株式会社大浦屋

マンションの大規模修繕工事は20年が目安?12年?周期と必要性を解説

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

マンションの大規模修繕工事は20年が目安?12年?周期と必要性を解説

マンションの大規模修繕工事は20年が目安?12年?周期と必要性を解説

2024/06/21

マンションの大規模修繕工事は、単に建物を維持するための作業ではありません。

居住者の安全と快適性を確保し、建物の美観を保ちながら、長期的な価値を守るために必要です。

しかし、多くのマンションオーナーや管理組合にとって、修繕工事の周期・必要性・かかる費用は気になるところです。

築10年、あるいは築20年が修繕の目安とされることが多いですが、実際のタイミングは建物の状態・環境・使用状況によって異なります。

そこで本記事では、マンションの大規模修繕工事の周期と必要性について詳しく解説し、適切なタイミングと計画の立て方、さらには業者選定の方法までを掘り下げていきます。

綿密に修繕計画を立てばマンションの長期的な価値を守り、居住者の満足度を高められますので、内容をぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

マンション大規模修繕工事はなぜ必要なのか?

マンションの大規模修繕工事は、建物の寿命を延ばしながら、居住者の安全と快適さを確保するものです。

定期的な修繕で老朽化による損傷を防ぎ、美観を保ちながら節電効率の向上や最新の安全基準への更新をします。

これによってマンションの価値を維持し、長期にわたる居住者の満足度を高めることができます。

また住む人々の日々の生活を豊かにし、建物の将来的な価値を守ります。

マンション維持に欠かせないメンテナンス

マンションを維持するためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。

日々の生活の中で見過ごされがちな小さな修繕から、建物の寿命を左右する大規模な修繕まで、メンテナンスは多岐にわたります。

日常的なメンテナンスとしては、共有部分の清掃・ゴミ収集所の管理・設備の点検などが挙げられます。

住民の協力も必要とされる場合が多く、マンションの管理組合が中心となって行われることが一般的です。

一方で長期的なメンテナンスには、外壁や屋根の塗り替え・エレベーターの更新・防水工事などが含まれます。

これらは専門的な知識と技術を要するため、信頼できる業者に依頼することが重要です。

また建物の状態に関わる工事は大きな費用がかかるため、修繕積立金の適切な管理が求められます。

しっかり管理できている状態を維持できれば、何十年も住民の安全を守りながら資産価値を維持できるでしょう。

マンションの大規模修繕工事にかかる費用

マンションの大規模修繕工事の費用は、多くのマンションオーナーや管理組合にとって大きな関心事となります。

一般的に修繕工事の費用は、マンションの規模・立地・建物の状態・選択される材料や工法によって大きく異なりますが、いくつかの目安を以下に示します。

  • 初回の修繕工事
    一戸あたり約100万円が見込まれます。
    これは、建物の基本的なメンテナンスと小さな補修を含むためです。
  • 2回目の修繕工事
    一戸あたり約120万円ほどで、築年数の経過と共に補修箇所が増えるため、費用も増加します。
  • 3回目の修繕工事
    初回や二回目と比べると費用が上がる可能性がありますが、必要最低限の工事に抑えればコストを下げることも可能です。

災害対策として、台風や地震への備えには追加費用が必要で、1平方メートルあたり約200円がかかります。

修繕費用は、修繕積立金から支払われることが一般的で、長期修繕計画に基づいて適切な額を積み立てることが重要です。

新築時には建設会社が積立金を設定しますが、入居後は管理組合が適切な額に見直す必要があります。

資金不足の場合は、住民からの一時金や金融機関からの借入れに頼ることもあります。

工事費用が高額になる理由

近年では工事費用が高額になケースもあり、その理由は人件費の高騰と建築部材の入手困難にあります。

国内の労働人口の減少と社会情勢の変化が影響しており、今後も工事費用の上昇が予想されます。

そのため、早めの修繕工事が賢明な選択と言えるでしょう。

修繕工事の計画を立てる際には、これらの目安を念頭に置き、専門家の意見を取り入れながら、最適な計画を立てることが大切です。

マンションの大規模修繕工事をするタイミング

マンションの大規模修繕工事が必要なのが分かっていても、いつを目安に行えば良いのでしょうか?

