株式会社大浦屋

マンションの小規模修繕とはどのようなもの?実施タイミングや流れも紹介

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

マンションの小規模修繕とはどのようなもの?実施タイミングや流れも紹介

マンションの小規模修繕とはどのようなもの?実施タイミングや流れも紹介

2024/06/20

マンションに行う修繕工事には大規模修繕と小規模修繕があります。

大規模修繕は仮設の足場を設置し、建物の半分以上を修繕・改修する工事のことです。

では、小規模修繕とは、どれくらいの規模帯の工事なのでしょう?

また、建物のどこを修繕・改修する工事なのでしょうか?

この記事では、小規模修繕の内容や実施のタイミングなどを解説していきます。

最後まで読めば、小規模修繕がどのような工事なのかがわかり、マンション経営や管理に役立つ知識が身につきます。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

マンションの小規模修繕工事とは?

マンションの小規模修繕工事は、建物の一部に生じた損傷や劣化を修復し、健全な状態を維持するための工事です。

大規模修繕工事と異なり、特定の箇所や設備に限った狭い範囲の修繕工事が主体となります。

これは、建物全体を対象にする大規模な工事よりも手軽で、住民への影響が少ないという特徴があります。

小規模修繕は、建物の老朽化や自然災害などにより発生した損傷に対処するために行われ、雨漏り補修・電球や電灯の交換・消防設備の修繕など、日常生活で生じる不具合への対応が主な内容です。

これらの作業は、建物の寿命を延ばし住民が安心して暮らせる環境を確保するために欠かせません。

小規模修繕工事の重要なポイントは、早期発見と迅速な対応です。

定期的な点検や住民からの報告を通じて損傷箇所を把握し、計画的かつ適切な修繕を行うことで、建物の劣化を防ぎながらコストや手間を最小限に抑えることができるでしょう。

管理組合や管理会社・住民の協力により、効果的かつ円滑な修繕工事が進められることで、安心して住み続けられるコミュニティが築かれます。

大規模修繕工事との違いとは?

大規模修繕と小規模修繕の違いについても把握しておきましょう。

規模

大規模修繕は建物全体を対象とし、基本的な構造や外装・共用部分などを含む幅広い範囲での工事を指します、

対照的に、小規模修繕工事は一部の損傷や劣化箇所にフォーカスし、限定的な範囲での作業が行われます。大規模修繕が10〜15年に一度の頻度で行われるのに対し、小規模修繕は随時必要に応じて実施されることがほとんどです。

実施タイミングと工事内容

大規模修繕工事は、建物全体の診断や計画が必要であり、計画の策定から実際の工事完了までに数年かかることも一般的です。

一方で小規模修繕は、問題が発生した際に迅速に対処する必要があり、短期間で実施されます。予期せぬ損傷や劣化が見つかった場合、すぐに修繕することで被害を最小限に抑えられるでしょう。

マンションにおける小規模修繕工事の具体的な内容は、損傷箇所や問題の性質により異なります。

そのため、見積もりを確認してうえで適した工事を行う施工業者へ依頼することが大切です。

マンションの修繕工事実績が豊富な施工業者へ依頼することで、発見されていなかった不具合が見つかる場合もあるため、費用だけでなく実績や評判もチェックして行いましょう。

