株式会社大浦屋

防水工事において下地処理が重要な理由とは?

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

防水工事において下地処理が重要な理由とは?

防水工事において下地処理が重要な理由とは?

2024/06/19

防水工事で重要なのが下地処理です。下地処理とは、防水層を施工する前に行う一連の作業で、下地の状態をチェックし、補修や清掃を行います。

適切な下地処理により、防水層との密着性が高まり、長期的な耐久性が確保できます。

一方、下地処理が不十分だと、防水層の剥離や破損、水漏れなどの問題が生じ、建物の構造的損傷につながる恐れがあります。

本記事では、下地処理の必要性あ、下処理の具体的な手順やについて解説します。

建物の安全性と快適性を確保するために、適切な下地処理と防水処理が欠かせません。防水工事を検討中の方は是非参考にしてみてください。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

 

防水工事における防水層の下地処理とは?

防水工事において、下地は非常に重要な役割を果たします。下地とは、建物の素地や防水層のことを指し、防水機能を発揮するための基盤となる部分です。

防水工事を行う前に、この下地の状態を整える工程が下地処理です。下地処理の主な目的は、防水面との密着性や接着性を高めることにあります。

下地の状態が悪いままで防水工事を行うと、せっかく施工した防水層もすぐに劣化し、雨漏りなどの問題を引き起こしかねません。

逆に、適切な下地処理を行うことで、防水工事の効果を最大限に引き出し、長期的な防水性能を維持することができるのです。

つまり、下地処理は防水工事の成否を左右する重要なプロセスと言えます。建物の長期的な維持管理のためにも、下地処理を怠らないことが肝要です。

下地処理の手順と作業内容

下地処理の主な目的は、防水層の接着性を高め、防水層に悪影響を与えるような要素を取り除くことです。具体的には、以下の作業が含まれます。

  • 高圧洗浄による汚れや埃の除去
  • 既存の防水層の撤去
  • ケレン作業による表面の粗化
  • 目地の処理
  • クラックの補修
  • ノロ引き作業による表面の平滑化

これらの作業を適切に行うことで、防水層の性能を最大限に発揮し、建物の耐久性を高めることができます。
下地処理は防水工事の重要な工程であり、専門的な知識と技術が必要です。防水工事を行う際は、信頼できる業者に依頼することが大切です。

高圧洗浄による汚れや埃の除去

下地処理において、高圧洗浄は欠かせない工程です。高圧洗浄は、水圧を利用して表面に付着した汚れや塗膜などを強力に除去する方法です。

下地処理の目的は、防水層がしっかりと接着できるように表面を平滑にすることです。高圧洗浄を行うことで、以下のメリットが得られます。

メリット

  • 表面の汚れや塗膜を徹底的に除去できる
  • 表面を平滑にすることができる
  • 防水層の接着を促進する

特に、防水層が剥がれてしまっている場合や、表面に汚れや塗膜が大量に付着している場合は、高圧洗浄が不可欠です。高圧洗浄を行わないと、防水層が剥がれやすくなったり、防水効果が低下したりする可能性があります。

高圧洗浄は、専門業者に依頼するのが一般的です。高圧洗浄機は高圧の水を噴射するため、誤った使用方法や知識不足により怪我をする危険性があります。

また、高圧洗浄機は高価なため、個人で購入するのは現実的ではありません。

既存の防水層の撤去

防水工事では、既存の防水層の状態や選択する工法によって、古い防水層を撤去する作業が必要になることがあります。
この撤去作業は、建物の構造に直接関わる重要な部分であるため、多くの場合、手作業で慎重に行われます。

近年は、古い防水層を全て撤去するのではなく、劣化した部分のみを取り除き、新しい防水層を重ねる「かぶせ工法」が主流です。

これにより、撤去作業の手間を減らし、工期短縮や費用削減を図れます。ただし、既存の防水層の状態によっては、全面的な撤去作業が必要な場合もあります。

防水層の撤去作業は防水工事の重要な一部であり、建物の状況に合わせて適切に判断し、慎重に進めることが求められます。

ケレン作業による表面の粗化

ケレンとは、金属やコンクリートなどの表面を研磨やブラッシングで汚れやサビ、古い塗膜などを除去する作業のことです。

ケレンを行うことで、防水層の接着性を高め、剥離や浮き上がりを防ぐことができます。

ケレンの方法には、手動で行うハンドケレンと機械で行う電動ケレンがあります。

ハンドケレンは、スクレーパーやワイヤーブラシなどを用いて手作業でケレンを行います。一方、電動ケレンは、研磨砥石やサンドブラストなどを使用し、効率的にケレン作業を行うことが可能です。
ケレンの作業内容は以下の表に示す通りです。

作業内容 対象 方法
研磨 金属 研磨砥石を用いて表面を研磨する
ブラッシング 金属 ワイヤーブラシを用いて表面の汚れやサビなどを除去する
ブラスト コンクリート サンドブラストを用いてコンクリート表面の汚れや古い塗膜などを除去する

ケレンを行う際には、作業によって発生する粉じんや騒音に注意する必要があります。

粉じんの発生を抑えるため、水を使用したり、防塵マスクを着用することが重要です。

また、騒音を発生させないために、防音シートやイヤーマフを使用することも必要です。

ケレン作業は、防水工事における重要な工程です。適切な方法でケレンを行うことで、防水性能を向上させることができます。

目地処理

目地とは、コンクリートなどの構造物の間にできた隙間のことです。
この隙間は、経年劣化や地震などによってさらに広がってしまう可能性があり、防水層の破損につながる恐れがあります。

