株式会社大浦屋

アパート外壁塗装の費用相場は?工事のタイミングや安く抑える方法を紹介

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

アパート外壁塗装の費用相場は?工事のタイミングや安く抑える方法を紹介

アパート外壁塗装の費用相場は?工事のタイミングや安く抑える方法を紹介

2024/06/20

アパートの資産価値を維持し、入居率を向上させるためには、定期的な外壁塗装が欠かせません。

この記事では、アパート外壁塗装の費用相場や最適なタイミング、安く抑える方法などについて詳しく解説します。

他にも注意すべきポイントや工事業者の選び方、費用を抑える方法などについても紹介しています。

アパート外壁塗装を検討しているオーナー様は、ぜひ参考としてご覧ください。

アパート外壁塗装の費用相場と工期

アパートの外壁塗装にかかる費用は、建物の規模や塗料の種類などによって異なります。

一般的には、1㎡あたり1,000〜3,000円程度が相場と言われています。

ここからは工事費用の目安をはじめ、塗料の価格や必要な期間について解説していきます。

建物階数別の費用目安

アパートの外壁塗装にかかる費用は、建物の階数によって大きく異なります。

階数が高くなるほど足場設置費用や人件費がかさむため、費用は高額になるのが一般的です。

  • 1階建て…100~150万円程度
  • 2階建て…150~200万円程度
  • 3階建て…200~250万円程度
  • 4階建て…250~300万円程度

このように、階数が上がるほど高額になる傾向があります。

そのため、5階建て以上の場合、300万円以上かかるケースがほとんどです。

ただし、これはあくまでも目安であり、実際の費用は建物の面積や形状、使用する塗料の種類、施工業者の技術力などによって変動します。

より正確な費用を知るためには、複数の塗装業者に見積もりを依頼することが重要です。

また、外壁塗装は建物を長持ちさせるための大切なメンテナンスであり、長期的に見れば費用対効果の高い投資になると言えます。

アパートの資産価値を維持するためにも、定期的な外壁塗装の実施を検討しましょう。

塗料の種類による価格帯の違い
アパートの外壁塗装にかかる費用は、使用する塗料の種類によって大きく異なります。

一般的に、高品質で耐久性の高い塗料ほど価格が高くなる傾向があります。

代表的な塗料の種類と価格帯は以下のとおりです。

  • アクリル樹脂塗料…2,000~4,000円
  • ウレタン樹脂塗料…3,000~5,000円
  • シリコン樹脂塗料…4,000~6,000円
  • フッ素樹脂塗料…5,000~8,000円
  • 無機塗料…7,000~10,000円

塗料の価格以外にも、足場代や養生費用、人件費などがかかるため、トータルで見るとさらに費用がかかります。
アパートの外壁塗装を検討する際は、塗料の種類や価格だけでなく、耐久性やメンテナンス性なども考慮して、最適な塗料を選ぶことが重要です。

