株式会社大浦屋

東京都中野区の大規模修繕工事(中規模・小規模含む)業者選定

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

東京都中野区の大規模修繕工事(中規模・小規模含む)業者選定

東京都中野区の大規模修繕工事(中規模・小規模含む)業者選定

2024/06/23

東京都中野区で大規模修繕工事をお考えの方は、新東亜工業と大浦屋にお任せください。

マンション・ビル・アパートのオーナー様や管理組合の方々は、「大規模な修繕工事を行う時期だけど、予算が足りるだろうか」「できるだけ費用を抑えたいが、資産価値を損ないたくない」「そもそも、本当に修繕が必要だろうか」など、多くの悩みや心配を抱えているかもしれません。

しかし、ご安心ください。私たちは、将来を見据えた資産価値の向上を総合的に考慮し、お客様にとって最適な選択肢をご提案します。中間マージン0と資産価値向上の秘策の二本柱で、大規模修繕工事に対する不安を解消いたします。

「とりあえず見てほしい」というご要望にも迅速に対応し、一時的な対策から大規模な工事まで、それぞれのニーズに応じたご提案をいたします。

さらに、私たちは最新の技術と豊富な経験を活かし、居住者の皆様や近隣の方々に配慮した工事を行います。お客様の大切な資産を守りながら、快適で安全な環境を提供することをお約束します。お気軽にご相談ください。

新東亜工業と大浦屋の関係

株式会社大浦屋は、新東亜工業グループの一員です。

大浦屋は建築材料を取り扱う問屋としてスタートし、現在では材料の仕入れと防水・塗装工事の両方を手掛けています。

また、「材料問屋」という強みを活かし、大規模修繕工事の専門会社である新東亜工業の事業を、材料の仕入れ面でサポートしています。外壁・内壁塗装に使用する塗料を厳選し、各メーカーから卸価格で仕入れて直接、新東亜工業に提供しています。メーカーとの直接取引により、一般的な材料費から15~20%のコスト削減を実現しています。

新東亜工業が選ばれる5つのこだわり

中間マージン0

マンションやビルなどの大規模な建物の修繕・改修を行う際、通常は元請け会社が一括してお客様からの相談や依頼を受け、プランニングを行います。しかし、実際の工事は足場、屋根、タイル、外壁塗装、下地補修、防水やシーリングなど、各専門分野の下請け会社が担当することがほとんどです。関わる会社が増えるほど、それぞれの利益を確保するための中間マージンが発生します。

新東亜工業では、総合工事店としてほぼ全ての工事を自社の職人が一貫して施工するため、余分な外注費をすべてカットできます。また、工事に必要な材料は新東亜工業のグループ会社である大浦屋が提供するため、中間マージンは一切発生しません。

規模が大きく、費用負担が大きい修繕工事だからこそ、中間マージンゼロの効果は大きく、見積価格に大きな違いをもたらします。

一貫した内製化でスピードと正確性をアップ

自社施工のメリットは、費用削減だけにとどまりません。施工スピードや品質にも大きな影響を与えます。大規模修繕工事では、多くの施工会社が関与することが一般的ですが、この場合、現場からの情報が管理者や各社の職長、職人を経由して伝達されるため、解決までに時間がかかり、正確に伝わらないことがあります。

新東亜工業では、このようなリスクを回避するために、施工をすべて内製化しています。これにより、新たな問題や変更点、お客様からのご要望がスムーズかつ正確に職人に伝達される仕組みを整えています。

万が一、別工程の施工箇所に漏れやミスが発見された場合でも、すべての職人が新東亜工業の責任として受け止め、真摯に対応いたします。比較的小さなご要望や不具合にも迅速に対応できるため、どうぞお気軽にご相談ください。

建物の資産価値をアップさせる提案

多くの居住者やテナントが入居する大規模なマンションやビルでは、十数年単位の長期修繕計画が必要です。大規模修繕工事は早めに行うほど、総工費が抑えられ、建物の劣化も少なくなります。

新東亜工業では、長期的な視点から建物の劣化を防ぎ、資産価値を向上させる最適な施工方法をご予算に合わせてご提案しています。特に、建物の資産価値を高め、将来の売却時に大きな利益をもたらす「必殺技」とも言える秘策があります。ファイナンシャルプランナーを中心に考案した独自のアイデアとノウハウを駆使した手法は、多くのお客様から驚きと喜びの声をいただいています。

さらに、ご予算にお困りの場合でも、銀行からの借入が可能な施工計画を立案したり、まずは必要な箇所のみを修繕し、予算を確保した後に大規模修繕を行うといった柔軟なプランもご提案しています。