適切なタイミングについて、解説します。

一般的に、マンションの大規模修繕工事は、築10年を目安に初めて検討されることが多いです。

この時期には、外壁の塗装・防水性の確認・共有部分の設備の老朽化が見られ始めるためです。

次に築20年を迎える頃には、2回目の修繕が行われることが一般的です。

ここでの工事は、さらに詳細な点検とより大規模な補修が必要になります。

また、マンションの使用状況や環境によっても、修繕のタイミングは変わってきます。

例えば、海辺に近い場所にあるマンションでは、塩害による劣化が早まる可能性があるため、より頻繁なメンテナンスが必要です。

対して内陸部で気候が穏やかな地域では、修繕の間隔が長くなることもあります。

重要なのは、定期的な点検を行い、必要に応じて適切なタイミングで修繕工事を実施することです。

管理組合は、専門家と協力して長期修繕計画を立て、建物の状態を常にチェックする必要があります。

しっかり点検を行うことで予期せぬ大きなトラブルを避け、コストを抑えつつ、マンションの価値を維持することができます。

マンションの大規模修繕工事をするタイミングは、単に年数だけで決めるのではなく、建物の実際の状態と将来の計画を考慮して決定することが大切です。

築20年を目安に行うマンション大規模修繕の注意点

築20年を迎えるマンションでは、2回目の大規模修繕が重要なタイミングです。

この時期には、建物の構造的な問題やデザイン性の低下に対処する必要があります。

以下では、修繕計画を立てる際の主要なポイントを挙げます。

工事の優先順位の決定

2回目の修繕では、1回目よりも多くの箇所に手を加える必要があります。
しかし、予算の制約から全てを同時に行うわけにはいきません。
そのため、建物診断を行い、最も緊急性の高い修繕箇所を特定し、優先順位を決めることが重要です。

予算の見直しと計画

予算は修繕工事の範囲を決定するうえで重要です。
1回目の修繕で得られた経験を活かし、2回目の予算を適切に見直すことが求められます。
場合によっては1回目の予算を抑えて、2回目により多くの資金を割り当てる戦略も有効です。

デザインのアップデート

築20年の経過とともに、マンションの外観は時代遅れになる可能性があります。
修繕を機に外壁の色を変更したりタイルのデザインを一新したりすることで、建物の魅力を高めながら資産価値を向上させることができます。

住民のニーズへの配慮

住民のニーズに応じた修繕は、マンションの居住性を高めるうえで不可欠です。
高齢化に伴うバリアフリー化の実施は住みやすさを向上させるだけでなく、新たな入居者を惹きつけて、マンションの価値を高める効果があります。

これらのポイントを踏まえ、長期的な視点で修繕計画を立てながらマンションの価値を維持することで、快適な居住空間を提供することが大切です。

マンション大規模修繕工事の業者選定方法

マンションの大規模修繕工事は、建物の寿命を延ばし、住み心地を良く保つために必要なものです。

しかし、適切な業者を選定することは、工事の成功にとって非常に重要です。

以下に、業者選定の際のポイントをいくつか挙げてみましょう。

実績と評判の確認

業者選定の最初のステップは、その業者の過去の実績と評判を確認することです。
完成したプロジェクトの写真をはじめ、以前施工を担当したクライアントからの推薦状などを参考にしましょう。
また、インターネット上のレビューや評価も有用な情報源です。

見積もりの比較

複数の業者から見積もりを取り、内容と価格を比較します。
ただし安さだけではなく、提案される工事の内容や使用される材料の質も考慮する必要があります。

コミュニケーション能力

業者とのコミュニケーションは、工事中のトラブルを避けるために重要です。
業者が質問に対して明確に答え、不明点を解消できるかどうかを確認しましょう。

アフターサービスの充実

工事完了後のアフターサービスは、重要なポイントです。
保証期間の長さや、迅速な対応をしてくれるかどうかを確認しましょう。

契約内容の明確化

契約を結ぶ前に、工事の範囲・スケジュール・支払い条件など、すべての契約内容を明確にしておくことが重要です。
不明瞭な点は、事前に解消しておきましょう。

専門家の意見を参考にする

最終的な業者選定にあたっては、建築士や不動産専門家などの意見を参考にすると良いでしょう。
専門的な視点から、適切な業者を選ぶ助けになります。

これらのポイントを踏まえ、業者選定を行うことで、マンションの大規模修繕工事を成功に導くことができます。

適切な業者を選ぶことは、工事の品質を保証し、長期的な建物価値の維持につながります。

まとめ

  • マンションの大規模修繕工事は、建物の寿命を延ばし、居住者の安全と快適さを確保するために必要
  • 定期的な修繕によって老朽化を防ぎ、美観を保ちながら最新の安全基準への更新を行う
  • 修繕工事の費用は、マンションの規模・立地・建物の状態によって異なり、築20年を目安に初めて検討されることが多い
  • 修繕計画を立てる際には、業者選定や予算の見直しなどのポイントを考慮して最適な計画を立てることが重要
  • マンションの大規模修繕工事を成功させるためには、適切な業者の選定が欠かせず、実績や評判・見積もりの比較・コミュニケーション能力・アフターサービスの充実などを考慮して選ぶことが重要

適切な計画を立てることで、マンションの大規模修繕を効率的かつコストを抑えながら進めることができます。

専門性の高い内容も多いため、専門家の意見を取り入れながら最適なタイミングで実施しましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。