外壁塗装に要する時間

アパートの外壁塗装にかかる時間は、建物の規模・劣化状況・使用する塗料の種類などによって異なりますが、一般的には 7~14日程度 が必要です。

以下は、アパートの外壁塗装に必要な主な工程と目安となる日数です。

  • 足場の設置…1~2日
  • 高圧洗浄…1日
  • 下地処理…2~3日
  • 塗装…3~5日
  • 乾燥…1~2日
  • 足場解体…1日

これらの工程は、天候や作業員の人数によって前後することがあります。

また、劣化が激しい場合は下地処理に時間がかかるため、全体的な工期が長くなることもあります。

アパートの外壁塗装の工期については、塗装業者に相談して具体的なスケジュールを決定することをおすすめします。

アパート外壁塗装の重要性とメリット

アパートの外壁塗装は、建物の美観維持や資産価値向上以外にも、多くのメリットをもたらします。

具体的には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

以下では、外壁塗装の費用相場や安く抑える方法について詳しく説明します。

外壁塗装がもたらす美観と価値向上

アパートの外壁塗装は建物の美観を向上させ、資産価値を高める効果をもたらします。

経年劣化によって色褪せや汚れが目立つ外壁は、建物の印象を悪くし、入居率の低下にもつながりかねません。

塗装によって外壁を美しく塗り直すことで、建物の見栄えがよくなり、清潔感や高級感がアップします。

また、塗装は外壁を保護する役割も果たし、雨風や紫外線による劣化を防ぐことで建物の寿命を延ばします。

さらに、外壁塗装は資産価値の向上にも貢献します。

外壁塗装は減価償却費の対象となるため、税制上のメリットも得られます。

また、塗装によって建物が美しくなることで、売却時や賃貸時の価格が高くなる可能性が高まります。

このように、アパートの外壁塗装は、美観と価値向上という大きなメリットをもたらします。

建物の印象を刷新し、資産価値を高めるためには、定期的な外壁塗装が不可欠と言えるでしょう。

アパート寿命延長と資産価値向上の効果

アパートの外壁塗装は単に見た目を美しくするだけでなく建物の寿命を延ばし、資産価値を向上させるという重要な効果をもたらします。

塗装によって外壁の防水性や防汚性を高めることで、雨水や紫外線による劣化を防ぎ、躯体の腐食やコンクリートの剥離を抑えることができます。

これにより建物自体の寿命が延び、大規模な修繕が必要となる時期を遅らせることが可能です。

また、外壁塗装によって建物の外観を美しくすることで、資産価値を向上させることもできます。

入居者にとって見た目が良い物件は、入居率の向上にもつながります。

さらに、売却する場合にも、良好な状態を維持している物件は高値で売却できる可能性が高まります。

アパート外壁塗装による具体的な効果は、以下の通りです。

  • 防水性・防汚性の向上による躯体の劣化防止
  • 建物寿命の延長
  • 大規模修繕費用の削減
  • 外観の美化による入居率の向上
  • 資産価値の向上

 

アパートオーナーにとって、外壁塗装は長期的な視点でメリットの大きい投資と言えるでしょう。

アパート外壁塗装の最適なタイミングとは?