お客様第一主義

数社から見積りを取って比較したいとお考えの場合でも、どうぞお気軽にお申し付けください。現地調査の結果を基に、その時点での修繕の必要性を判断し、「お客様にとって最善の選択は何か」「建物の資産価値を向上させるためにどうすべきか」を、誠実にお伝えいたします。

お客様のご予算をお伺いし、他社がご予算内で適正な見積金額と施工プランを提示している場合は、その会社との契約をおすすめしています。

「見積りを依頼したら強引に契約を進められるのではないか」という心配は一切不要です。適正価格を重視し、相見積りに関して客観的な視点でご相談に乗りますので、ご安心ください。

大規模修繕工事のお客様満足度98%

新東亜工業と大浦屋は、お客様の視点に立ち、不安や悩み、疑問に寄り添いながら一つずつ解決することを目指しています。この理念のもと、自社施工による中間マージンのカット、内製化による対応スピードの速さ、資産価値向上の秘策など、質の高いサービスを提供しています。この取り組みは、首都圏を中心に全国のマンションのオーナー様、管理組合様から高く評価されています。

大規模修繕工事は、費用、施工範囲、工事期間のいずれにおいても大規模であり、居住者やテナントの方々が通常の生活を続ける中で行います。 

新東亜工業は、各専門工事における熟練した職人が揃ったプロ集団として、高い技術力で賃貸物件等の経営に貢献いたします。初期の調査やご相談から施工後のアフターフォローまで、すべての工程で安心してお任せいただけるよう努めています。 さらに、オーナー様や管理組合の皆様との打ち合わせはもちろん、居住者やテナントの方々に対しても、コミュニケーション、現場での正しいマナー、笑顔での挨拶など、気持ちの良い対応を心掛け、工事期間中も快適に過ごしていただけるよう配慮しています。

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介業者を介さない工事で余分な外注費をカットできる
  • 確かな品質と施工スピードが強み
  • お客様満足度脅威の98%
  • 個人宅以外にマンションなどの大規模修繕にも対応

\\中間マージン0だから他社より安い//

公式HPを確認

大規模修繕を依頼する施工会社・業者の選定基準

選定基準

  • 口コミ・評判
  • 施工実績・実績数
  • 会社の営業年数
  • 工事保証・アフターサービス

建物の管理をされている方やマンションの管理組合の方など、大規模修繕の予定がある方の中には、何を基準に依頼先を決めたらいいかわからずお悩みの方も多いのではないでしょうか。

大規模修繕の施工会社には、工事の技術・適切な費用・トラブルへの対応など幅広い知識や技術が求められます。

ここでは、大切な建物を安心して任せられる施工会社の特徴や見分け方のポイントなどを紹介しています。

口コミ・評判

実際に利用した人の口コミや地域での評判などは、施工会社選びの大きな材料の一つです。

特にスタッフの対応や人柄については非常に参考になります。

最終的に納得のいく大規模修繕を実現するために、現場責任者の人柄はとても重要だからです。

「施工主の要望に耳を傾けてくれるか」「施工主の立場にたって良い工事を行おうとしてくれるか」など、口コミや評判などから社風や雰囲気、担当者の人柄などがわかることも多いので、口コミや評判を事前に確認しておきましょう。

施工実績・実績数

近年はホームページ上で施工実績や実績数を公表していることが少なくありません。

大規模修繕には様々なノウハウや技術が必要です。

当然ながら実績や経験が多いほうが、安心して任せられる会社である可能性が高くなります。

わかりやすい目安として、施工実績や実績数は確認しておきましょう。

会社の営業年数

一概にはいえませんが、会社の営業年数が長いということは安定した経営状況であることが予想されます。

マンションやビルなどの大規模修繕の場合、施工した業者との付き合いは施工終了後も続くため、いざという時にお願いした会社が倒産してしまったという事態は避けなければなりません。

