コストと品質に優れた接着工法による塩ビシート防水工事を東京で実施いたします

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

塩ビシート防水工事接着工法

接着工法

下地もしくはシートの裏面に接着剤を塗り、下地に直接塩ビ防水シートを貼り付ける工法です。シートが下地に全面接着されることになるため、耐風圧性に優れているのが特長です。一般的には両面接着で施工しますが、塩ビシートのメーカーによっては片面接着を採用しているものもあり、その場合には工程の省力化が図れます。機械固定工法と比較して、下地の乾燥をはじめとして様々な条件を考慮した上で施工する必要があります。

接着工法の施工方法は以下の通りです。

❶ 下地が綺麗になるよう汚れを処理する
❷ プライマーや樹脂モルタルなどで下地と目地の処理を行う
❸ シート裏や下地へ接着剤を塗布
❹ ルーフィングシートを貼り付ける
❺ シートの接合部分を処理する
❻ 床面に対して垂直の「立ち上がり」部分を施工
❼ 接合端末部をシーリングする

特徴

短時間での施工で仕上げのデザインも広がる接着工法

下地に密着した仕上がりとなるため強度において絶縁工法よりも優れており、軽歩行程度の用途に適応できます。砂利敷きや平板ブロック仕上げといった特殊な保護仕上げもできることから、屋上美化をはじめデザインのバリエーションも広がります。
しっかりとした防水性能を持たせるために下地の調整が欠かせませんが、機械固定工法のように下地や建物の軀体にビスで穴を開けることがないため、建物に余分な傷を付けたり、施工中の騒音や振動が気になったりすることもありません。

{alt000}

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。