株式会社大浦屋

マンションの鉄部塗装工事の周期について解説!必要性や工事の流れも紹介

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

マンションの鉄部塗装工事の周期について解説!必要性や工事の流れも紹介

マンションの鉄部塗装工事の周期について解説!必要性や工事の流れも紹介

2024/06/20

マンションは、多くの住人が生活するために、さまざまな素材を使用して建築されています。

特に、鉄部はマンション内で広く使用されており、玄関の扉や枠・手すり・給水管・防火扉・駐輪場などの部分に見られます。

これらの鉄部を長期間良好な状態で維持するためには、定期的な塗装が必要です。

鉄部の塗装は頻繁に行うものではありませんが、定期的なメンテナンスが必要であり、適切な処置を怠るとさまざまなリスクが発生する可能性があります。

それは大規模修繕・中規模修繕・小規模修繕に関わらず、どのような工事でもいえることです。

そこでこの記事では、マンションの鉄部における塗装工事の適切な周期やその必要性、そして工事の流れなどについて詳しく解説します。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

鉄部とは?なぜ鉄部塗装工事が必要なの?

マンションにおける「鉄部」というと、どのような箇所にあたるのでしょうか。

鉄筋コンクリート構造の基礎部分は鉄製の鉄筋が使用されていますが、一般的に鉄部として含まれていません。

鉄部としては、以下のような部分が挙げられます。

  • エレベーターに使用されている扉や枠
  • 玄関に使用されている扉や枠
  • 鉄や鋼で作られていた外階段
  • 鉄製の駐輪場や駐車場
  • 鉄や鋼製の手すり
  • 非常階段の扉
  • 防火扉
  • 各家庭に飲料水を供給する役割を持つ給水管
  • 電気・水道・ガスなどの設備を収納したメーターボックス
  • 屋上や屋根に設置された避雷針
  • 消火栓設備を収納した消火栓ボックス


