東京に拠点を置く防水工事のプロとしてアパートオーナー様のご期待にお応えいたします

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

アパートの防水工事の耐久年数

アパートの防水工事の耐久年数について

アパートの防水を見直すためには、屋根、屋上、階段、廊下、サッシや窓まわりなど、多くの箇所に目を向ける必要があり、個別にも総合的にも適切なプランを検討することが大切です。
施工箇所、工法、材料にはそれぞれのメリット・デメリットがあり、周辺環境によっても耐用年数に違いが生まれます。また、既存の防水処理に少しでも劣化のサインを発見した場合には、耐用年数が満ちるのを待たず、早急に対策を講じる必要もあります。

アパートの防水計画を立てる上で参考にしていただける耐久年数についてのポイントをご紹介いたします。

工事の内容と種類によって耐久年数は異なります

コンクリートの平らな屋根や屋上があるアパートでは、ウレタン防水、アスファルト防水、塩ビシート防水などが施工されるケースが多くあります。各工法は使用する材料や施工方法も全く異なり、素材の特性によって耐用年数にも違いがありますので、費用だけではなく現状や耐久性も考慮する必要があります。また、アパートの場合は屋根や屋上だけではなく、各部屋のベランダ・バルコニー、廊下、階段の長尺シート、窓枠やサッシまわりのシーリングなども個別に考慮しつつ長期的な視野でメンテナンスを計画するのが最善です。

アパートにおける防水のプロにぜひご相談を

アパートの防水メンテナンスにはある程度大きな金額が関係するため、「できるだけ安い費用で済ませたい」とお考えになるのは当然のことです。しかし、建物全体の寿命を延ばすために欠かせない防水対策は金額だけで判断することなく、現場の状況や周辺環境、使用する素材や工法のメリット・デメリット、耐久性、居住者の方々の安全や快適性など様々な要素を比較検討した上で実施することが重要です。長期的な観点で最もバランスの良い選択をするためには、アパートへの施工実績が豊富な防水のプロに相談するのが最善であると言えます。

アパートにおける防水メンテナンスの耐久性についてご紹介しました。
定期的なメンテナンスを怠りますと、防水機能が低下した箇所からすぐに雨水が浸水して屋内への雨漏りを発生させてしまうだけでなく、カビやシロアリ、漏電といった二次災害へと発展する危険性もあります。
防水計画でお悩みのアパートオーナー様は、防水塗装の材料問屋でもある株式会社大浦屋にぜひご相談ください!

見積りのご相談はこちら

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。