株式会社大浦屋

マンションの屋上防水工事とは?種類や工事内容・費用なども解説

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

マンションの屋上防水工事とは?種類や工事内容・費用なども解説

マンションの屋上防水工事とは?種類や工事内容・費用なども解説

2024/06/20

マンションの屋上防水工事は、住人の安全と快適さを支える不可欠な要素です。

さまざまな気象条件にさらされながらも建物を保護し、住民の安心を確保する役割を果たしています。

防水工事は単なる修繕作業にとどまらず、住人の安全確保と快適な生活環境を構築するための投資でもあります。

そこでこの記事では、マンションの屋上防水工事に焦点を当て、その必要性や種類・工事費用の計上方法について解説します。

これにより、防水工事に関する理解が深まるでしょう。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

マンションの屋上防水工事とは

マンションの屋上防水工事は、建物を長期間にわたって保護するために欠かせないメンテナンス作業です。

防水工事を行うことにより、屋上の劣化や雨漏りを防ぎ、住人の快適な生活空間を維持できます。

特に日本のような四季がはっきりしている国では、夏の強い日差しや冬の厳しい寒さ・台風シーズンの激しい雨風によって、屋上の防水層は徐々に損傷を受けます。

マンションの屋上防水工事は、単なる雨漏り対策にとどまらず建物の寿命を延ばし、住人の生活品質を向上させるためにも極めて重要な役割を果たします。

適切な工事と定期的なメンテナンスによって、快適で安全な居住空間を守り続けることにつながるのです。

マンションの屋上における防水工事の必要性とは

マンションの屋上防水工事は、建物の最上部を守り、雨水によるダメージを未然に防ぐために欠かせません。

屋上は日々の気象条件にさらされており、紫外線や気温変化・強風などの影響を受けやすい箇所です。

防水層が劣化すると雨漏りが発生し、建物内部の構造や住居空間に深刻な被害をもたらす可能性があります。

また、適切な防水工事はマンションの耐久性を向上させ、長期的なメンテナンの費用を削減する効果も期待できます。

適切な防水工事によっては、屋上を緑化したり、居住者がレクリエーションスペースとして利用することも可能です。

このように、定期的な防水工事はマンションの価値を維持し、快適な居住環境を確保するために不可欠と言えます。

マンションの屋上防水工事の種類と費用相場

マンションの屋上防水工事にはいくつかの種類があり、それぞれ特徴と適用範囲が違います。

項目 費用 (目安) 外壁の種類 説明
シート防水 3,000~7,000円/㎡ 屋上、バルコニー PVCやTPOなどのシートを熱で接着し、高い防水性と耐久性を提供します。継ぎ目が少なく、メンテナンスが容易です。
ウレタン防水工事 3,500~7,000円/㎡ 屋上、バルコニー、外壁 液状のウレタン樹脂を塗布して硬化させ、防水層を形成します。施工が簡単で、細かい部分にも対応できます。
アスファルト防水工事 5,000~8,000円/㎡ 屋上、平屋根 アスファルトを塗布して防水層を作ります。耐久性が高く、長期にわたる防水性を提供します。
FRP防水工事 4,000~8,000円/㎡ 屋上、バルコニー、テラス ガラス繊維強化プラスチックを使用し、高い強度と耐久性があります。複雑な形状にも対応可能です。
モルタル防水工事 70~120万円/100㎡ 屋上、テラス、バルコニー セメントモルタルに防水剤を混ぜて塗布します。厚みがあり、強度が高まりますが、重量が増加します。
合成ゴム防水工事 4,000~6,000円/㎡ 屋上、バルコニー、テラス エチレン・プロピレン・ジエン・モノマーの合成ゴムシートを使用し、耐候性が高く、温度変化にも柔軟に対応します。