鉄部は、鉄または鋼で製造されたものをいいます。

これらの部品はほとんどが屋外に設置されており、風や雨などの自然要因にさらされやすいのが特徴です。

マンションが新築されたばかりの場合、鉄部は塗装が施されており、外観や機能には問題がありません。

しかし年月が経つにつれて風や雨などの影響を受けることで、鉄や鋼は色あせ・汚れ・塗膜の剥がれ・ひび割れなどの問題が生じることがあります。

また劣化した部分に雨水が浸入すると錆びが発生し、機能や耐久性が損なわれるだけでなく、外観にも影響を与えます。

機能や美観が失われてしまうとマンションの資産価値を低下させ、入居者の希望を減らす原因になってしまうでしょう。

そのため、マンションを良好な状態で維持するためには、定期的な鉄部の塗装が重要です。

鉄部の劣化を放置するリスク

マンションの外階段や玄関扉などで、色あせや塗膜浮きなどの症状が見られませんか。

そのような症状が発見された場合は、塗装工事を検討することをおすすめします。

鉄部の劣化を放置すると、以下のようなリスクが生じる可能性があるでしょう。

錆による機能性の低下

マンションの外階段や玄関扉などで、色あせや塗膜浮きなどの症状が見られませんか。

鉄部は雨や空気によって錆びやすくなり、その結果、機能性が低下します。

火災時に消火栓ボックスが開かないといった状況が発生すると、居住者の安全に影響する可能性も考えられるでしょう。

各箇所の機能を確実に維持するためには、定期的な塗装工事が重要です。

外観が損なわれる

新築時には鉄部に塗装が施されており、外観が美しく保たれています。

しかし年月が経つにつれて劣化が進行し、色あせが進んで見た目が損なわれる可能性があるでしょう。

定期的な塗装工事を怠ると建物の外観が悪化し、入居者や入居希望者に悪い印象を与え、資産価値が低下する恐れがあります。

居住者や希望者が居心地の良い環境を求めるためには、定期的な塗装工事が欠かせません。

鉄部の耐久性の低下

色あせや塗膜の浮きを放置すると、鉄部の耐久性が低下します。

鉄部は風や雨の影響を受けやすく、錆びが発生した箇所は進行して内部に広がります。

振動や接触によって鉄部の一部が剥がれ、劣化した状態になると安全性も損なわれてしまうため注意が必要です。

外観だけでなく、耐久性の問題が居住者に不安をもたらす可能性もあるでしょう。

また、鉄部の交換や修理には時間と費用がかかります。

コストを抑えつつ安全な環境を維持するためには、鉄部の定期的なメンテナンスが重要です。

鉄部が劣化する症状

マンションの鉄部が劣化するサインについて、どのようなものがあるかご存知じでしょうか。

劣化は段階的に進行するため、塗装工事を検討する際には建物の劣化状況を考慮する必要があります。

以下のような症状が現れる場合には、注意が必要です。

光沢の低下・色あせ

鉄部が劣化すると光沢が失われ、色あせが起こります。

劣化により塗膜表面に微細な凹凸が生じ、光の反射が均一でなくなるためです。

光沢の低下や色あせなどの症状が見られる目安は、前回の塗装工事から約3年経過した場合とされています。

塗膜の劣化

鉄部に触れてみた際、手に塗料の色がついた場合は塗膜の劣化が起こっています。

チョーキング現象は、塗料に含まれる樹脂が太陽の光や熱・雨水によって劣化し、塗料内の顔料が表面に浮き出ることで起こる症状です。

このような症状が現れる目安は、前回の塗装工事から約3〜5年と言われています。

クラックや剥離

鉄部の劣化が進むと、クラックや剥離が生じることがあります。

これらの症状は耐久性に影響を与えるため、注意が必要です。

前回の塗装工事から約7年経過した場合、これらの症状が現れる可能性があります。

鉄部塗装工事の周期目安

マンションの鉄部を良い状態に保つには、定期的な塗装工事が必要です。

しかし、適切な周期については多くの方が悩むところです。

一般的な目安としては、前回の工事から約3〜6年が目安とされています。

前回の工事から一定期間が経過し、劣化のサインが見られる場合は、塗装工事を検討してみましょう。

また、前回の工事から時間が経過していなくても、著しい劣化が見られる場合は専門業者に相談することが重要です。

日常的な点検を怠らず、劣化のサインを早めに把握しましょう。

定期的な点検により劣化の状況を把握し、迅速に対処することが可能です。

鉄部塗装工事の流れ

マンションの鉄部塗装工事は、どのような流れで進められていくのでしょうか。

工事を依頼する前に、流れを理解しておくことが大切です。

鉄部の塗装工事は、以下の流れに従って行われます。

  • ケレン

    サンドペーパーや専用の電動工具を使用して、古い塗膜や錆びを除去する作業です。

    この工程を、表面処理またはケレンと呼びます。

    ケレン後は、鉄部の表面を整えて塗料の密着性を高めます。

  • 養生

    塗装する箇所以外を保護するため、周囲をマスキングテープやビニールテープで覆って養生します。

    これにより、塗料の飛散や誤塗りを防ぎます。

  • 下塗り

    錆び止めの塗料を、鉄部に塗布します。

    この段階で鉄部の錆びを防ぎ、塗料の密着性を高めます。

    錆びの状況に応じて、油性・エポキシ樹脂・ウレタン樹脂などの種類を選択します。

  • 中塗りと上塗り

    下塗りが完全に乾燥したら、中塗りと上塗りを行います。

    中塗りは下塗りを保護し、上塗りを受ける下地を整える重要な工程です。

    最後に上塗りを行い、乾燥させれば作業完了です。

  • 住民が気をつけるポイントとは

    鉄部の塗装工事は、住民の了解や協力が得られなければ、進めることが困難な場合もあります。

    住民の理解を得るためには、以下の要点を考慮しておく必要があるでしょう。

    適切な換気

    鉄部の塗装工事では、さまざまな塗料が使われます。

    これらの塗料には特有のにおいがあり、十分な換気が必要です。

    そのため玄関の扉を塗装する場合は、室内を十分に通気させて行いましょう。

    また、外階段や消火栓ボックスなどの共有部分で塗装工事が予定されている場合は、工事の時間帯や場所を事前に把握しておくことが大切です。

    新しく塗られた箇所に触れない

    塗料されたばかりの箇所はまだ乾いておらず、触ると取れやすいです。

    触れると手に塗料がついてしまい、なかなか落とせないことがあります。

    また、歩いている際に塗られた部分がバッグや服に付着する可能性もあるため、触らないように心がけましょう。

    車両の養生を依頼する

    駐輪場や駐車場での塗装作業では、車やバイクなどの車両を汚すことを避けるために、養生が必要です。

    塗料が車両に付着すると取り除きにくくなるため、車両の保護をする必要があるでしょう。

    養生には専用のシートやビニールが使用され、これらを取り外すのに時間がかかります。

    そのため、外出時には養生を外す作業も考量して、ゆとりのある行動が望ましいでしょう。

    在宅待機

    玄関扉の塗装作業を行う際は、在宅待機が必要になる場合も多いです。

    その際は、事前に在宅可能な時間帯に関するアンケートが行われます。

    指定された時間に作業員が訪れるため、塗装が完了するまで家に滞在しておきましょう。

    もし指定された時間帯に外出してしまうと、工事の進行に支障をきたす可能性がありますので注意が必要です。

    また、玄関扉の塗装では周辺の物品を汚れから保護するために、移動が必要になることも考慮しましょう。

    まとめ

    今回ご紹介したマンションにおける鉄部塗装工事の周期や工事の流れなどについては、以下のとおりです。

    • マンションの鉄部は、外部階段や扉・手すりなどに使用され、風雨などの影響を強く受けやすい
    • 劣化が生じると外観や機能に問題が発生し、錆びによる機能低下や美観の損傷、耐久性の低下が起こる可能性がある
    • 劣化のサインには、光沢の低下・色あせ・チョーキング現象・クラックや剥離などがあり、定期的な点検が必要
    • 一般的な塗装工事の周期は、前回の工事から約3〜6年であり、劣化の状況や建物の状態に応じて検討されるべき
    • 塗装工事の流れは、古い塗膜や錆びを除去するケレン・塗装箇所以外を保護する養生・下塗り・中塗り・上塗りの順で行われる
    • 塗装工事の実施中は換気や塗料の取り扱いに注意し、車両の保護・在宅時の配慮など住民への協力と理解を求め、工事の円滑な進行と安全を確保する必要がある

    マンションでの生活において、鉄部は日常生活に欠かせない箇所であり、機能性を保つことが重要です。

    定期的なメンテナンスを適切に行い、安全で快適な環境を維持しましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。