長尺シートの施工から防水工事まで東京エリアにおいてあらゆるニーズにお応えします

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

長尺シート

廊下や階段に「長尺シート」を使うメリット

長尺シートは「防滑性ビニル床シート」とも呼ばれ、廊下や階段、ベランダ・バルコニーや屋上などに採用されています。これまでは主にマンションやアパートで採用されてきましたが、最近では戸建て住宅のベランダ・バルコニーへの敷設を希望される方も増えています。

機能性に優れる

遮音性は長尺シートが持つ大きな特長の一つです。シートの厚みによって歩行の衝撃音が緩和されるほか、表面に凹凸があるため防滑性能にも優れています。

掃除が楽になる

汚れにくい素材であり、簡単に汚れが落とせますので、日々の清掃作業が楽になります。アパートやマンションはもちろんのこと、戸建て住宅のバルコニーにもおすすめです。

デザインを自由に選べる

豊富なデザインがあり、建物の雰囲気に調和したものを選ぶ楽しみがあります。デザインやパターンによって、高級感やカジュアル感などを自由に演出できます。

長尺シートは耐久性と耐水性に優れた硬質シートの床材であり、アパートやマンション、ビルの床や階段をはじめ、商業施設や公共施設、オフィスなど、多くの人が土足で歩く場所に敷設されています。株式会社大浦屋では、新設から貼り替えまでそれぞれのご希望とご予算、タイミングに合わせて施工いたします。材料問屋でもあるため、多彩なデザインと機能性を持つ品質の良いシートを豊富に取り揃えておりますので、お気軽にご相談ください。

長尺シートは建物のこんなところで活躍しています

共同住宅の廊下

多くの人が暮らすアパートやマンションでは、「人が歩く際の足音が気になる」という苦情が入る場合があります。長尺シートを敷設することにより騒音トラブルを軽減でき、床面の保護にも効果があります。

廊下の長尺シート工事

階段や踊り場

外階段は雨が吹き込んで濡れることが多いですが、表面に凹凸がある長尺シートは一般的なコンクリートや鉄の階段と比較して滑りにくくなります。そこで暮らす方々の大きな安心感へと繫がります。

階段の長尺シート工事

ベランダ・バルコニー

雨が吹き込んだり、塵や埃が飛散したりしてすぐに汚れが目立つようになるベランダやバルコニーの床面には、比較的清掃が容易でメンテナンス性と耐久性に優れた長尺シートが最適です。

ベランダの長尺シート工事

長尺シートが敷設されるまでの流れ

古いシートの撤去・ケレン清掃

古いシートの撤去・ケレン清掃

機械や手作業で古いシートをしっかり剥がして床の素地を出した上で、何も残らないようケレン清掃を行っていきます。新設の場合は丁寧に清掃や洗浄を行います。

下地補修

下地の補修

経年劣化によって生じたひび割れや欠損、古い接着剤による段差を丁寧に修復し、モルタルで平らに整えることにより、凸凹のない美しい仕上がりが実現します。

プライマー・ウレタン防水材の塗布

プライマー・ウレタン防水剤の塗布

外階段や廊下、ベランダにおいては、少しのひび割れから雨水が浸入しないよう細心の注意を払います。側溝や壁の立ち上がり部分などに塗料を塗って防水性を高めます。

古いシートの撤去・ケレン清掃

接着剤塗布とシートの圧着

「くし目ゴテ」と呼ばれる道具を使い接着剤を均一に塗布します。慎重にシートを敷設した上で専用のローラーを使用して圧着し、凸凹が生じないよう綺麗に仕上げます。

下地補修

シール充填・ジョイントの溶接

巾木や側溝などの端部やドレーン周辺にシーリング処理を施し、シートのジョイント部分を溶接することによって強度を高めます。美しい仕上がりを意識して作業します。

戸建て住宅からアパートやマンションまで、あらゆる建物の美観や安全性を維持したり、床面の劣化による雨漏りへの対策を施したり、騒音問題を解消したりと、長尺シートが持つ多くのメリットが広く知られるようになっています。適切なタイミングでしっかりと施工することによって資産価値向上、入居者の方々の満足度アップ、空室対策や収益改善にも繫がっていくに違いありません。定期的なリフォームや修繕工事の際に長尺シートの新設や貼り替えを検討されている方は、株式会社大浦屋にお任せください。

長尺シート工事において株式会社大浦屋が選ばれる理由

既存シートの撤去や貼り替えから新設まで柔軟に対応します

仕上がりの品質を大きく左右する下地処理において一切手を抜きません

デザインのバリエーションが豊富で建物の雰囲気に調和したものをご提案

収益改善や空室対策に繫がる施工プランについてご一緒に検討いたします

100%自社施工と材料屋ならではの施工システムで低コストを実現します

{alt000}

よくある長尺シート工事の流れ

株式会社大浦屋なら安心の自社施工!

