耐久年数の長い適切な防水工事を東京エリアでお探しならぜひ一度ご相談ください

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

ビルの防水工事の耐久年数

ビルの防水工事の耐久年数について

主にビルの屋上部分に施す防水工事には、塩ビシート防水、ウレタン防水、アスファルト防水など様々な工法があります。
それぞれの工法や材料には明確な違いがあり、施工した場所や工事の内容、周辺環境、既存防水層や下地の状況などによって耐用年数にも違いが生まれます。
例えば、屋上や外階段、廊下などの防水施工が必要な場所で、水はけや排水の状況が悪化していたり、草が生えていたり、既存の防水シートが剥がれたりしている場合には、耐用年数以内であってもメンテナンスが必要です。

工法を選択する上で参考にしていただける耐久年数についてのポイントをご紹介いたします。

工法や環境によって耐久年数が異なります

一般的なビルの屋上に採用されている工法には、ウレタン防水、アスファルト防水、塩ビシート防水があります。それぞれの工法で使用されている素材は全く異なりますので、耐久性を考えるならば各素材の特性やメリット・デメリットを把握し、現状や予算に合わせて選択するのが最善です。耐用年数はあくまでも一般的な条件下での目安ですので、数字だけを信頼するのではなく、防水層に影響を及ぼす特有の事情があるか、次のメンテナンスまでにどれぐらいの期間を設定するかといった点も併せて検討する必要があります。

防水のプロに相談して適切な工事を

築年数が経過し劣化がある程度進んでいるビルの場合には、軀体の劣化状況に合わせた工法を選択しなければ防水効果は期待できません。その点では、既存ではどの工法が用いられているかという点も重要であり、既存の防水層を完全に撤去するのか、その上から施工するのかといった選択は費用面にも違いを生み出します。さらに、屋上をどのように利用するかによっても選択できる工法が変わります。これらの点を総合的に考慮し、決定するためには防水メンテナンスの専門会社によるアドバイスを受けるのが最善です。

ビルの場合の防水工事の耐久性についてご紹介してきました。
一般の戸建て住宅とは異なり、ビルの防水メンテナンスは大きな金額になります。耐久性にご不安をお感じの方、工法の選択でお悩みの方は、材料問屋でもある株式会社大浦屋にぜひご相談ください!

見積りのご相談はこちら

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。