アパートの外壁塗装は、建物を守るために重要なメンテナンスです。

一般的に、10年を目安に塗装を行うことが推奨されています。

しかし、外壁の劣化状況や環境によって、最適なタイミングは異なります。

外壁が劣化すると、ひび割れや色あせなどが発生します。

さらに、雨水が浸入して建物の内部を腐食させる可能性もあります。

そのため、外壁の劣化が進行する前に塗装を行うことが大切です。

アパートの外壁塗装の最適なタイミングを知るためには、以下で紹介する点に注意しましょう。

外壁塗装の必要性が高まる10年サイクル

アパートは、人が生活するうえで欠かせない重要な資産です。

資産価値を維持するためにも、定期的なメンテナンスが必要になります。

特に外壁は、常に紫外線・雨風・排気ガスなどの影響を受け、10年程度で劣化が進みます。

外壁の劣化が進むと美観が悪化するだけでなく、防水性能の低下やひび割れなどの問題が発生します。

ひび割れから雨水が浸入すると、建物の内部構造まで損傷する恐れがあります。

また防水性能が低下すると、雨漏りや結露が発生し室内環境が悪化します。

外壁塗装は、これらの問題を防ぐために重要なメンテナンスです。

10年サイクルで外壁塗装を行うことで、美観を維持し防水性能を高め、建物の寿命を延ばすことができます。

外壁塗装の必要性が高まる10年サイクルを意識し、適切な時期にメンテナンスを行うことで、アパートの資産価値を維持することができます。

外壁劣化の兆候と塗装リフォームのサイン

アパートの寿命を延ばし、資産価値を向上させるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

その中でも、外壁塗装は重要なメンテナンスの一つです。

外壁の劣化は見た目だけでなく、建物の内部にも影響を及ぼすため、早めの対応が必要です。

外壁劣化の兆候としては、以下のような症状が挙げられます。

  • チョーキング現象
  • クラック(ひび割れ)
  • 浮き・剥がれ
  • 錆び、苔やカビの発生

これらの兆候が見られたら、塗装リフォームを検討する時期です。

塗装リフォームは建物の美観を回復させるだけでなく、外壁を保護し建物の寿命を延ばす効果もあります。

塗装リフォームのサインとしては、以下のタイミングを目安にすると良いでしょう。

  • 築10年を超えた
  • 前回の塗装から10年以上経過している

また、先述したような外壁に劣化の兆候が見られるなどが挙げられます。

塗装リフォームは建物の寿命を延ばし、資産価値を向上させるために重要なメンテナンスです。

外壁に劣化の兆候が見られたら、早めの塗装リフォームを検討しましょう。

引っ越し時期との兼ね合いを考えた塗装スケジュール

アパートの外壁塗装は、入居者に影響を与えないタイミングで行うことが大切です。

特に、引っ越しシーズンと重なる時期は避けるのがベストでしょう。

引っ越しシーズンは入退去が頻繁に行われるため、足場を組んだり塗料の臭いが発生したりすると、入居者の生活に支障をきたす恐れがあります。

引っ越しシーズンを避けた塗装スケジュールが一例です。

  • 4月~6月にかけて足場設置・高圧洗浄・下地補修
  • 7月~9月にかけて塗装作業
  • 10月~11月にかけて仕上げ後足場を解体

このスケジュールはあくまでも一例であり、実際は天候や業者との調整によって変動する可能性があるため、事前に確認しておくことが大切です。

また、入居者への告知も忘れずに行いましょう。

塗装工事の日程・内容・注意事項などを事前に周知することで、入居者の理解と協力を得ることができます。

アパート外壁塗装の注意点とポイント 

アパートの外壁塗装は、建物の外観を美しく維持し、防水機能を回復させるために必要なメンテナンスです。

しかし、費用がかさむため、できるだけ安く抑えたいと考える管理会社も多いでしょう。

入居者や近隣への適切な告知も重要です。

ここからはアパートの外壁塗装における注意点やポイントを解説します。

入居者や近隣への適切な告知の重要性

入居者や近隣住民への適切な告知は、アパート外壁塗装工事の円滑な進行のために重要です。

告知方法は、掲示板への張り紙・回覧板・手紙など、さまざまな方法があります。

可能な限り直接説明会を開催し、入居者や近隣住民から直接質問を受け付けることも有効です。

告知を怠ると、入居者や近隣住民からのクレームやトラブルを招きかねません。

告知を行うことで、入居者や近隣住民からの協力を得やすくなります。

足場設置のために一時的に車を移動してもらうことや、ベランダに物を置かないように協力してもらうなど、工事をスムーズに進めるために必要な協力をお願いすることができます。

屋根やベランダとの同時施工のメリット

アパートの外壁塗装にかかる費用は、減価償却費との関係で税務上のメリットをもたらす可能性があります。

減価償却とは、長期間にわたって使用される資産の価値を毎年費用として計上していく方法です。

アパートの外壁塗装は耐用年数が10年とされており、毎年その1/10を費用として計上することができます。

例えば外壁塗装に1,000万円かかった場合、毎年100万円を減価償却費として計上することができます。

これにより課税所得が減少し、節税効果が期待できます。

ただし減価償却費を計上するためには、一定の要件を満たす必要があります。

外壁塗装の場合は、以下の要件を満たす必要があります。

  • 塗装工事が完了していること
  • 塗装工事が適正な価格で行われていること
  • 塗装工事が耐用年数10年の資産として認められること

減価償却費を計上するには、税務申告時に減価償却費の明細書を添付する必要があります。

明細書には、塗装工事の請負契約書・領収書・耐用年数証明書などを添付する必要があります。
減価償却費は税務上のメリットをもたらすだけでなく、資金繰りの改善にも役立ちます。