以下では、主な防水工事の種類について詳しく紹介します。

シート防水

シート防水工事は、屋上に高い防水性と耐久性を持つシートを使用して行われます。

一般的にPVCやTPOなどの合成樹脂製のシートが利用され、熱を加えて屋上に接着されます。

この工法は継ぎ目が少なく、メンテナンスが比較的容易なのがメリットです。

一般的な価格相場は、1平方メートルあたり約3,000~7,000円程度です。

ウレタン防水工事

ウレタン防水工事は、ウレタン樹脂を液状の状態で屋上に塗布し、硬化させることで防水層を形成する方法です。

比較的簡単に施工でき、屋上の細かい部分にも柔軟に対応できるため、多くのマンションで行われています。

一般的な価格相場は、1平方メートルあたり約3,500~7,000円程度です。

アスファルト防水工事

アスファルト防水工事は、アスファルトを主成分とした防水材を屋上に塗布する方法です。

耐久性とコストパフォーマンスに優れており、長期間にわたる防水性が必要な場合に適しています。

一般的な価格相場は、1平方メートルあたり約5,000~8,000円程度です。

FRP防水工事

FRP防水工事は、ガラス繊維強化プラスチックを使用した防水方法で、その高い強度と耐久性が特徴です。

屋上の形状に合わせて成形できるため、複雑な構造の屋上にも柔軟に対応できます。

一般的な価格相場は、1平方メートルあたり約4,000~8,000円程度です。

モルタル防水工事

セメントモルタルに防水剤を混ぜ合わせ、屋上に塗布する方法です。

厚みを持たせられるため防水層としての強度が向上しますが、その分重量も増加します。

そのため、施工前に建物の構造に影響を与えないか、事前に確認する必要があります。

一般的な相場は、100平方メートルの屋上施工の場合、約70万円から120万円程度です。

合成ゴム防水工事

エチレン・プロピレン・ジエン・モノマーなどの合成ゴムシートを使用した防水方法です。

耐候性に優れ、屋上の温度変化による伸縮にも柔軟に対応します。

価格相場は、1平方メートルあたり約4,000~6,000円程度です。

これらの屋上防水工事の種類にはそれぞれメリットとデメリットがあり、屋上の状態や予算・管理組合の規定によって選択されます。

防水工事を検討する際には、専門業者による詳細な診断と提案が必要です。

また工事後の定期的なメンテナンスも重要であり、長期的な防水性能を維持するためには、適切な工事と継続的なケアが不可欠です。

マンションの屋上防水工事は単に雨漏りを予防するだけでなく、建物全体の耐久性を向上させるためにも重要です。

適切な防水工事を選択し、定期的なメンテナンスを実施することでマンションの価値を保ち、住環境の質を維持できます。

マンションの屋上に生じる劣化症状

マンションの屋上に生じる劣化症状は、建物の安定性と住人の安全に密接に関係しています。

以下では、屋上防水工事が必要とされる劣化症状について詳しく解説します。

ひび割れ

屋上のコンクリート表面に生じる微細なひび割れは水分の浸入を招き、内部の構造物に腐食を引き起こす恐れがあります。

ひび割れは、建物の耐久性を損なう可能性があるため注意が必要です。

防水シーリングの劣化

屋上の接合部や配管周囲に使われる防水シーリングが劣化すると、水が浸入しやすくなります。

シーリングの劣化や剥がれは雨水の浸入を招き、建物内部の損傷を引き起こす可能性があるでしょう。

排水不良

排水口周辺の詰まりや排水システムの不調は、屋上に水たまりを生じさせ防水層に負荷をかけます。

これにより防水層が損傷しやすくなり、漏水のリスクが高まります。

塗料の剥がれ等の摩耗

防水層の表面が剥がれたりめくれたりすることで下地が露出し、防水効果が低下します。

主に防水層の接着不良や、材料の経年劣化によって引き起こされます。

防水層の膨れや口開き

屋上の防水層に見られる膨らみや気泡は、下地の湿気や空気が原因で発生することがあります。

この状態が放置されると、防水層が剥がれやすくなるでしょう。

色あせや硬化

紫外線の影響で防水層の色が変色したり材質が硬化したりすると、防水性能が低下します。

特に日本のような日差しの強い地域では、この現象が顕著に現れます。

防水シートのしわや破断

ゴムシートにしわができると、そのしわ部分から雨水が浸入しやすくなります。

ゴムシートは弾力性があるものの、温度変化による伸び縮みが繰り返されると、しわが発生します。

しわができた箇所は防水性が低下するため、雨漏りの原因になります。

熱や紫外線の影響で劣化が進行したり、施工時の損傷があると、シートに破れ目ができ防水機能が失われます。

植物の根による侵食

屋上の隙間から植物の根が侵入すると、防水層がダメージを受けて漏水の原因となります。

定期的な清掃と点検によって、このような問題を未然に防ぐことが可能です。

これらの劣化症状は、屋上防水工事の必要性を示す重要なサインです。

早めの発見と適切な対処により建物の寿命を延ばし、住人の安全を確保することが可能です。

劣化症状の対策は、マンション管理の中でも特に肝要な部分を占めており、住人の快適な生活を支える土台となります。

適切な防水工事を実施することで、長期にわたって安心と安全を確保し、建物の美観と機能性を維持することが可能です。

 

マンション屋上防水工事業者の選び方のポイント

施工実績が豊富な業者を選ぶ

屋上防水工事の経験が豊富な業者を選ぶことで、信頼性の高い工事が期待できます。

これまでに行った工事の実績を確認し、類似したマンションの防水工事を経験しているかをチェックしましょう。

見積書の内容を確認する

現地調査を行い、詳細な見積もりと工事内容を提案してくれる業者を選びます。

工法や材料の選定理由について、分かりやすく説明してくれるかどうかも重要です。

保証やアフターサービス内容を確認する

工事後の保証期間や保証内容をしっかりと確認しましょう。

通常、5年から10年の保証が一般的です。保証期間中に何らかの問題が発生した場合の対応についても確認しておきます。

まとめ

マンションの屋上で防水工事は必要なのか・施工のタイミングや施工法についての内容は、以下のとおりです。

  • マンションの屋上防水工事は耐久性を保ち、住環境を快適に維持する上で不可欠
  • 日本の四季の変化により、屋上の防水層は劣化しやすく、定期的なメンテナンスが必要
  • 防水工事を怠ると雨漏りや建物内部に被害が生じ、住民生活の質が低下する恐れがある
  • 防水工事の必要性は、通常は新築後約10年を目安に、または定期的な点検で劣化が確認された場合に判断される
  • 屋上の劣化症状には、ひび割れやシーリング材の劣化・排水不良などがあり、早期発見と適切な対応が必要
  • 防水工事には、シート防水・ウレタン防水・アスファルト防水・FRP防水・モルタル防水・合成ゴム防水などの種類がある
  • 工事費用は修繕費として処理する場合や資本的支出として計上される場合もあり、工事の性質や規模によって異なる
  • 定期的なメンテナンスと適切な防水工事を組み合わせることで、マンションの価値を維持しながら、長期間にわたって安全かつ安心な生活を確保できる


マンションも経年により耐水性が低下するため、計画的な防水工事が不可欠です。

多くの住民が安心して快適に生活できるよう、しっかりとメンテナンスを行いましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。