屋根や外壁からベランダ・バルコニーまで東京の戸建て住宅で防水工事を請け負います

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

戸建ての防水工事の耐久年数

戸建ての防水工事の耐久年数について

戸建て住宅を雨水の浸入から守るためには、屋根、外壁、ベランダ・バルコニー、サッシや窓まわりなどの多くの箇所を点検する必要があり、日頃から意識してそれぞれの劣化状況に気を配っておくことが大切です。
施工箇所だけではなく、幾つかの選択肢から選べる工法、材料にはそれぞれのメリット・デメリットがあり、建物の周辺環境によっても耐用年数に違いが生まれます。また、既存の防水処理に少しでも劣化のサインが見つかった場合には、耐用年数の残り期間に関わりなく早めに対策を講じる必要もあります。

ご自宅の防水計画を立てる上で参考にしていただける耐久年数についてのポイントをご紹介いたします。

施工箇所や工法によって耐久年数は異なります

現在の戸建て住宅は新築の際に防水加工が施されているはずですので、施工不良がない限りは義務的に防水メンテナンスを行う必要はありません。防水層は種類ごとに耐用年数が設定されていますが、短ければ10年程度、長ければ20年以上という場合もあります。ただし、耐用年数まで機能を維持させるためには定期的なメンテナンスが必要となります。防水層を長持ちさせるため、こまめに清掃して汚れや異物を取り除いたり、数年ごとにトップコートを塗り替えたり、異常があった場合に早めに部分補修をしたりといった努力で寿命を延ばせます。

防水のプロに相談して適切な防水工事を

リフォームにはある程度の費用がかかりますので、トラブルが起きていないうちは「まだ先で大丈夫だろう」と考えがちです。しかし、マイホームの寿命を延ばし、売却を考える際に利益を生み出すためには、防水メンテナンスを早めに計画するのが最善であると言われています。現在の劣化状況をしっかりと見極め、「いつ」「どのような」防水リフォームを実施するかを見極めることがカギとなります。長期的な観点で建物の耐久性を一番に考えた決定をするため、戸建てへの施工実績が豊富な防水のプロに相談されるようおすすめいたします。

戸建てのマイホームにおける防水メンテナンスの耐久性についてご紹介しました。
定期的なメンテナンスを怠りますと、屋根や外壁、ベランダなどから雨水が浸水して屋内への雨漏りを発生させてしまうだけでなく、カビやシロアリによる健康被害へと発展する危険性もあります。
防水計画でお悩みの方は、防水塗装の材料問屋としても実績多数の株式会社大浦屋にぜひご相談ください!

見積りのご相談はこちら

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。