下地補修 ”浮き” 修繕工事

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

下地補修 ”浮き” 修繕工事

下地補修 ”浮き” 修繕工事

2021/03/14

浮きとは躯体からタイルなど外壁が浮いて隙間ができていることを言います。目視ではわかりづらいため打診棒で音を確認します。
現在のコンクリート打ち放し工法では型枠の精度もよく、不陸調整のための厚いモルタル塗り仕上げはありませんが、実際には寸法を調整したりするため
薄いモルタルが塗ってあり部分的に浮きが発生します。外壁がタイルの場合もタイルが浮いていることが多く落下する危険性もあります。
また、バルコニーや開放廊下の床面・RC階段の踊場などにも勾配調整のためモルタルが塗られているため、経年の劣化により床面に浮きが生じやすくなります。
手摺壁の天端もモルタルで成型されている事が多く、浮きが発生して天井や軒天と同様に落下の可能性もでてきます。
浮いているまま放置をしていると落下の危険性や塗膜が剥がれ見た目が悪くなります。また塗膜が剥がれると浸水する可能性もでてきます。
そのため浮き部に対しドリルで穴をあけ、その隙間にエポキシ樹脂を注入し且つ、ステンレス製のピンを注入した穴に入れ、浮き面積の拡大を阻止します。また、
大面積の剥落を防止する工法で、一般的には16本/㎡で指定部分では25本/㎡とし、狭幅部では幅中央に200ピッチとなっています。
開放廊下やバルコニーの床面は落下などの危険性は余りないため、一般的にはピンなしの工法が主流です。
外壁塗装をされる際は是非下地もご確認ください。打診棒で軽くたたいたりすると、浮いている部分は音が高くなります。
塗装の耐久性をよくするためには下地補修は非常に大切な工事となります。

弊社は材料の問屋をしておりますが、その強みをお客様に還元するため自社での施工もしております。
そのため、他社よりも材料費が安く抑えられます。また自社の職人による工事をしているため、
大手のように下請け業者に対しての中間マージンも無く他社よりもお安くできる自信があります。
弊社は墨田区に事務所がありますが、関東を中心に全国に対応しております。

防水や塗装の修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!
☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆
現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。
まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。