そのため、下地処理の段階で目地をしっかりと処理することが重要となります。目地処理の方法は、目地の幅や深さによって異なりますが、一般的には以下の手順で行われます。

手順

目地を清掃する: 目地に付着している汚れやゴミをブラシやエアーガンなどで取り除きます。

プライマーを塗布する: 目地にプライマーを塗布します。プライマーは、目地とモルタルの接着を強化する役割があります。

モルタルを充填する: モルタルを目地に充填します。モルタルは、目地を埋めるだけでなく、防水層の接着剤としても機能します。

モルタルを養生する: モルタルが固まるまで、養生シートなどで覆って乾燥を防ぎます。

目地処理をしっかりと行うことで、防水層の防水性能を高め、建物の耐久性を向上させることができます。

クラック補修

クラックとは、コンクリートやモルタルなどの下地に発生するヒビのことです。クラックは防水層の破損や漏水の原因となるため、下地処理においてはクラックの補修が重要となります。

クラックの補修方法は、その大きさや深さによって異なります。小さなクラックであれば、シーリング材やモルタルで埋めることができます。

しかし、大きなクラックや深いクラックの場合は、エポキシ樹脂やポリウレタン樹脂などを注入する必要があります。
クラックの補修手順は以下のとおりです。

手順

クラックの清掃:ブラシやエアブローなどで、クラック内部のほこりやゴミをきれいに取り除きます。

プライマーの塗布:クラック内部にプライマーを塗布し、接着性を高めます。

樹脂の注入:クラックに樹脂を注入し、隙間を埋めます。

硬化:樹脂が硬化するまで、一定時間放置します。

仕上げ:表面を平滑に仕上げます。

クラックの補修は、防水工事の耐久性にとって重要な作業です。適切な方法でクラックを補修することで、防水層の破損や漏水を防ぐことができます。

ノロ引き作業による表面の平滑化

ノロとは、セメントと水を混ぜ合わせたペースト状の材料のことです。ノロ引き作業では、このノロを下地に塗りつけ、表面を平滑にすることで、防水層との密着性を高めます。
ノロ引き作業は、以下の手順で行われます。

手順

下地の清掃:ゴミやほこりを除去し、表面をきれいにします。

ノロの調合:セメントと水を適切な割合で混ぜ合わせます。

ノロの塗りつけ:下地にノロを塗りつけ、表面を平滑にします。

乾燥:ノロが完全に乾くまで待ちます。



ノロ引き作業が不十分だと、防水層との密着性が低下し、水の浸入が発生する可能性があります。

また、表面がでこぼこしていると、防水層に負荷がかかり、破損の原因となることもあります。
そのため、ノロ引き作業は丁寧に、かつ正確に行うことが重要です。

熟練した職人が、適切な材料と手法を用いて作業することで、防水層の性能を最大限に発揮することができます。

下処理が不十分な場合の問題点

下地処理が不十分なまま塗装してしまうと、仕上がりが悪くなったり、様々なトラブルが発生する可能性があります。
主な問題として、以下のようなものが挙げられます。

  • 防水シートの剥がれ
  • 雨漏りの発生
  • カビの発生
  • 内壁や構造部分の腐食

防水シートの剥がれ

防水シートの剥がれは、下地処理が不十分な場合に起こりやすい問題です。下地処理が不十分だと、防水シートと下地の密着が悪くなり、剥がれやすくなってしまいます。

また、下地に汚れや凹凸があると、防水シートと下地の間に隙間ができてしまい、そこから水が浸入して剥がれにつながることもあります。

雨漏りの発生

下地処理が不十分だと、防水層がしっかりと接着せずに剥がれやすくなります。 剥がれた防水層から雨水が侵入し、雨漏りが発生します。

また、下地処理が不十分な場合、既存の防水層の下に水分が溜まりやすくなります。 水分が溜まった状態が続くと、防水層の劣化が加速し、雨漏りの発生リスクが高まります。

雨漏りは早期発見・早期対策が重要です。 雨漏りの兆候が見られたら、速やかに専門業者に相談し、適切な処置を施すことが大切です。

カビの発生

カビは湿気が多く、温度の高い環境を好みます。下地処理が不十分な場合、壁や床などに水分が滞留し、カビが発生しやすい環境となってしまいます。

カビは健康に悪影響を及ぼすことが知られています。アレルギーやぜんそくなどの原因となるだけでなく、呼吸器系や皮膚のトラブルを引き起こす可能性もあります。

さらに、カビは建物の構造にも悪影響を及ぼし、木材やコンクリートを腐食させることで、建物の耐久性を低下させてしまいます。

内壁や構造部分の腐食

下地処理が不十分な場合、防水シートが上手く接着せず、剥がれ落ちることがあります。

剥がれた防水シートは雨水の侵入を防ぐことができず、壁や天井、床が濡れた状態が続きます。濡れた状態が続くと、内壁や構造部分の腐食が進行してしまいます。

腐食が進行すると、壁や天井がボロボロになって崩れ落ちたり、構造部分の強度が低下して建物の倒壊につながる恐れがあります。

また、腐食によって発生したカビが原因で、アレルギーやぜんそくなどの健康被害を引き起こすこともあります。

まとめ

防水工事において下地処理は非常に重要な工程です。

なぜなら、下地処理が不十分な状態で行うと、せっかく防水シートを施工しても適切な防水効果が得られず、最悪の場合、雨漏りや建物の老朽化を招く恐れがあるからです。

下地処理の主な目的は、防水シートをしっかりと接着させるための平滑な下地を作り出すことです。そのため、既存の防水層の撤去や、ひび割れなどの補修、汚れや油分の除去などを行います。

下地処理が不十分な状態で防水シートを施工した場合、以下の問題が起こる可能性があります。

  • 防水シートの剥がれ
  • 雨漏りの発生
  • カビの発生
  • 内壁や構造部分の腐食


これらの問題を避けるためにも、防水工事を行う際には下地処理をしっかりと行う必要があります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。