倒産したり経営状態が悪かったりすると、万が一不具合があった場合のアフターフォローや点検などが受けられなくなってしまいます。

経営状況や営業年数を確認して不安があれば、依頼を検討し直すことも必要です。

工事保証・アフターサービス

大規模修繕は工事内容も多く、施工期間も長期にわたります。

施工後に不具合やミスが見つかることもあるでしょう。

そのため、工事保証やアフターサービスが充実している会社であれば安心です。

工事保証は工事内容や期間が細かく取り決められている場合がほとんどなので、どの工事でどの程度の保証がされているのか、依頼前によく確認しておくことが大切です。

会社名 株式会社新東亜工業
代表者名 代表取締役社長:高井 強
設立 平成24年1月
工事内容 大規模修繕工事
解体工事
防水工事
外壁塗装工事
屋根工事
シーリング工事
長尺シート工事
下地補修工事
足場工事
タイル工事
洗浄工事
電気/水道/外構工事
Googleの口コミ評価 4.3 
口コミ件数:43件
代表的な保有資格・許認可 建設業許可 東京都都知事許可 (般-4)第142885号
一級建築士事務所 一級 東京都知事登録 第65008号
保証期間 10年
ホームページ https://shintoa-tosou.jp/

株式会社新東亜工業の口コミ・評判

2回目の依頼でした。 東京に所有している建物の修繕が必要だと思い、メンテナンス感覚で相談しました。 見てもらうと、防水工事が必要なレベルということが分かりビックリです。 放置してたら‥と思うと、新東亜さんに相談してよかったです!Googleマップ

マンションの大規模修繕工事をお願いしました。スピード感をもって、丁寧に施工いただきました。新東亜工業さんにお願いしてよかったです。Googleマップ

プラン内容の説明が、専門用語を控え分かりやすく話してくれ助かりました。

近辺住民への配慮も考えていただき、気持ちよく工事を終えることができました。

大規模な修繕工事を、安心できる業者に依頼できて良かったです。

所有している別のマンションがあるので、再度お願いしようかと検討しています。Googleマップ

大規模修繕施工実績

大規模修繕工事の新東亜工業はお客様満足度98%

お客様満足度98% ★★★★☆

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介業者を介さない工事で余分な外注費をカットできる
  • 確かな品質と施工スピードが強み
  • お客様満足度脅威の98%
  • 個人宅以外にマンションなどの大規模修繕にも対応

\\中間マージン0だから他社より安い//

公式HPを確認

大規模修繕を行う業者の種類

実際に大規模修繕を行う会社・業者は、ゼネコン・マンション管理会社・修繕工事専門会社の3つの種類が考えられます。

それぞれに特徴がありますので、それらを理解した上でどこに依頼するか検討しましょう。

総合建設業者(ゼネコン)

総合建設業者は一般的にゼネコンとよばれるもので、ビルやマンションなどの建設から大規模修繕まで行うことができます。

マンションなどの新築工事も行なっているので、建物の構造を熟知しており、技術的にも高いものが期待できます。

規模の大きな会社の場合が多いので、安心感があるのもメリットの一つです。

マンション管理会社

マンション管理会社は日常的な保守点検や小規模修繕を委託している会社を指します。

常日頃からその建物の状況等をよく理解しているため、中長期的な視点で大規模修繕を行うことができます。

マンションの管理会社が大規模修繕の部門を社内に有している場合もあり、スムーズな施工が可能となるでしょう。

修繕工事専門会社

新築等の建設は行わず、建物の修繕を専門に行なっているので、修繕の経験や修繕に関する専門的な知識が豊富です。

大規模修繕のような居住者が生活している状態で行う工事にも慣れているので、細かな心配りができたり、大規模修繕で発生する様々なトラブルにも柔軟に対応できます。

施工業者の選定方法

見積合わせ

候補となる会社や業者がある程度話し合いで絞られていれば、見積合わせを行いましょう。

多少の競争意識が働き、コスト的にも有利になることが考えられます。

ただ安ければ良いというのではなく、それぞれの会社の工事内容やプランなどもあわせて比較検討して、選定を行います。

特命随意契約

真に信頼できる会社と付き合いがあるのであれば、その会社を指名して見積もりをとり、その内容を検討して施工会社を決定します。

この方法を特命随意契約といいます。

管理会社と良い関係を築けている場合や、前回の大規模修繕で満足な工事が行われた場合などに選ばれることが多い方法です。

競争入札

事前に工事内容を指定し、その工事に対する価格を提示してもらいます。

談合が行われるリスクが高いのがデメリットですが、価格競争によりコストを抑えられる可能性が高い方法です。

工事内容が同じなので、比較は安易に行うことができます。

手抜き工事を見分けるポイント

信頼できる会社に依頼したつもりでも、手抜き工事がないとは限りません。

手抜き工事が行われても、素人では気がつくことが難しい場合もありますが、施工主の知識が豊富だと印象つけられれば手抜き工事をしづらくなります。

写真とあわせて随時報告をしてもらい、ここで紹介しているポイントに気をつけて細かな部分にまで目を光らせましょう。

ケレン

ケレンとは塗装前に古い塗料を剥がしたり、埃や汚れを取り除く作業です。

これにより塗料の下地が密着しやすくなり、仕上がりがよくなり長持ちします。

上から塗料を塗ってしまえば行なったかどうかわからなくなってしまう作業なので、工事のスケジュールにケレン作業がなかったり、実際の作業報告がなかったりする場合には注意が必要です。

