防水工事の実績と経験に基づき東京エリアで熟練のシーリング工事をご提供いたします

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

シーリング工事

防水性・水密性を高めて建物全体の寿命を延ばします

建物にある隙間や建材同士のジョイント部を専用のコーキング材で埋めることにより、外部から浸入する雨水や配管からの漏水などを防ぐのがシーリング工事の大切な目的です。防水性・水密性の維持だけでなく、伸縮性のある素材によって地震や台風などで建物に加わる振動から守るという働きもしています。シーリング材は、常に外気、紫外線、水分にさらされているため劣化しやすく、適切な材料を選んで施工することと、定期的に打ち替えを行うことが重要です。

管・タイル目地

配管やダクトの周囲には必ずシーリングを行い、少しの隙間からも水分が浸入しないようにします。

タイル目地に行うシーリングには、防水性と共にタイルのひび割れを防ぐという別の重要な目的もあるため、ポイントを見極めた的確な作業が重要です。

シーリング工事の管・タイル目地

サッシ回り

アルミサッシと外壁材やコンクリート壁の間には必ずしっかりとコーキング材を充填します。

屋根以外の外壁部分から起こる雨漏りの中で最も多いのが、サッシ回りからの浸入ですので、定期的なメンテナンスがたいへん重要です。

シーリング工事のサッシ回り

シーリング工事において株式会社大浦屋が選ばれる理由

丁寧な現地調査で少しの劣化も見逃すことなく正確に診断します

使用するシーリング材の特性を熟知しているため用途に合わせてご提案可能です

古いシーリング材を徹底的に除去した後に充填し効果を最大限発揮させます

防水性・水密性だけではなく仕上がりの美しさにもこだわり抜いた丁寧な作業

外壁塗装やタイル塗装など別の専門工事と同時に実施して費用をお得に

{alt000}

株式会社大浦屋のシーリング工事はこんな方におすすめです!

住まいのリフォームをご検討中の方

「そろそろリフォームの時期かも」「マンションの定期修繕を計画しなければ」とお考えでしたら、その際にはシーリング工事もご検討ください。シーリングは、24時間365日絶えず雨水、湿気、紫外線などの自然環境から建物を守っているために気付かないうちに少しずつ劣化が進行し、いつの間にか建物内部へと雨水が浸入していたり、雨漏りが起こったりといった被害が起こり得ます。シーリングを打ち替えることは、壁、天井、柱や土台などの劣化が早まる、シロアリが発生する、カビの温床となって健康被害が発生する、漏電火災など、様々な二次被害から守るために有効なメンテナンスです。戸建て住宅からアパートやマンションまで、特性を熟知した専門の職人が対応いたします。

 

雨漏りや漏水の不安がある方

雨水の浸入は屋根や外壁、ベランダ・バルコニーなど、あらゆる箇所から起こります。また、配管の老朽化やジョイント部のパッキンが劣化することによって漏水が起こることもあります。雨漏りの症状を見つけた場合には、発生している場所や原因を特定するのは簡単ではないと言われています。天井や壁に水分でできたと思われる染みがある、部屋の中が湿気・カビ臭いなど、「もしかしたら雨漏りかもしれない」とご不安をお感じになりましたら早めにご相談ください。特に、居室まで水分が垂れている場合にはかなりの水分が流れている可能性がありますので、的確な現地調査で原因を特定し、用途に合わせたコーキング材を使用したシーリング工事によって被害の拡大を食い止めます。

 

同じ建物でも他社より低価格でシーリング工事ができる理由

材料問屋ならではの多彩な選択肢

株式会社大浦屋は施工会社であると共に材料問屋でもあるため、各メーカーの様々なコーキング材に精通しているだけでなく、最新の技術や情報、商品にもすぐに対応できます。これまでに様々な現場でシーリング工事をお任せいただき、それぞれの状況や環境に合わせて柔軟に対処してきた経験と実績がありますので、どのようなケースでもご満足いただける完成度の高いシーリング工事をお届けできると自負しております。雨漏りで戸建て住宅やアパート、マンションといった大切な資産の価値が下がらないように、価格と品質のバランスに優れた施工プランをご提案できるのは材料問屋ならではの強みです。ご予算に合わせてバリエーションの豊かな選択肢を提示いたします。

 

下請け企業を利用せず100%自社施工

一般的なハウスメーカーや工務店では、お客様からのご相談やご依頼を受け付けた後は下請け企業に施工を発注するという流れがあります。株式会社大浦屋はお客様との打ち合わせ、お見積り、材料調達、施工管理、アフターフォローの全てが自社内で完結しますので、決定した内容やスケジュールに合わせて円滑に工事が進みます。中間マージン0というメリットだけではなく、内製化による連絡系統の一本化、スピーディーな情報伝達、責任所在の明確化など、工期と費用を削減できる要素が揃っています。お客様の立場に立ってアドバイスし、不必要な工事を強要したり、不明瞭な見積りで利益を得たりすることは決してございません。現地調査やお見積りは無料でご提供しております。

 

別の専門工事の同時実施と長期保証

シーリング工事は単体でも実施可能ですが、多くの場合に下地補修工事、外壁塗装、タイル工事、防水工事、屋根工事といった別の専門工事と併せて実施します。株式会社大浦屋には各専門工事に携わる職人が在籍しており、足場専門のグループ会社や大規模修繕を請け負う親会社とのネットワークもあるため、中間マージン0であらゆる工事を同時に実施できます。また、シーリング工事においても材料メーカーの通常保証にプラスして10年間の自社保証を独自で設定しており、万が一不具合が起こった場合、別の心配事が発生した場合にも迅速にお伺いして対応いたします。安心保証と充実したアフターサービスも、東京エリアのシーリング工事において人気を集めている理由の一つです。

 

よくあるシーリング工事の流れ

株式会社大浦屋なら安心の自社施工!

中間マージンが0で大幅なコストダウンが実現!

防水性と建物の強度保持という面で重要な働きをしているシーリングのメンテナンスはぜひお任せください。
自社施工と材料問屋ならではのコストカットで、価格面でもご満足いただける施工をお届けいたします。

施工満足度96%

コストと品質への好意的なご意見が寄せられています

サイディングやALC、モルタル塗装といった外壁の継ぎ目やひび割れ箇所、配管回りの防水、キッチンやバスルームといった水回りの漏水対策など、建物を漏水や雨漏りから保護するために丁寧なシーリング工事を実施しております。豊富な施工実績を誇る材料問屋として、シリコン・変成シリコン・ウレタン・アクリルなど、それぞれのシーリング材の特性とメリット・デメリットに精通しており、用途や環境、建材の種類や材質に合わせて多彩な選択肢の中からベストな材料と工法をご提案できるのが強みです。建物を水分から徹底的にガードすることを第一に考えてどの工程にも手を抜くことなく、防水性能を最大限に発揮できるよう丁寧に作業してまいります。これまで東京エリアを中心に多くの方々からご相談やご依頼をいただき、少しの手直しから広範囲の修繕まで柔軟に対応してまいりました。「雨漏りで慌てていたけど、すぐに対応してもらえた」「丁寧に工事を進める様子を見てホッとした」「相談してよかった」など、好意的なご感想が多く寄せられています。防水工事のエキスパートとして、お客様の安心と笑顔のため今後もサービスの品質向上を目指します。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。