株式会社大浦屋

中間マージン0を実現する防水工事について東京から多彩な情報を発信いたします

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

コラム

多彩な情報を発信いたします

column

建物の今と未来を考えた最適な施工プランをご提案し、いつまでも安心してお過ごしいただけるよう充実した保証制度もお付けしています。実績多数の防水工事についてさらに多くの皆様に知っていただくために、示唆に富んだコラム記事を定期的にアップロードしております。真に価値のあるサービスについてご納得いただけるようバラエティー豊かな記事を厳選して掲載いたします。

建物には必ずシーリング材が使われています。サイディングボードはもちろん、ALC造、鉄筋コンクリート造の外壁にも使われています。シーリング工事とは、接着性があるゴムのようなシーリング材で、目…

浮きとは躯体からタイルなど外壁が浮いて隙間ができていることを言います。目視ではわかりづらいため打診棒で音を確認します。現在のコンクリート打ち放し工法では型枠の精度もよく、不陸調整のための厚…

コンクリートやモルタルの乾燥・収縮または地震などによる挙動のため、経年をへた躯体には大小のひび割れ(クラック)が生じます。ひび割れはモルタル壁だけでなく、ALCやサイディングにも発生します。ひ…

下地補修とは…塗装・防水施工などをするにあたり、素地面の補修工事をすることです。凸凹やひび割れ、欠損や塗膜剥離などを削り取ったり・埋めたりするとても大切な作業になります。下地補修をしないと塗…

マンション、戸建て等の修繕というのは、大体10年~15年に一度行えば良いと言われているので、初めて経験される方が多いです。そのため、まずどういう業者に依頼したらいいのか、業者の見極め方など難し…

ドレンとは、防水層と雨樋を繋ぐ部分で、屋上やバルコニーの防水面で受けた雨水を集水し樋へと流す重要な役割があります。 一般的にドレンは鉄製でできてるものが多く、その為劣化すると錆びます。またド…

通気緩衝工法は既存下地と絶縁したい時に使用する工法がメインです。もしくは既存の防水の状態が悪い場合は撤去をしてシートを張ります。下地がコンクリートの場合、 密着工法で防水工事を行うと、躯体に…

ウレタン防水とは、液体状のウレタン樹脂を複数回塗り重ねることで、防水層を形成させます。 ウレタンの塗膜は化学反応によって徐々に硬化し、ゴム状で弾性のある防水層がつくられます。ウレタン防水の密…

ウレタン防水とは、ベランダや屋上の床に液体状のウレタン樹脂を厚めに塗り拡げて乾燥させ2層の防水膜をつくる、防水工法の一種です。 他の工法に比べて施工する床の面積・形状・材質を問わずどんなとこ…

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。