株式会社大浦屋

パルコンを使った防水工事の費用を解説 | 相場や依頼先を選ぶ基準は?

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

パルコンを使った防水工事の費用を解説 | 相場や依頼先を選ぶ基準は?

パルコンを使った防水工事の費用を解説 | 相場や依頼先を選ぶ基準は?

2024/06/21

建物の防水対策は、長期的な耐久性と健康的な居住環境を維持するために非常に重要です。

その中でも注目を集めているのが、優れた防水性能と耐久性を持つパルコンを使った防水工事です。

しかし、パルコンを使った防水工事には一定の費用がかかります。

また、適切な業者を選ぶことも工事の成功に欠かせません。

本記事では、パルコンの防水工事に関する費用相場や依頼先を選ぶ際のポイントについて、詳しく解説します。

建物の防水対策を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

防水工事を行う必要性

建物や住宅の耐久性を高めるために、防水工事は欠かせません。

特に屋根・外壁・バスルームなどの湿気の多い場所では、適切な防水対策が必要です。

以下では、防水工事の重要性を詳しく説明します。

長寿命を保つため

防水工事は、建物の寿命を延ばすために不可欠です。

雨水や湿気が建物内部に浸入すると、木材やコンクリートが腐食して建物の強度が低下します。

そこで防水処理を施すことで、建物の耐久性を向上させ、長期間にわたって使用できるようになります。

健康と快適さを保つため

湿気の多い場所では、カビや菌の繁殖が進みやすくなります。

防水工事を行うことで室内の湿度を適切に管理し、健康的な環境を維持できます。

また、防水処理をすれば冷暖房効率も向上し、快適な居住空間を実現できます。

財産価値を守るため

建物の外観や構造は、そのまま財産価値に影響を与えます。

防水工事を怠ると、外壁や屋根の劣化が進んで建物の見た目が損なわれます。

定期的な防水メンテナンスを行うことで、建物の美観を保ち、財産価値を守ることができます。

防水工事は、建物の健康と耐久性を保つために必要な作業です。

適切な防水対策を施すことで、より快適な生活環境を維持できます。

パルコンを使った防水工事の費用相場

パルコンは優れた防水性能と耐久性を持つ材料として、近年注目されています。

しかし、長期的な使用によっては防水工事が必要になる場合があります。

特に屋上やバルコニーなど、水の影響を受けやすい箇所は定期的な点検と補修が重要です。

パルコンの防水工事費用の決め手となる3つのポイント

パルコンの防水工事費用は、以下の3つの要因によって大きく変動します。

建物の築年数

築年数が長いほど、防水層の劣化が進行しており、費用が高くなります。

施工範囲の広さ

屋上のみの工事なのか、バルコニーも含むのかで費用が変わります。

耐熱ブロックの取り扱い

既存の耐熱ブロックを再利用できるかどうかで、費用が大きく変わってきます。

防水工事費用の相場

パルコンの防水工事は、建物の耐久性を保つ上で不可欠な要素です。

しかしその費用相場については、下記のようなさまざまな要因が影響します。

足場の設置

防水工事を行う場所によって、足場の種類や高さ・設置期間などの要因により費用が異なります。

一般的に、足場の設置費用が工事費用の約30%を占めることがあります。

一般的な戸建て住宅であれば、15〜20万円程度が相場と言えるでしょう。

屋根の状態

屋根の面積や素材・状態によって、工事費用が大きく異なります。

また既存の資材をそのまま使用するか、廃棄するかによっても大きく費用が異なるでしょう。

廃棄する場合は、廃棄する費用も必要です。

外壁の状態

外壁の素材や面積、クラックやひび割れの有無により費用が異なります。

特に、事前に外壁の修復や補修が必要になる場合は、費用が増加する傾向があります。

パルコンのメンテナンス周期

パルコンは、建築物の防水性能を高める優れた材料として近年注目されています。

高い耐久性と長期的な防水性能を誇る一方で、適切なメンテナンスを定期的に行うことが重要です。

では、パルコンを使った建物の場合、どのようなメンテナンス周期が望ましいのでしょうか。

適切なメンテナンスを行うことで、パルコンの性能を最大限に発揮し、建物の長寿命化につなげることができます。

屋上・バルコニーの防水層

屋上やバルコニーなど、水のかかる箇所は特に注意が必要です。

パルコンの防水層は通常10年程度の耐用年数があるとされていますが、環境条件によっては早期に劣化が進行する可能性があります。

そのため、少なくとも3〜5年に1回の定期的な点検と補修が望ましいでしょう。

目視による外観チェックに加え、漏水テストなどで防水性能を確認し、必要に応じて補修work を行います。

壁面・室内の防水

一方、壁面や室内の防水については、目視による点検を年1回程度行うことをおすすめします。

パルコンは高い防水性を発揮しますが、経年劣化により浸水被害が生じる可能性もあります。

特に、浴室やサービスルームなど湿気の多い空間は注意が必要です。

パルコンの表面状態の確認と、壁面や床の漏水チェックを行い、異常が認められれば速やかに補修を行いましょう。

建物全体のメンテナンス

建物全体としては、5年に1回程度の定期点検を行うことをおすすめします。

屋上、外壁、室内の各所について、専門業者による詳細な診断を受けましょう。

この定期診断では、パルコンの性能劣化状況の確認だけでなく、建物全体の構造や設備の状態評価も行われます。

診断結果に基づき、計画的な改修工事や修繕を実施することで、長期的な建物の健全性を維持できます。


パルコンの特性を活かし、建物の長寿命化を図るためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

