株式会社大浦屋

マンションの大規模修繕とは?外壁タイルの工事の流れとは?

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

マンションの大規模修繕とは?外壁タイルの工事の流れとは?

マンションの大規模修繕とは?外壁タイルの工事の流れとは?

2024/06/21

マンションの大規模修繕をお考えの前に、大規模修繕とは?外壁タイルの工事の流れとは?と疑問に思う方はいませんか?

マンションとなると非常に大掛かりになる工事となりがちで、さらに組合などもあるのでいくつかの注意点もあります。

今回はそんな大規模修繕について解説します。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

マンションの大規模修繕と外壁タイルの役割

マンションの大規模修繕では、外壁タイルの役割が非常に重要です。外壁タイルは、マンションの美観を保つだけでなく、建物を気候の影響から守るバリアの役割を果たします。

適切なタイルの選択とメンテナンスは、長期的な建物の保全に不可欠であり、住民の快適性と安全性を確保する上で重要な要素です。

外壁タイルの劣化サイン

外壁タイルの劣化サインには、ひび割れ、剥がれ、色褪せなどがあります。これらのサインは、タイルの下地や接着剤の問題、または建物の構造的な問題を示唆している可能性があります。早期発見と対応は、より大きな損傷や修繕費用の増加を防ぐために重要です。

劣化に対する補修方法

劣化した外壁タイルの補修方法には、タイルの交換、目地の再充填、クラック(ひび)の封じ込めなどがあります。適切な方法は、劣化の程度と原因によって異なります。専門の業者による評価が、最も効果的な補修方法を決定する上で不可欠です。

外壁タイルの劣化がマンションの価値に与える影響

外壁タイルの劣化は、マンションの外観だけでなく、全体的な価値にも影響を与えます。美観の低下は、印象を悪化させ、将来的な販売価値や賃貸価値に悪影響を及ぼす可能性があります。定期的なメンテナンスと適時の修繕は、マンションの価値を維持するために重要です。

マンション外壁タイル補修工法の紹介

マンションの外壁タイル補修には、様々な工法があります。例えば、インジェクション工法は、ひび割れや空洞に樹脂を注入して修復する方法です。また、オーバーレイ工法では、新しいタイルを既存のタイルの上に直接貼り付けることで、外壁を新しく見せることができます。

インジェクション工法

インジェクション工法は、建物のひび割れや空洞に特殊な樹脂やセメント系の充填材を注入する補修方法です。この工法は、主にコンクリート構造物の補強や防水、ひび割れの修復に用いられます。インジェクション工法の大きなメリットは、構造体を壊すことなく内部から補修が可能である点にあります。これにより、迅速かつ効果的に構造体の耐久性を回復させることができます。しかし、注入する材料の選定や注入圧の管理が重要であり、専門的な技術と経験が必要とされるデメリットもあります。

オーバーレイ工法

オーバーレイ工法は、既存の床や壁に新しい材料を重ねて貼り付けることにより、表面を新しくする工法です。この方法は、タイルやフローリングの補修、外壁のリニューアルなどに用いられます。オーバーレイ工法のメリットは、大掛かりな解体作業を必要とせず、比較的短時間で見た目を一新できる点にあります。また、防音や断熱性の向上など、追加の機能を付与することも可能です。ただし、下地の状態によっては適用できない場合があり、重量の増加による構造への影響も考慮する必要があるデメリットがあります。

マンションの大規模修繕の費用や相場は?

マンションの大規模修繕費用は、プロジェクトの規模、使用する材料、工法によって大きく異なります。一般的に、外壁タイルの補修や交換は1平方メートルあたり1,000円前後となります。

マンション一戸あたりに換算すると100万円〜と考えておくと良いでしょう

大規模修繕となると高額になりがちなので事前の見積もりと計画により、予算内で最適な修繕を行うことを考えておきましょう。

マンションの大規模修繕時の注意点

ここではマンションの大規模修繕時の注意点を紹介します。

管理組合でのトラブル

マンションの場合管理組合が存在します、マンション所有者から「修繕委員会」を立ち上げ管理組合の中の代表者によって5人〜10人程度の委員を選出して進めていきます。

その際にマンション居住者への安全対策や周知連絡などを行っていきますが、そういった面をしっかり対応していないと後でトラブルになる可能性があります。

大規模補修となると時間もかかり、長期間工事が行われる中での生活になるので、しっかりとした事前周知を行いましょう。

予算以上に金額が増える可能性

実際に見積もりを取り、工事となっても見積もり金額よりも金額が増えることもあります。作業開始後に表面上ではわからない不具合が見つかった場合などには想定の金額よりオーバーする可能性があります。

建物診断をしっかり行い、予算に余裕を持って工事を依頼しましょう。

マンションの外壁タイル大規模修繕時流れ

外壁の調査・見積もり

まず劣化の程度、必要な修繕作業およびその範囲調査を行います。

結果に基づき、修繕に必要な作業内容、材料、工期、そして予算の見積もりが作成されます。この見積もりは、修繕計画の策定と予算承認の基礎となるので重要となるのでしっかり確認が必要になります。

仮設工事

仮設工事は、安全な作業環境を確保するため最初に行われます。

作業員の安全を守るための足場の設置や、修繕作業中の住民や通行人を保護するための仮囲いが行われ通行人やマンション居住者への安全への対処が行われます。

下地処理

下地処理は、外壁の状態を詳細に調査し清掃や補修を行う工程です。

この段階での丁寧な作業は、後続のタイル補修や塗装工事の品質を左右します。下地の安定化により、修繕後の外壁が長期間にわたってその性能を維持できるようになります。

タイル補修

タイル補修では、破損したタイルの交換や、浮き上がったタイルの再固定が行われます。また、タイル間の目地の補修も重要で、これにより外壁の防水性と美観が向上します。タイル補修は、外壁の耐久性を高め、建物全体の価値を保持するために重要な工程です。

塗装、防水工事

タイル補修後、外壁全体に防水塗料を塗布することで、防水層を形成します。この塗装や防水工事は、建物を雨水の侵入から守り、外壁の耐候性を高めるために行われます。また、この工程では建物の外観も一新され、美観が向上します。

仕上がりの検査、チェック

全ての修繕工程が完了した後、仕上がりの品質がチェックされます。この検査により、工事の品質が保証され、必要に応じて追加の修正が行われます。最終的な検査を通じて、マンションの大規模修繕プロジェクトが完了します。

まとめ

マンションの大規模修繕は、建物の長期的な価値と住民の快適性を保つために不可欠です。

特に外壁タイルの適切なメンテナンスと補修は、マンションの美観と機能性を維持する上で重要な役割を果たします。適切な業者の選定と計画的な修繕が、成功への鍵となります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。