外壁塗装は高額な費用がかかるため、減価償却費を計上することで、毎年の税金の支払いを軽減することができます。

また、減価償却費を計上することで、手元資金に余裕ができるため、他の事業への投資に活用することができます。

アパートの外壁塗装は、減価償却費との関係で税務上のメリットをもたらす可能性があります。

減価償却費を計上することで課税所得が減少し、節税効果が期待できます。

また、減価償却費を計上することで、資金繰りの改善にも役立ちます。

アパート外壁塗装の工程 

アパートの外壁塗装の工程は、大きく分けて以下の8つのステップに分けられます。

①足場の設置

外壁塗装を行う際には、安全性を確保するために足場の設置が必要です。

足場は、建物の形状や高さに合わせて設計・設置されます。

②高圧洗浄

足場の設置が完了したら、高圧洗浄機で外壁に付着している汚れやホコリなどを洗い流します。

高圧洗浄を行うことで、塗料の密着性を高めることができます。

③ケレン

高圧洗浄で汚れを落とした後は、ケレンと呼ばれる作業を行います。

ケレンとは、外壁の塗膜や浮き錆びなどを削り落とす作業のことです。

ケレンを行うことで、下地の強度を高め、塗料の密着性を向上させることができます。

④下地補修

ケレンを行った後は、下地補修を行います。

下地補修とは、外壁のひび割れや欠損などを補修する作業のことです。

下地補修を行うことで、外壁の防水性や耐久性を高めることができます。

⑤シーリング工事

下地補修が完了したら、シーリング工事を行います。

シーリング工事とは、外壁の目地やサッシ廻りにシーリング材を充填する作業のことです。

シーリング材は、外壁の隙間を塞ぎ、雨水の侵入を防ぐ役割を果たします。

⑥塗装

シーリング工事が完了したら、塗装を行います。

塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの3回に分けて行うのが一般的です。

下塗りとは、塗料の密着性を高めるために塗る塗料のことです。

中塗りとは、下塗りと上塗りの間を埋めるために塗る塗料のことです。

上塗りとは、最終仕上げとして塗る塗料のことです。

⑦養生撤去

塗装が完了したら、養生を撤去します。

養生とは、塗料が付着してほしくない部分にシートやテープを貼って保護する作業のことです。

⑧足場解体

養生を撤去したら、足場を解体します。足場は、建物の形状や高さに合わせて設計・設置されます。

これらの工程を順を追って行うことで、外壁塗装が完成します。

アパートの外壁塗装における工事業者の選び方

アパートの外壁塗装における工事業者の選び方のポイントをいくつか紹介します。

実績と経験が豊富な業者を選ぶ

外壁塗装は専門的な技術が必要なため、実績と経験が豊富な業者を選ぶことが重要です。

多くの施工実績があれば、仕上がりの品質やトラブルへの対応力も期待できます。

複数の業者から見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取ることで、価格や内容を比較することができます。

業者によって価格や工法が異なるため、自分に合った業者を選ぶことが大切です。

資格や保証を確認する

外壁塗装を行う業者には、国家資格である「塗装技能士」の資格を持っていることが望ましいです。

また、施工後に保証期間が設けられている業者を選ぶと安心です。

コミュニケーションが取りやすい業者を選ぶ

工事がスムーズに進められるように、コミュニケーションが取りやすい業者を選ぶことも重要です。

疑問点や不安点を気軽に相談できる業者を選びましょう。

アフターフォローが充実している業者を選ぶ

外壁塗装は、施工後もメンテナンスが必要です。

アフターフォローが充実している業者を選ぶことで、末永く建物の美観を維持することができます。

これらのポイントを参考に、信頼できる工事業者を選び、アパートの外壁塗装を成功させましょう。

外壁塗装工事の費用の節約方法も紹介

外壁塗装工事は高額になりがちですが、いくつかの方法で費用を抑えることができます。

複数の業者から見積もりを取って比較することで、お得な業者を選ぶことができます。

冬場や梅雨時など、閑散期に工事を依頼することで費用を抑えることも可能です。

高価な塗料ではなく、標準的な塗料を選択するのも一つの方法です。

DIYが得意な人は、足場設置や養生など、一部の作業を自分で行うことで費用を抑えることができます。

ただし、専門的な知識や技術が必要な作業は、業者に依頼することが重要です。

アパートの外壁塗装は、減価償却費の対象となります。

減価償却費を利用することで、税金面のメリットを得ることができます。

外壁塗装工事は、計画的に進めることで費用を抑えることができます。

上記の方法を参考に、お得な外壁塗装を実現しましょう。

まとめ

アパートの外壁塗装は、建物の美観を維持し、資産価値を向上させるために重要なメンテナンスです。

適切なタイミングで塗装を行うことで、建物の寿命を延ばし、将来的な修繕費を削減することができます。

アパートの外壁塗装の費用相場は、建物の規模・塗料の種類・施工業者によって異なりますが、一般的には1㎡あたり1,500〜3,500円程度が目安です。

塗装工事のタイミングは、築10年程度が目安とされており、外壁の劣化状況や塗料の種類によっても異なります。

適切なタイミングで塗装を行うことで、建物の美観を維持し、資産価値を向上させることができます。

塗装費用を安く抑えるためには、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。

また、時期によってはキャンペーンや割引が実施されている場合もあるので、事前に情報を収集しておくことも有効です。

アパートの外壁塗装を検討している場合は、これらの内容を活かして工事を成功させましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。