株式会社大浦屋

木造住宅での防水工事について | 施工の種類や業者の選定ポイントも解説

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

木造住宅での防水工事について | 施工の種類や業者の選定ポイントも解説

木造住宅での防水工事について | 施工の種類や業者の選定ポイントも解説

2024/06/19

木造住宅の維持には、定期的なメンテナンスが欠かせません。

その中でも、防水工事は特に重要な工事の一つです。

一般的には、ベランダや屋根などの水回り部分で防水工事が行われますが、他の部分でも同様の工事が必要です。

本記事では、木造住宅での防水工事の重要性やポイントについて詳しく解説します。

木造住宅のオーナー様だけでなく、防水工事を検討している全ての方に役立つ情報ですので、ぜひ最後までご覧ください。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

木造住宅における防水工事とは

木造住宅における防水工事は、建物全体の耐久性や安全性を確保するうえで極めて重要です。

特に日本の雨が降りやすい気候や高温多湿な夏季では、適切な防水工事が行われていないと建物の劣化や損傷が進みやすくなります。

  • 建物を雨漏りや湿気から守る… 適切な防水工事により雨水の浸入を防ぎ、建物内部の構造や設備を守る
  • 木材の劣化を防ぐ… 防水工事は木造住宅の柱や土台などの木材部分を湿気や水から守り劣化を防ぐ
  • 健康被害を防ぐ… 湿気のたまりやすい箇所からの水漏れを防ぐことで、建物内のカビやダニの発生を抑えて健康的な住環境を保つ