養生

塗料を塗ってはいけない場所や、液飛びを防ぐために養生を行うのは基本的なことです。

外壁であれば近くに停められた車や地面にも、養生を行わなければなりません。

これらの基本的な養生が綺麗にされていない場合は、手抜き工事といえるでしょう。

下地処理

経年劣化した建物は、クラックや破損などがある場合が珍しくなく、その場合には下地処理を行わなければなりません。

下地処理を行わないまま塗装を行なってしまうと、その部分からすぐにまた破損してしまいます。

塗装工事において下地処理は非常に重要な役割を果たす工程となりますので、下地処理がきちんと行われていないようであれば、注意が必要です。

下地処理の報告は、慎重に確認しましょう。

塗装回数

悪徳業者が行う手抜き工事の一つが塗装回数を減らすことです。

塗装が完了してしまった後では確認ができませんので、必ずその都度報告してもらうことが大切です。

回数を減らしていれば、塗装工事のスケジュールが短く設定されている可能性もあります。

乾燥の時間等も考えおかしいなと感じたら、早めに確認を行いましょう。

タイル補修

タイル補修に使用されるタイルは、足場が完成した後に打診検査を行うまで、正確な数がわかりません。

大抵の場合、おおまかな枚数で見積もりが提示されていますが、予定枚数より少なくすんだ場合には、差額を返金しなくてはなりません。

しかし中には返金をしない会社も少なくないため、使用枚数などについてもその都度報告してもらうようにしましょう。

工事までの流れ

問い合わせ

大規模修繕工事のご依頼はもちろん、「どこから始めればいいのかわからない」「まずは現地を見てほしい」といった大まかなご相談まで、どんなことでも喜んでお受けいたします。まずはお電話やお問い合わせフォームから気軽にご連絡ください。

現地調査

打ち合わせでスケジュールを調整した後に、ご指定の日時に現地調査を実施いたします。数多くの物件を担当してきた専門のスタッフが丁寧に調査します。どんなに小さな不具合やリスクも見逃さず、最適な工事プランを作成いたします。

見積もり

現地調査の結果をもとに、必要な工事を選定し、明瞭でわかりやすい見積書を作成いたします。

「見積もりを取ったものの、工事金額が適正かどうか判断できない」

「信頼できる建設会社をどう見分ければいいのか」

「限られた予算内で建物の寿命を延ばすために何ができるのか」

など、オーナー様や管理組合様から様々なお悩みをお聞きすることがよくあります。

新東亜工業は大規模修繕工事の豊富な実績を持つ総合工事店として、これまでに多くの問題を解決してきました。事例を写真でご紹介し、お客様と二人三脚で考え、見積書を調整いたします。これまでの実績をご覧いただくことで、様々な不安や疑問を解消していただけると考えております。

契約

見積金額や工事のスケジュールにご納得いただけましたら、その時点でご成約となります。無理な勧誘は一切ございませんので、ご安心ください。また、どのようなご要望でも柔軟に対応いたしますので、どうぞお気軽にお申し付けください。お客様のご満足を第一に考え、誠心誠意対応させていただきます。

近隣の方へのご挨拶

工事開始の1週間前には、ご近所の皆様へご挨拶に伺います。雨漏りやタイル剥がれなどの緊急対応が必要な場合は、前日にお知らせいたします。施工中は、騒音や振動などでご迷惑をおかけしないよう、最大限の注意を払います。

着工

高所作業が必要な場合、仮設足場を設置します。その際、近隣の建物や屋内への埃の飛散を防ぐため、徹底した養生を行います。日々の清掃や現場の整理整頓にも力を入れており、機材や資材の管理、安全確認を欠かしません。住民の皆様からのご要望やトラブルにも迅速に対応し、信頼にお応えします。

完成・アフターフォロー

工事完了後の最終チェックで問題がなければ、お引き渡しとなります。10年間の長期保証が付いておりますので、何か違和感を感じた場合はすぐにご連絡ください。迅速に対応いたします。また、電気設備や水道設備、外構工事などの追加工事も承っておりますので、ご相談ください。

大規模修繕でよくある質問

Q

大規模修繕はなぜ必要?

