東京エリアにおいて短工期で品質に優れた防水工事を希望されるビルのオーナー様へ

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

ビルの防水工事の工事期間

ビルの防水工事を実施するための工期について

様々な条件を考慮し余裕を持ったメンテナンス計画を

ビルの防水工事は、選択した工法や建物の規模・形状によって工事期間が変わりますので、施工面積だけで判断するのは難しいと言えます。
戸建て住宅やアパートなどのベランダ・バルコニーへの施工であれば、工法によっては1~3日程度で終わる場合がありますが、ビルの屋上となれば100~1,000平方メートル以上の規模になりますので、最低でも1~3週間程度の期間が必要になります。
実際の工事に入る前には、周囲の設備や物への養生をしたり、必要な資材を搬入したり、周辺住民の方々へ告知をしたり、作業用の足場を設置したりと、前段階での準備も必要です。
工法によっては下地処理のためにも時間がかかり、塗り重ねる工法の場合には乾くまでの時間がかかる一方で、シートを被せるタイプの工法であれば早く終わります。
当然のことながら、施工する面積が広ければ広いほど工期は長くなり、梅雨時期のように天候不順が続く場合にはさらに長くかかります。
オフィスビルやテナントビルの場合には、そこに出入りする方々の安全や快適性が大きく関わりますので、大まかな工事期間をあらかじめ見極め、余裕を持って防水メンテナンスを計画するのが最善です。

ビルへの防水メンテナンスに必要な工事期間の概略をご説明しました。
一般の戸建て住宅やアパートとは異なり、ビルの防水メンテナンスには多くの時間がかかります。
東京エリアで防水工事の依頼先でお悩みの方、工事期間にご不安をお感じの方は、材料問屋でもある株式会社大浦屋にぜひご相談ください!

見積りのご相談はこちら

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。