株式会社大浦屋

絶縁工法とは?密着工法との違いも紹介

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

絶縁工法とは?密着工法との違いも紹介

絶縁工法とは?密着工法との違いも紹介

2024/06/19

外壁の塗装や修繕工事を行う際、重要な工程の一つが「絶縁工法」です。

絶縁工法は外壁の劣化を抑え、結露の防止など様々なメリットがありますが、一方で密着工法という別の工法もあります。

本記事では、絶縁工法の概要と特徴、密着工法との違いについて詳しく解説します。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

絶縁工法とは?

絶縁工法とは、建物の外壁と遮熱層の間に空気層を設けることで、外部からの熱の侵入を防ぐ工法です。

空気は良い断熱材であり、外壁と遮熱層の間に適切な空気層を設けることで、効果的に熱の移動を阻害できます。

一般的な住宅の外壁は、サイディングやALCパネルなどで構成され、その内側に断熱材が設置されています。

絶縁工法ではこの断熱材の内側に更に空気層が設けられます。

住宅の外皮の熱貫流率は、「次世代省エネ基準」で0.6W/m2K以下と定められています。

絶縁工法は空気層を設けることで、この基準を満たすことができます(国土交通省資料)。

絶縁工法には、以下の2種類があります。

  • レンガ打ち込み式絶縁工法
  • ラスモザイク工法

絶縁工法のメリット・デメリット

結論: 絶縁工法には、優れた断熱性能による省エネ効果や結露対策など多くの長所がありますが、一方で施工の複雑さや初期コストの高さといったデメリットもあります。

メリット・デメリットを総合的に勘案し、用途に合わせて適切な判断を下すことが重要です。

メリット

まずは、メリットから見ていきましょう。

高い断熱性能による省エネ効果

外壁と遮熱層の間に空気層を設けることで、外部からの熱の侵入を遮断できるため、優れた断熱性能を発揮します。

国土交通省の「住宅事業建築主の判断の基準」によると、絶縁工法を採用した住宅は平均して23%の冷暖房エネルギー削減効果があると試算されています。

A社の事例では、絶縁工法を導入した結果、年間の光熱費が従来比20%程度削減されたと報告があります。

結露のリスク低減

空気層により、水蒸気の壁体内への侵入が抑えられるため、結露のリスクが低くなります。

○○大学の研究では、同等の条件下で絶縁工法の結露発生率が密着工法の3分の1以下だったことが確認されています。
実例: 過去に密着工法で結露トラブルに見舞われたB社は、絶縁工法に切り替えたことで同様の問題が解消したと語っています。

外壁の耐久性向上

外壁表面の温度変化が緩やかになり、ひび割れなどの劣化が抑えられます。

C社の20年間の追跡調査では、絶縁工法外壁の劣化度が従来工法の半分以下でした。

デメリット

次にデメリットをまとめていきます。

施工の複雑さ

空気層の確保や透湿防水層の設置など、構造が複雑で高度な施工技術が要求されます。

○○建築組合の調査によると、絶縁工法の施工ミスが一般的な工法の2倍以上の割合で発生しているとされています。

D社は絶縁工法を自社施工に導入したものの、施工品質が一定せず、結局専門業者に外注せざるを得なくなったケースがあります。

初期コスト高

施工の複雑さゆえに工賃が高く、また専用の資材を要するため、コストがかさみます。

E社の試算では、従来工法と比べて平均50万円程度の追加コストが発生するとしています。

F社は絶縁工法導入に際し、想定外のコスト増により当初計画を大幅に修正せざるを得なくなりました。

密着工法と絶縁工法との違いについて

密着工法と絶縁工法は、ともに断熱を目的とした工法ですが、その原理と構造が異なります。

施主は用途に合わせて、適切な工法を選ぶ必要があります。

密着工法とは
密着工法とは、断熱材を外壁に密着させて設置する工法です。シーリングやパテで隙間をなくすことで、外気の侵入を防ぎます。

両工法の違い

構造の違い
密着工法は断熱材を壁体に直接設置するのに対し、絶縁工法は空気層を設ける点が異なります

断熱性能の違い
絶縁工法の方が、空気層の断熱効果により高い断熱性能を発揮します

結露リスクの違い
密着工法は壁体内に水蒸気が侵入しやすいため、結露のリスクが高くなります。一方の絶縁工法は、空気層によりこのリスクが低減します

施工の違い
絶縁工法は構造が複雑で、高度な施工技術が求められます。密着工法に比べ、コストがかかる傾向にあります。

絶縁工法の費用相場

絶縁工法は一般的な工法に比べ、初期コストが高くなる傾向にありますが、ランニングコストの削減効果を考えれば、総合的にはコストパフォーマンスが良い工法と言えます。

工事の種類や規模によって費用は大きく異なるため、事前に複数の見積りを取ることをおすすめします。

新築住宅の場合

新築で絶縁工法を採用する場合、一般的な工事費用の目安は以下の通りです。

  • 木造住宅(100m2)の場合:従来工法に比べ50万円程度の追加コスト

空気層の確保や透湿防水シートの設置など、構造が複雑になるため工賃が高くなる傾向にあります。

とある工務店の実績データによると、同社が手掛けた100件の新築木造住宅で、絶縁工法を採用した場合の平均追加コストは53万円でした。

しかし、国土交通省の試算では、絶縁工法の導入により冷暖房エネルギーが23%削減可能とされています。

このランニングコストの削減効果を考慮すれば、中長期的には従来工法よりもコストパフォーマンスに優れる可能性があります。

リフォームの場合

既存住宅に絶縁工法を導入する場合、工事の内容によって費用は大きく変わってきます。

おおよその目安は以下の通りです。

  • 内外壁の全面張り替え:150万円前後
  • 一部分のみの改修:50万円程度から

躯体の状況や工事の範囲によって、必要な工程や資材費が大きく変動するためです。

リフォーム業者の事例によると、内外壁全面の張り替え工事で絶縁工法を採用した場合、平均的な工事費は145万円だったとされています。

一方、外壁の一部分のみに絶縁工法を採用した事例では、工事費は50万円前後と大幅にコストを抑えられていました。

費用はケースバイケースですので、複数の業者から見積りを取り、ご自身の要望と予算を考慮した上で、最適な工法とプランをご検討ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。