高機能で耐久性のある塗料を使用した外壁塗装や防水工事を東京でご提案いたします

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

不動産価値について

外壁塗装と不動産価値との関連性

賢い塗装メンテナンスで不動産価値の下落を防げます

建物の資産価値は、デザインや管理の状態や立地条件などで決まりますので、同じ築年数の建物が隣同士で並んでいる場合には、当然のことながら綺麗な外観を保っている建物のほうが高い価値が付きます。また、サイディング・モルタルの塗装で外壁を定期的にメンテナンスすることによって、雨漏りをはじめとする住環境の悪化を防ぐことができます。雨漏りの危険がある建物はプロの目から見てすぐに明らかになり、やはり不動産としての価値は減少します。

とりわけ、賃貸アパートやマンションの場合には、入居希望者がまず必ず確認するのが外観であり、外壁の状態は部屋探しや決定に大きく影響しますので、定期的な外壁塗装リフォームを行って美観を保つことには大きなメリットがあると言えます。住む部屋を探している人、既に入居している方の目線に立ってサイディング・モルタルの状態をチェックすることで、入居率アップ、退去防止などの効果を得ることができます。

外壁塗装は年月の経過と共に緩やかに光沢や鮮やかさを失っていき、一般的には10年前後で塗り替えが必要なところまで色あせてしまうと言われていますので、新築後あるいは前回の塗装から10年以上経っているようであれば、塗装リフォームを検討する時期が来ていると言えます。外壁塗装で新築物件にも引けを取らない見た目を取り戻せば、年数が経過したアパートやマンションでも高い入居率を維持できるに違いありません。不動産価値は、時間とともに下がっていくことは避けられませんが、しっかりとメンテナンスして防水性能を維持することにより、同時期に建てられた建物と比較して長期的に価値を高く保つことができます。

サイディング・モルタル塗装の不動産価値向上の秘訣についてご紹介しました。
劣化が進む前に塗装することで外壁の見た目も性能も維持し、長期に亘って高い価値を保つことに繫がります。
専門家のサポートを無料で受けたいとお考えでしたら、防水工事と外壁塗装にプロである株式会社大浦屋へお気軽にご相談ください!

見積もりのご相談はこちら

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。