このように、新築時に施工された防水工事から一定の年月が経過した場合や、地震や台風などの自然災害に遭遇した際には早急な建物診断が求められます。

適切な防水工事や補修工事などを実施することで、建物の寿命を延ばすことにつながるでしょう。

木造住宅における防水工事の種類

木造住宅の防水工事は、建物を雨や湿気から守るために重要です。

さまざまな種類の防水工事があり、それぞれが異なる特性や用途があります。

以下では、一般的に木造住宅で行われる防水工事の種類や特長について詳しく紹介します。

外壁の防水工事

建物の外壁は、外部のさまざまな要素から保護する重要な役割を担っています。

外壁に生じるクラックや隙間からの水の侵浸入を防ぐために、防水シートや特殊なコーティング剤が利用されます。

適切な外壁の防水工事は、建物の耐久性を向上させ、将来的なメンテナンス費用を削減することにつながるでしょう。

屋根の防水工事

屋根は建物を雨や風から保護するうえで、極めて重要な役割を果たします。

雨漏りを防ぐために、屋根には防水シートや専用の防水塗料が施されます。

適切な屋根の防水工事は建物全体の防水性能を確保し、内部の構造や設備を水漏れから守る役割があるのです。

ベランダやバルコニーの防水工事

ベランダやバルコニーは、室内と外部を結ぶ大切なスペースです。

床面や手すりなどの水漏れを防ぐために、一般的に防水シートや防水コーティングが利用されます。

適切な防水工事は、これらのスペースの耐久性を高め、快適で安全な環境を保ちます。

地下室や地下空間の防水工事

地下室や地下空間は建物の基礎部分に位置し、地下水や雨水の浸入を防ぐ重要な役割を持っています。

防水コンクリートや専用の防水シートを使用して、地下空間を水漏れから保護することが可能です。

適切な防水工事は建物の構造を保護し、地下空間を安全に有効活用するための環境を維持します。

防水工事の種別

木造住宅における防水工事では、特にベランダやバルコニーの防水が注目されます。

一般的に、木造住宅のベランダやバルコニーには、FRP防水とシート防水の2つの工法が採用されます。

FRP防水

FRP防水は、液状のガラス繊維強化プラスチックを塗布して固め、頑丈な防水層を形成する方法です。

凹凸のある部位や複雑な形状でも施工が可能で、シームレスで見栄えの良い仕上がりを叶えます。

ただしFRPは非常に硬いため、木造住宅の揺れやねじれに適応できず、地震時にひび割れが生じやすいというデメリットがあります。

そのため、定期的なメンテナンスや耐震性の強化が欠かせません。

耐用年数は約10〜15年であり、費用相場は1平方メートルあたり約5,000〜7,000円です。

シート防水

シート防水は、建築物の基礎や屋上などに敷設され、水の浸入を防ぐ役割を果たします。

一般的に、ゴム製や塩化ビニール製のシートが用いられますが、近年では耐久性や耐候性に優れた塩化ビニール製のシートが主流となっています。

シート防水は頻繁なメンテナンスが必要ないため、手間がかかりません。

ただし、凹凸のある場所や複雑な形状には適しておらず、施工時には慎重な作業が求められます。

また、シートの接合処理には高度な技術が必要であり、熟練した業者の選定が重要です。

一般的な耐用年数は約10〜15年であり、費用相場は1平方メートルあたり4,000〜7,500円程度と言われています。

木造住宅の防水工事を依頼する基準

木造住宅の防水工事は、建物の耐久性や住環境の質を向上させるうえで欠かせない要素です。

しかし防水工事を依頼する際には、どのような基準を設けておくべきなのでしょうか
以下では、木造住宅の防水工事を依頼する際の基準やポイントについて詳しく解説します。

適切な業者の選択

木造住宅の防水工事には、専門性と信頼性が求められます。

業者の実績や資格を精査し、信頼できる業者を選択することが不可欠です。

過去の施工実績や顧客の評判を確認することで、業者の技術力や信頼性を見極めることが可能です。

最適な工法の決定

木造住宅の構造や使用状況に応じて、最適な防水工法を選択することが重要です。

選択した工法が、建物の耐久性や防水性を確保できるかどうかを考慮しましょう。

また専門家の意見を取り入れることで、より適切な決定が可能です。

見積もりが適正かを確認する


複数の業者から見積もりを取り、価格だけでなく内容や保証期間なども検討することが重要です。

極端に安価な見積もりには注意が必要で、適正な価格設定かどうかを確かめましょう。

見積もりに含まれる作業内容や材料の品質も、忘れずにチェックしましょう。

過去の実績と顧客評価の確認

過去の施工実績や顧客の評価をチェックすることで、業者の実力や評判を把握できます。

特に同様の工事を行った顧客の口コミは、貴重な情報源となるでしょう。

防水工事の種類を選定する基準

木造住宅の防水工事を選ぶ際には、以下の基準をポイントにしましょう。

建物の状況を見極める

建物の年数や、劣化の度合いを確認することが必要です。

古い建物や劣化が進んだ箇所では、より耐久性の高い工法が必要とされる場合があります。

また木造構造の特性を考慮し、適切な工法を検討します。

防水工事の対象部位を考慮する

木造住宅では、主にベランダやバルコニー・屋根・陸屋根・外壁などが防水工事の対象となります。

各部位の特性や劣化の進行状況に応じて、適切な工法を選択することが大切です。

耐久性やメンテナンス性を比較する

防水工事の耐久性やメンテナンス性も、検討すべきポイントです。

耐久性が長期間にわたって必要な場合は費用や手間はかかりますが、定期的なメンテナンスが容易な工法を選択することも大切です。

費用や工期を考慮する

防水工事の費用や工期もポイントです。

費用は予算に応じて選択する必要がありますが、安価な工法でも劣化が進むと長期的には費用が増えることがあります。

また、工事期間が建物の利用に影響を与える場合は、工期も重要な要素と言えるでしょう。

防水工事の業者を決める要素

防水工事を検討する際には、信頼性の高い業者を選ぶことが大切です。

業者を選ぶ際のポイントとして、以下のような要素が考えられます。

口コミや評判を精査する

業者の信頼性を確かめるために、過去の顧客の口コミや評判をリサーチすると良いでしょう。

ホームページやSNSなどを駆使して、さまざまな情報源から収集を行います。

特に、実際にサービスを受けた方の意見や感想を参考にするのがおすすめです。

実績や資格を確認する

業者の過去の実績や、保有する資格を把握することも大切です。

豊富な実績や適切な資格を有する業者は信頼性が高く、安心して依頼できるでしょう。

さらに、業者が所属する団体や組合なども検討材料となります。

見積もりを比較する

複数の業者から見積もりを取り、料金や工程・施工内容を入念に比較検討することが重要です。

安価な見積もりだけに惹かれるのではなく、施工内容やアフターサービスも含めて検討しましょう。

見積もりを取る際には、業者に現地調査を依頼して正確な見積もりを提示してもらうことが大切です。

保証とサポート体制を確認する

防水工事後の保証や、サポートが充実している業者を選ぶことも大切です。

万が一のトラブルにも迅速に対処してもらえると、安心感があります。

保証期間や提供されるサービス内容を念入りに確認し、信頼できる業者を選定しましょう。

契約の明確化

契約内容や工事詳細を十分に把握し、曖昧な点がないかを確かめることもポイントです。

万が一のトラブルに備え、契約書を参照することで迅速な対応ができます。

契約書には、工事の内容や費用・工期・保証内容などが明記されているはずなので、契約前に充分な確認を行いましょう。

まとめ

木造住宅の防水工事は、建物の耐久性や安全性を確保するうえで極めて重要な工事です。

特に、木造住宅では雨漏りや湿気から建物を守り、木材の劣化や健康被害を防ぐために防水工事が欠かせません。

ここでは、木造住宅における防水工事の重要性や適切な業者の選び方は、以下のとおりです。

  • 外壁・屋根・ベランダ・バルコニー・地下室など、さまざまな部位における防水工事がある
  • 防水工事の種類にはFRP防水やシート防水などがあり、それぞれ異なる特性や適用範囲がある
  • 適切な工法を選定するためには、木造住宅の状況を十分に把握することが不可欠
  • 業者選びの際には信頼性の高い業者を選び、見積もりや施工内容・保証期間などを検討することが重要
  • 契約内容や施工内容を明確にし、トラブル時に備えることもポイント

木造住宅の防水工事は、建物の耐久性や居住環境の快適さに直結するため、慎重な検討が必要です。

適切な業者を選定して必要な施工を行うことで、住宅の寿命を延ばし快適な生活環境を確保しましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。