、ベランダ・バルコニーなどへの防水処理においては、素材や工法によって耐用年数が異なります。10年前後を目安とした修繕工事の際には、防水性能についても正確な診断を行い、劣化を防ぐためにどのような処置が必要かを個別に見極めることが大切です。屋根材の種類や工法によってかかる費用や時間も異なるため、アパートオーナー様には「何が最善かわからない」「費用対効果を知りたい」といったお悩みやご要望があるに違いありません。長期的なメンテナンスを見据えて資金計画を立てる上で、各工法の耐久年数や居住者の方々の暮らしに影響を及ぼす工期も気にされるかもしれません。メンテナンスに向けて参考にしていただけるように、各工事の耐久年数や工期について解説いたします。

材料屋の大浦屋だからできる!アパートの防水工事

特殊なトップコートを使用!

防水層の劣化進行を抑制するという重要な役割を持つトップコートの品質に自信を持っています。材料問屋としての豊富な専門知識でアパートの防水に最適な塗料をご提案いたします。

高品質なのに平均20%も安い!

材料問屋としても実績の豊富な東京の株式会社大浦屋では、材料の仕入れや調達にかかる時間や労力、手数料などが必要ないため、平均20%のコストカットを達成しています。

材料屋だから全てに対応可能!

アパートの形状や環境、規模によって防水メンテナンスの種類や工法も変わりますが、材料屋ならではの柔軟な対応であらゆるニーズを満たします。ご予算やご希望をぜひお聞かせください。

耐久年数では絶対に負けません!

入居者を増やして退去を防ぐためには、いつでも快適な住環境を提供することが第一です。厳しい目で材料の品質を見極めし、自社の職人が直接施工することで高耐久性を実現いたします。

アパートの防水工事のまとめ

株式会社大浦屋はアパートオーナー様のお悩みやご心配に寄り添います

アパートにおける防水メンテナンスは、大きく分けて屋上・屋根の防水、ベランダ・バルコニーや共用廊下の防水、窓やサッシなどのシーリング打ち替えがあります。戸建て住宅よりも規模が大きく、多くの方が暮らすアパートだからこそ防水対策の重要性は大きくなり、外観を綺麗にするだけではなく快適性や安心感をプラスできればアパートの経営にも大きなメリットをもたらします。一般的な防水塗装や防水層は10年前後が耐用年数となっていますが、少しでも劣化のサインを発見したなら早めに処置を施すことが重要です。とりわけ、築年数が経過したアパートの場合には、地震や台風、長雨などの自然現象の影響を受けやすく、被害のリスクが高まります。東京を拠点とする株式会社大浦屋は、防水や塗装の材料問屋としての豊富な専門知識と幅広い施工実績により、多くのアパートオーナー様から厚い信頼を寄せられてまいりました。建物の規模や形状、築年数、既存の防水処理など、様々な要素を比較検討してわかりやすくご説明し、自社施工による中間マージン0でお得な施工プランをご提案いたします。

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。