株式会社大浦屋

総会で大規模修繕を決める方法は?普通決議と特別決議の違いも解説

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

総会で大規模修繕を決める方法は?普通決議と特別決議の違いも解説

総会で大規模修繕を決める方法は?普通決議と特別決議の違いも解説

2024/06/19

マンションの管理組合において大規模修繕を行う際、その決定は区分所有法に基づき総会において行われます。

総会では、一般的に普通決議と特別決議の2つの方法が用いられ、それぞれ異なるプロセスや要件が存在します。

今回の記事では、マンションにおける総会の種類や決議の種類・議決権とはどのようなものかについて解説します。

「初めての総会でどのようなことが行われるのか知っておきたい」「これからマンションの総会を控えている」という方は、ぜひお役立てください。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

マンションの大規模修繕は総会で決まる

マンションにおける大規模修繕は、組合員が一堂に会する総会において決定されます。

これは、共有施設や共有部分に関わる大規模な修繕工事が、建物だけでなく組合員全体に影響を及ぼすためです。

この決定プロセスには、いくつかの重要なステップが存在します。

まず、大規模修繕の必要性が浮上した際、理事会や管理会社などが組合員に対して情報提供を行います。

この段階では、修繕が必要な理由や予算の概要、工事の内容などが詳細に説明されます。組合員はこれらの情報を基に検討を進め、質問や疑問点を解消するための機会も与えられます。

次に総会が招集され、大規模修繕に関する提案が議題として取り上げられます。総会では、組合員が提案に対して賛成・反対・棄権などの意思を表明し、これに基づいて議決が行われます。

特に大規模修繕の場合、通常の普通決議ではなく特別決議が必要なケースもあります。

特別決議では出席者の3分の2以上の賛成が必要で、より厳格な合意形成が求められます。

組合員が修繕計画に十分に理解し、議論を通じて慎重な決定を下すことにより、共有部分の資産価値や住環境を守り、マンション全体の発展に寄与できるでしょう。

区分所有法とは?

区分所有法は、日本の不動産に関する法律のひとつであり、共同住宅やマンションなどの複数の所有者が同じ建物や敷地を共有する際に適用されます。

この法律は、1974年に施行され、それ以前の法律である共有名義法を置き換える形で導入されました。

区分所有法は、主に共同住宅における管理や運営・権利の整理を明確にするために作られました。

具体的には、建物や敷地を各戸ごとに区分し、各区分ごとに所有者が法的に所有権を持つ仕組みです。

これにより、各戸の所有者が建物や敷地に関する権利と責任を明確に把握しやすくなります。

区分所有法に基づく共同住宅の運営は、組合と呼ばれる組織を通じて行われます。

組合は、共有施設や共有部分に関する管理や維持・修繕などの事務を取り決め、組合員全体の協力によって円滑に進められます。

また定期的に総会が開催し、重要な事項については組合員の合意を得ることが求められます。

区分所有法は、不動産共有に伴う権利や責任を明確に規定することで、運営を効果的かつ公正に行うための法的な基盤であると言えるでしょう。

マンションで行われる総会の種類

マンションにおいては、通常総会と臨時総会の2つの総会が行われます。それぞれの内容について以下でご紹介します。

通常総会

通常総会は毎年定期的に行われ、予算の承認や理事の選出など、日常的な内容に関する議題が取り扱われます。

一般的な規約では、管理組合の会計年度開始後2ヶ月以内に行うこととなっています。

しかし、大規模修繕のような重要かつ費用のかかる事業については、通常総会ではなく特別決議が必要とされます。

また議案をまとめた総会議案書を作成し、内容について議論することで、より満足度の高い総会運営につながるでしょう。

臨時総会

臨時総会は、通常総会以外のタイミングで開催され、緊急や予定外の重要事項に対処するために開催されます。

大規模修繕の決定も、通常総会が行われていない期間や緊急を要する場合には臨時総会で行われることがあります。

総会における修繕の決定は、普通決議や特別決議を通じて行われます。

臨時総会が必要なケースとは?

マンション組合において、総会が必要となるケースはいくつか存在します。以下に主な3つをご紹介します。

緊急の修繕や安全上の問題が発生した場合

例えば、急な建物の損傷や設備の故障など、住民全体にとって危険や支障をきたす可能性がある状況が発生した場合、速やかな対応が求められます。臨時総会はこうした緊急事態に対処するための迅速な決定と行動の場となります。