A

大規模修繕は新築時の状態に戻すことを目的に、防水工事、塗装工事などを中心に行われます。

見た目には特に傷んでいないように見えたとしても、年月の経過に伴い劣化はすすんでいます。

大規模修繕を行わず放置してしまうと、水が侵入し建物の躯体部分にダメージを起こしたり、外壁に割れや剥がれが起きたりします。

外観が悪くなれば建物の価値が下がることが予想されます。

さらに躯体部分にダメージが起これば、安全で快適な住環境も維持できなくなってしまいます。

住環境の最適化と資産価値維持のために、大規模修繕は10〜15年を目安に必ず行わなければなりません。

Q

打ち合わせの頻度はどれくらい?

A

分譲マンションの場合、マンション修繕委員会の話し合いは月に2〜3回程度行われることが多いようです。

計画から施工完了まではある程度の時間がかかりますので、長期にわたって対応できる人、責任感をもって参加できる人を修繕委員会のメンバーに選ぶようにしましょう。

Q

大規模修繕にかかる費用はいくら?

A

基本的には戸数が多いほど、1戸あたりの負担は少なくなる傾向があります。

建物の劣化状況や立地条件などにより費用は大きく変動しますが、築年数が新しいほど修繕箇所が少なくなるので費用は安く抑えられます。

築10年の建物の大規模修繕の費用目安は、1戸あたり100万円前後と言われています。

Q

修繕費が不足した場合の対処法は?

A

マンションの場合、居住者から不足分を修繕一時金という形で追加徴収する方法がとられるのが一般的です。

それが難しい場合には、金融機関から借入を行う場合もあります。

最悪の場合には工事の延期なども検討されますが、延期した場合その後に行う修繕費が大幅に膨らむことが予測されるため、延期はお勧めできません。

分割修繕などで、緊急性の高い工事だけでも先に行なったほうが賢明です。

Q

見積もりの金額を比較すると差が出るのはなぜ?

A

実際に見積もりをとってみると2〜4割の金額の差が出ることが珍しくありません。

これは諸費用に違いがあるからです。

自社施工しているか、下請けに委託しているかでも中間マージンなどで違いがでます。

見積書の内容をよく確認すると、内容不明な項目があったり、廃材処理費が含まれていなかったりと、内容に違いがある場合もありますので、総額の金額だけでなく細かな内容までよく比較することが大切です。

中野区の大規模修繕工事のまとめ

東京都中野区は多彩な文化と歴史が交差する場所で知られ、特にアニメやマンガのサブカルチャーが根強いファンを持つ地域です。中野ブロードウェイは国内外からの訪問者が絶えないサブカルの聖地で知られ、中古のアニメグッズやマンガレアなコレクションアイテムを求める人々で賑わっています。このエリアはオタク文化の発信地での役割だけでなく、独特の雰囲気を持つカフェや古着屋なども集まる多様な魅力が共存する場所となっていると言えるでしょう。交通の面では中野駅を中心にJR中央線、総武線東京メトロ東西線が乗り入れており新宿駅までわずか5分東京都心部へのアクセスが非常に便利です。地域内にはバス路線も充実しており、区内外への移動も容易です。これらの交通網の発展は、大規模修繕などもあり中野区が生活の利便性と文化的魅力を併せ持つ地域で成長する基盤を支えています。サブカルチャー関連のグッズやアートワークなど、他ではなかなか手に入らないアイテムが多数見つかるのが特徴です。中野区は飲食店も多く地元の食材を活かした料理や、世界各国の料理を提供するレストランが充実しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1892e95600268dc720327debb73a3a28ab0565c4d40aae2603d892ad51f81470-1024x510.jpg

中間マージン0だから他社より安い費用で工事が可能

中間マージン=仲介手数料サービス一覧を確認する

  • 大規模修繕工事
  • 解体工事
  • 防水工事
  • 外壁塗装
  • 屋根工事
  • シーリング工事
  • 長尺シート工事
  • 下地補修工事
  • 足場工事
  • タイル工事
  • 洗浄工事
  • 電気、水道、外溝工事等

大きな強みは「自社で完結」

施工価格と見積りには絶対的な自信を持っていますので、他社との相見積りも大歓迎です。

ご予算と現場調査の結果、長期的な視点での資産価値向上をバランスよく考慮し、お客様にとってベストな選択肢をご提案します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ff8e107882117a9143c4f51670cb371fc95fb3c33d79a85724881781630767df-1024x782.jpg

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。