東京エリアのマンションやビルでアスファルト防水工事をご検討中でしたらぜひご相談を

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

アスファルト防水工事

屋上でよく用いられるアスファルト防水とは

ビルやマンションの屋上への防水工事で最もよく用いられているのが、アスファルト防水です。アスファルトと聞きますと、一般的には道路をイメージされる方が多いかもしれませんが、実は防水剤としても大きな能力を発揮します。織り込まずランダムに敷き詰めた繊維を接着したり熱を加えたりすることで1枚の布にした「合成繊維不織布」を下地に貼り付け、そこに液体状のアスファルトを浸透させて防水剤としての役割を持たせます。アスファルト防水の種類も幾つかあり、シートの貼り付け方や溶かし方、重ね方などが大きく異なります。アスファルト防水は、現在行われている防水工事の中で最も歴史が長い工法であるとされていますので、施工に関するノウハウや技術も大きく進歩しています。株式会社大浦屋は、防水や塗装の材料問屋として長年に亘って営業してきた豊富な経験と実績を持っており、各材料の特性を活かして戸建て住宅からアパート・マンションまで幅広く対応いたします。アスファルト防水に興味をお持ちの方、防水メンテナンスをお考えの方はぜひご相談ください。

アスファルト防水の工法と特徴

アスファルトは油の一種で水をはじく性質があるため、防水材として広く使用されてきました。アスファルト防水では、合成繊維不織布にアスファルトを含浸させ、コーティングして完成したシート状のルーフィングを貼り重ねて防水層を形成していきます。溶融アスファルトやシート状のアスファルトを積み重ねて厚みのある防水膜を作り上げますので、耐荷重性や水密性に優れており、耐用年数も長いというメリットがあります。また、露出仕上げ、押さえコンクリート仕上げ、屋上緑化などの多彩な仕上げができます。具体的な工法としては、トーチ工法や冷工法などがあり、それぞれに特徴があるため予算や施工場所、周辺環境などの要素を検討してベストな工法を選択するのが最善です。

アスファルト防水の施工費用や耐用年数

アスファルト防水の費用は、一般的に1平方メートルあたり6,000~8,000円程度に設定されています。シート防水と比較して安価であるとは言えませんが、アスファルト防水を施工するための準備や作業の手間を考慮しますと、一概に高いとは言えません。施工費用は面積だけではなく、人件費、使用する機材、施工箇所の状態や周辺環境によっても変動しますので、全ての要素を比較検討するのが最善です。耐用年数は、平均10~20年と言われており、それを過ぎますと次第に防水層がひび割れたり劣化したりし、雨漏りのリスクが高まります。耐久性が高く頑丈な工法ではありますが、定期的にチェックしつつ次のメンテナンスの長期的な計画を立ておくのが望ましいと言えます。

材料屋の大浦屋だからできる!特殊なアスファルト防水工事

特殊なトップコートを使用!

防水層を守るための塗料であるトップコートの品質は、アスファルト防水の仕上がりと耐用年数に大きな影響を及ぼします。工法や材料との相性を見極めて最適なトップコートを使用します。

高品質なのに平均20%も安い!

株式会社大浦屋は材料問屋でもあるため、防水剤を別の会社から仕入れる必要がありません。調達の際にかかる手数料をカットできるのが工事費を削減できる大きな理由の一つです。

材料屋だから全てに対応可能!

アスファルト防水はもちろんのこと、あらゆる防水工事に柔軟に対応できるのが強みです。ご予算や現状、周辺環境などを考慮してどのような工法や材料が最適かをご提案いたします。

耐久年数では絶対に負けません!

高品質な材料を厳選して使用するだけではなく、熟練の職人が直接施工をするため、美しい仕上がりと高耐久性を両立できます。大切な建物の資産価値を向上させる防水工事をお届けします。

アスファルト防水の2つの工法と施工工程

トーチ工法

あらかじめ防水シートの裏面に張り付いているアスファルトを大型のガスバーナーであぶりながら溶かし、貼り重ねていくという工法です。

トーチ工法を見る

冷工法

火気を使用せず、裏面にゴムアスファルトの粘着層を持った改質アスファルトルーフィングを何層にも亘って交互に重ね、貼り付けて施工します。

冷工法を見る

アスファルト防水のまとめ

材料問屋が見極めた高品質な材料で高耐久の防水性能を実現します

アスファルトが持つ独特の性能を活かした防水工法として、水密性や耐久性に優れた信頼性の高い防水層を作ることができるのが、アスファルト防水の特長です。防水層を構成するアスファルトルーフィングは、基材として紙やガラス繊維不織布、合成繊維不織布などが使用されており、最近ではさらに性能がアップした改質アスファルトルーフィングシートが利用されています。株式会社大浦屋では、材料問屋としての経験と実績を活かし、変化するニーズや進歩する技術にも遅れることなく追随して低価格・高品質な工事を実現しております。改質アスファルトルーフィングシートの裏面をバーナーであぶって貼るトーチ工法や、熱を加えないことから手間やコストを省ける冷工法など、現場環境やご予算、ご希望に合わせて施工してまいります。表面を美しく仕上げ、防水層をコーティングするためのトップコートも素材をじっくりと吟味・厳選しておりますので、見た目の綺麗さと耐久性には自信があります。マンションやビルの屋上をはじめ、雨漏りから建物を守るためにあらゆる場所で的確な工事をご提案いたします。

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。