計画外の大規模修繕や投資が必要な場合

通常の総会では審議が難しいような、急務かつ予測不可能な修繕プロジェクトや資金調達に関する提案がある場合、臨時総会が必要となります。

これにより、組合員全体が共有施設や共有部分の資産価値を守り、持続可能な住環境を維持するための合意を形成することができます。

法的な変更や重要な契約に対処する必要がある場合

法改正や重要な契約の締結など、予期せぬ法的な変更が生じた場合、これに対処するための合意形成は急務です。

臨時総会はそのような事態に対応するためにも開催され、住民の安全と生活環境の維持に寄与します。

マンションで行われる総会での決議方法

マンション共有部分に関する重要な決定は、組合員全体が参加する総会で行われます。

共有部分とは、共同で管理される施設やエリア、例えばエントランスやエレベーター、屋上などを指します。

これらの共有部分に対する修繕や改修、新たな設備の導入などには、組合員の合意が必要であり、そのためには適切な決議方法が選択されます。

共有部分の決議方法の選択は、マンション共同体の健全な運営と組合員の信頼を築くうえで重要です。

透明性と参加の促進が図られ、組合員全体が共有部分に対する方針や計画に関与できるような仕組みが整えられることで、共同生活の質の向上が期待できるでしょう。

普通決議

普通決議は、通常の総会で取り扱われる一般的な案件に対する決定方法です。

例えば、予算の承認や理事の選出などが普通決議によって行われます。

これには出席者の半数以上の賛成が必要であり、通常の総会での合意形成に利用されます。

特別決議

特別決議は、より重要でかつ影響の大きな事項に対する決定方法です。

大規模修繕の決定も特別決議を通じて行われます。通常決議よりも厳しい条件が課せられ、出席者の3分の2以上の賛成が必要です。

これにより、より慎重に審議されるべき事項に対して、より強固な合意を得ることが可能となります。

総会における普通決議と特別決議の使い分けは、組合員全体の信頼と協力を築く上で重要です。

異なる事項に対して適切な決定方法を選択することで、マンション共同体の円滑な運営と持続可能な発展を促進することができます。

特別決議が必要なケースとは?

特別決議が必要なケースは、通常の普通決議では対処が難しい、より重要で影響の大きな事項に関する決定が必要な場合です。

大規模な修繕工事や改修を行う場合

通常の事務処理や維持管理に比べ、予算やスケジュールの面で大きな影響を及ぼす大規模なプロジェクトでは、組合員の合意を得るために特別決議が要求されます。

これにより、組合員全体がプロジェクトの重要性や必要性を検討し、意思表示を行ったり賛同を得たりことが期待されます。

共有施設や共有部分の利用規約の変更や改正が必要な場合

新たな設備の導入や共用スペースの利用条件の変更などが含まれます。

特別決議を通じて、組合員がこれらの変更について十分な理解と合意を形成することが求められます。

法的な変更や契約に対処する必要がある場合

法改正や法的な契約の締結、また変更に関する提案がある場合には、組合員全員が同意することが必要です。

これは法的な規制の変更に対応したり、契約の内容に重要な変更が生じた際に、組合全体が一致団結して対処するための仕組みとなっています。

総じて、特別決議は通常の範囲を超える、より重大で組合員全体に大きな影響を与える事項に対処するための手段であり、慎重な審議と合意形成が求められます。

議決権とは

議決権は、マンション共同体において組合員が総会で行う投票権を指します。

これは、各組合員が所有する床面積に基づいて配分され、組合員はその面積に応じた議決権を持ちます。議決権は総会での意思決定において非常に重要な役割を果たし、組合員の声を反映させるための仕組みとなっています。

議決権の重要性

議決権が重要な理由の一つは、共有部分の決議において組合員が積極的に参加し、コミュニティの発展に寄与するためです。

各組合員の床面積に応じた配分は、住戸の所有権に基づく公平な原則に基づいています。

これにより、大規模修繕や施設の改修などの重要な決定において、組合員全体が均等な権利を持つことが保障されます。

共同体の発展への参加

議決権を有する組合員は、共同体の発展に積極的に関与することが期待されます。

例えば、大規模な改修プロジェクトが提案された場合、各組合員は自らの議決権を行使し、プロジェクトの是非について意見を表明します。

このような参加により、組合員全体の理解と合意が生まれ、プロジェクトが進む際には円滑な進捗が期待できます。

慎重な審議と説明の必要性

議決権の行使は重要な責任を伴います。特に特別決議が必要な場合は、十分な説明と慎重な審議が求められます。

組合員が適切な情報を得て、検討を重ねたうえで議決権を行使することが、共同体の発展や調和を促進するでしょう。

総じて、議決権は単なる投票権以上の意味を持ち、組合員が共同生活において主体的に参加し、共同体全体の発展に寄与するための貴重な権利と言えます。

まとめ

マンションの大規模修繕工事の決定は、区分所有法に基づき総会による意思決定が必要です。

  • 大規模修繕の決定は総会で行われ、普通決議と特別決議では異なるプロセスや要件がある
  • 通常総会は毎年決まった時期に行われ、予算や理事の選任など日常的なことについて決定される
  • 臨時総会は通常総会以外のタイミングで行われ、緊急の対応や予定外の時効に対処するために開催される
  • 大規模修繕の決定や予算承認・規約の変更や理事の選出のために総会が開かれる
  • 総会の議決方法には2種類あり、普通決議では半数以上・特別決議では3分の2以上の賛成によって可決される
  • 特別決議は、大規模修繕や共有部分の変更、規約の改正など通常の範囲を超える場合に必要
  • 議決権は総会において組合員が持つ投票権を指し、公正な意思決定を促しながら共同生活を円滑に進めるために重要

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。