適切なタイミングで必要な補修を行うことで、パルコンの高い性能を長期にわたって発揮し、建物の価値を守り続けることができます。

パルコンの防水工事を行う場合の依頼先

パルコンは優れた防水性能と耐久性を持つ建材として、近年注目を集めています。

ただし、長期的な使用によって防水層の劣化が進み、定期的な補修が必要になるケースもあります。

では、パルコンの防水工事を依頼する際はどのような業者を選べば良いでしょうか。

高品質な工事を適切な価格で行ってくれる業者を見つけるため、おすすめの依頼先をご紹介します。

大成建設ハウジング

大手建設会社の大成建設はパルコンの取り扱い元でもあるため、取り扱いに長けています。

また以下のような点からも、おすすめと言えます。

  • 豊富な施工実績を持つ
  • 高度な技術力と、アフターサービスの充実が評価されている
  • 大手ならではの安心感と信頼性がある

協会加盟業者

全国屋根・防水施工協会をはじめ、業界団体に加盟する業者を選ぶのも良いでしょう。

  • 協会の技術認定を受けており、確かな施工力を持っている
  • 業界内での評価も高く、アフターサポートも手厚い
  • 協会を通じた情報共有により、最新のノウハウを持っている

リフォーム業者・塗装業者

地域密着型のリフォーム業者や塗装業者にも依頼できます。

  • パルコンの施工に加え、既存の防水層の診断も行ってくれる
  • 地域に根付いた迅速なサポート体制が魅力
  • 比較的リーズナブルな価格設定が期待できる

建物の防水性能は建物の寿命に直結する重要な要素です。

パルコンを活用し、長期的な視点で建物の維持管理を行うことが大切です。

適切な業者に依頼して、パルコンの性能を最大限に発揮させましょう。

パルコンの防水工事を業者に依頼する場合のポイント

パルコンの防水工事は、建物の寿命を延ばし、快適な居住環境を維持するために非常に重要です。

しかし、適切な業者を選ぶことは、工事の成功にとって決定的な要素となります。

では、パルコンの防水工事を業者に依頼する際、どのようなポイントに注意すべきでしょうか。

以下に、業者選びの際の重要なポイントをご紹介します。

施工実績の確認

業者を選ぶ際には、パルコンの施工実績があるかどうかを確認することが重要です。

特に、屋上部分の工事に関しては高い技術と経験が必要とされています。

実際の施工事例や過去のプロジェクトについて、業者に問い合わせて確認しましょう。

施工実績が豊富で、パルコンの特性を熟知した業者を選ぶことが肝心です。

耐熱ブロックの取り扱い

パルコンの防水工事では、耐熱ブロックの取り扱いが重要なポイントになります。

業者によってはブロック周りだけの防水工事を行う場合や、ブロックを剥がして再利用する場合など、対応が異なります。

この取り扱い方によって、工事費用も大きく変わってくるため、事前に確認が必要です。

ブロックを適切に扱える業者を選ぶことで、無駄な費用がかからず、効率的な工事が期待できます。

費用相場の理解

パルコンの防水工事の費用相場を事前に把握しておくことも重要です。

例えば、築30年のパルコン住宅でウレタン防水工事を行った場合、約220万円の費用がかかることがあります。

業者に見積もりを依頼する際は、このような相場を参考にして適正な価格であるかを判断しましょう。

相場を把握することで、必要以上の金額を請求される可能性を避けられます。

保証やアフターサービスの確認

工事後の保証やアフターサービスの有無も、業者選びの重要なポイントです。

防水工事は長期にわたる保証が求められることが多いため、業者がどのような保証を提供しているのか、また万が一のトラブルに対する対応はどうかを確認しておきましょう。

アフターサービスが手厚い業者を選ぶことで、長期的な建物の維持管理が期待できます。

口コミや評判のチェック

インターネット上の口コミや評判は、業者選びの参考になります。

他の顧客の経験談から、業者の信頼性や対応の良さを判断できます。

ただし、情報の真偽を見極めるために、複数の情報源を確認することが重要です。

偏った情報に惑わされることなく、客観的な判断ができるよう心がけましょう。

見積もりの比較

複数の業者から見積もりを取り比較検討することは、適切な業者選びには欠かせません。

見積もりを比較することで、工事内容・費用・工期などの違いを明確にし、自分のニーズに最も合った業者を選ぶことができます。

直接コミュニケーションをとる

可能であれば、業者と直接コミュニケーションを取ることをおすすめします。

メールや電話だけでなく、実際に業者の担当者と面談し、工事の詳細や自分の要望を直接伝えることで、より良い結果につながります。

パルコンの防水工事は建物の寿命に直結します。

適切な業者を見つけ、長期的な視点で建物の維持管理を行うことが大切です。

上記のポイントを踏まえて、最適な業者選びを行いましょう。

まとめ

  • 防水工事は、建物や住宅の耐久性向上のために必要であり、建物の寿命延長・健康維持・財産価値保護に関連する
  • パルコンを使った防水工事の費用は、築年数・施工範囲の広さ・耐熱ブロックの取り扱い次第で変化する
  • パルコンのメンテナンス周期は、屋上・バルコニーの防水層だと3~5年に1回の点検と補修が望ましい
  • 壁面や室内の防水であれば、年1回程度の点検が推奨
  • 建物全体のメンテナンスでは、5年に1回の定期診断が必要
  • パルコンの防水工事を業者に依頼する場合、施工実績の確認・耐熱ブロックの取り扱いや費用相場の理解・保証やアフターサービスの有無・口コミや評判のチェック・複数業者の見積もり比較・直接的なコミュニケーションなどがポイント

パルコンを使用した防水工事は、適切な施工によって快適な建物の環境を守るのに大きく貢献します。

築年数や状態によって相場は異なるため、事前にしっかり確認しながら信頼できる会社へ依頼しましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。