中間マージン0で大幅なコストダウンを実現できます!

打ち合わせからお見積り、施工やアフターフォローまでをワンストップで行う完全自社施工ならではの安心感をお届けいたします。
熟練した職人ならではのアイデアやプラスアルファのご提案を加味し、オーダーメイドの施工プランをご提案いたします。

他社よりも低価格の長尺シート工事が実現できる理由

柔軟なプランニングで無駄のない施工

これまで、東京エリアを中心に一般の戸建て住宅からアパートや中規模のマンションまで、あらゆる建物や現場で長尺シート工事を請け負ってきた豊富な経験と実績があるため、プロとしての客観的な視点でベストなご提案ができると自負しております。オーナー様の中には、「長尺シートを新設したいと考えているものの、どこに敷設するのが効果的だろうか」「限られた予算内で最大限の効果が得られる方法を教えてほしい」といったご要望やお悩みがあるかもしれません。それぞれのご事情やご予算に合わせて建物の耐久性を向上させ、不動産価値を向上させられるプランについてご提案いたします。洗浄工事や外壁塗装や防水工事といった別の専門工事と併せてご依頼いただくこともできます。

 

材料問屋の職人が直接施工いたします

多くのハウスメーカーや工務店では、効率や利益を優先して打ち合わせやプラン作成を行う担当者と、実際に施工を担当する職人が別々の会社に属している場合がほとんどです。株式会社大浦屋では、打ち合わせからお見積り、施工、アフターフォローまでの全ての工程を自社の職人が受け持ちます。材料問屋でもあるため、それぞれの職人が材料の特性や現場の状況との相性などに精通しており、責任感を持ったスピーディーな対応で工期の短縮と費用節減を実現できます。下請け会社を利用することで発生する仲介料や手数料も一切必要ありませんので、費用面でご不安をお感じの方にとっては安心です。品質を犠牲にすることなく価格を抑えられる確かな理由があります。

 

資産価値向上を見据えた視野の広いプランニング

廊下や階段、ベランダ・バルコニーの床面を保護して雨漏りを防止したり、騒音対策をしたり、転倒を防いだりと、長尺シートには大きなメリットがありますので、定期的なリフォームや修繕工事の際に貼り替えや新設を希望されるオーナー様が増えています。戸建て住宅であれアパートやマンションであれ、オーナー様は建物の魅力度と資産価値をできるだけ長い期間に亘ってキープしたいとお考えになるはずです。また、賃貸物件の経営をされている場合には空室対策、収益改善、リスク管理などにも心を砕いておられるかもしれません。株式会社大浦屋は、広い視野で建物を分析・診断し、資産価値を向上させて将来の売却時に大きな利益を生み出せるようお手伝いいたします。

 

施工満足度96%

オーナー様や居住者の方々に安心と快適をお届けいたします

複数の施工会社が関わるのではなく、防水工事や外壁塗装工事、足場や洗浄、シーリングなどの各工事を全て自社の職人が担当しております。それによって仲介手数料のような余分のコストを全てカットできるだけではなく、連絡系統が一本化されることでオーナー様のご要望や変更点を速やかに共有でき、漏れやミスのない的確な工事へと繫がっていきます。これまで主に東京エリアで戸建て住宅やアパート、中規模のマンションまであらゆる建物のメンテナンスをお引き受けしてまいりました。経験と実績によって培われたノウハウとスキルに自信を持っており、状況とご予算に合わせて資産価値を高めるための施工プランをご提案いたします。長尺シートの敷設は、建物の見た目や魅力度をアップさせるだけではなく、床面や立ち上がり部分への防水工事という側面も持っており、シートによって雨漏りや漏水を防ぐことができます。また、騒音や転倒の危険を防いだり、清掃やメンテナンスを容易にしたりと、多くのメリットを享受できます。現場の状況に左右されない施工品質と、安定した美しい仕上がりをお届けいたしますので、ぜひお任せください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。