マンションの小規模修繕工事を行うタイミング

マンションの小規模修繕工事を行うタイミングは、建物の設備や部分的な損傷が発生したとき、

または将来の損傷を予防するために定期的に行われることが一般的です。

具体的なタイミングは以下の要因に依存します。

定期点検で損傷が見つかったとき

マンションの小規模修繕工事を行うタイミングはさまざまですが、その一つとして定期点検で損傷が見つかった場合が挙げられます。

定期的な点検は、建物の健全性を維持するために不可欠であり、そこで発見された損傷や劣化が小規模修繕の対象となります。

定期点検では、外部の専門業者や建築コンサルタントが建物全体を精査し、損傷や劣化の兆候を見逃さないようにします。

特に外壁や屋根・給排水管などの重要な部分は重点的に点検され、問題が発見された場合は早急な修繕が求められます。

小規模修繕の規模であれば、管理組合や管理会社によって実施の是非が決定され、入居者への報告もこのタイミングで行われるでしょう。

早期の発見と適切な対応を行うことで、住民の安全と快適な生活環境を確保するとともに、建物の寿命を延ばす役割を果たしています。

住民からの通報があったとき

住民からの通報があった際も、実施を検討する重要なポイントです。

住民が異常を感じ、漏水や損傷などの不具合を発見された場合は迅速な対応が必要です。

住民からの通報があった場合、まず管理組合や管理会社はその内容を詳細に調査します。

通報があった箇所の損傷の程度や原因を把握し、修繕が必要ならば適切な対策を検討します。

この際、迅速かつ透明性のあるコミュニケーションが肝要で、住民への適切な情報提供が不可欠です。

住民からの通報が小規模修繕工事のタイミングとなる場合、管理組合は住民との連携を重視し、状況や対策について定期的な報告を行います。

通報が早期に対応されれば、被害の拡大を防ぎ、住民の安全を確保することが可能です。

住民からの通報が小規模修繕工事に繋がる際には、住民と管理組合・管理会社との協力が不可欠です。

透明性のある情報共有と迅速な対応が、マンションの健全性を維持し、住民の安心・安全な生活環境を築く一翼を担っています。

外部からの提案があったとき

マンションの小規模修繕工事を検討する際、外部からの提案があった場合も重要なタイミングと言えます。

建物の専門家や建築コンサルタントからの提案は、建物の健全性や改善の可能性を指摘してくれる貴重な情報です。

外部からの提案があった場合、マンションの維持管理機能が向上することが期待されます。

これは、住民や管理組合が気づかなかった潜在的な問題点や、改善の余地を見つけ出す手助けとなります。

提案を受けた際には、それに基づいて専門的な調査が行われ、修繕が必要かどうかが判断されます。

外部からの提案には、通常建物の特定の部分や設備に関する具体的なアドバイスが含まれます。

建物全体を覆う大規模な修繕よりも、局所的かつ効果的な対応が可能な小規模修繕が提案されることがあります。これらの提案を受け、マンション管理組合や管理会社は住民に適切な情報を提供し、工事を行うか判断することが求められます。

施工業者と管理組合、そして入居者間での透明性のあるコミュニケーションにより、マンションの資産価値と住環境の向上も期待できるでしょう。

マンションの小規模修繕工事を行う流れ

小規模修繕の依頼から工事完了までの流れも見てみましょう。

  • 管理組合による決定

    大規模修繕工事は通常、マンションの総会で決定されます。

    しかし小規模修繕工事は、日常的かつ限定された部分の修繕工事となるため、管理組合や管理会社が協議・決定を行い工事計画を進めます。

    この際、実施計画を入居者へ伝えておき、工事の周知や同意を得ておくと安心です。

  • 調査・見積もり

    工事計画が策定されたら、専門の調査業者や建築業者に依頼して現地調査を行います。

    損傷の状態や修繕の必要性を詳細に把握し、それに基づいて見積もりを取ります。

    これにより、工事の費用や所要期間が明確になります。

  • 契約

    見積もり内容を確認し、管理組合での合意が得られたら業者との契約が行われます。

    契約には工事内容・費用・工期・保証などの条件が含まれます。

    しっかりと契約書を取り交わしておくことで、両者が納得した条件で工事が進められます。

  • 工事の実施

    契約が完了すると、工事が実際に始まります。専門業者が指定された工程に従って修繕工事を進め、建物の健全性を回復させます。

    住民への影響を最小限に抑えつつ、迅速かつ効果的な工事が求められます。

  • 完了検査

    工事が終了したら、完了検査が行われます。

    住民や管理組合は工事の成果を確認し、契約通りの仕上がりであるかを検査します。問題がなければ、工事は完了となります。

  • スムーズに小規模修繕工事を進めるポイント

    小規模修繕工事は日常的な内容のものが主となるため、迅速かつスムーズに工事を進めることが望まれます。

    特に以下のようなポイントを押さえておくことで、希望に沿った修繕工事が叶うでしょう。

    早期発見

    定期的な点検や住民からの報告を通じて問題を早めに把握し、計画的に工事を進めることで、被害を最小限に食い止めることができます。
    被害を最小限にすることで、その後の大規模修繕工事の手間を省くことにもつながります。日頃から良好なコミュニケーションを取っておくことで、不具合の報告もスムーズに行われるでしょう。

    信頼できる業者の選定

    外部の建築コンサルタントや調査業者によるアドバイスを得ることで、問題の正確な把握を行うことが必要です。また信頼できる工事業者との契約することで、作業の質と効率を確保できるでしょう。

    適した工法・調査

    工事内容や費用・工期・保証などの具体的な内容を契約書で確認し、双方の合意を確認します。
    また工事完了後の検査も怠らずに行い、納得のいく仕上がりになっているかを確認しましょう。

    入居者への情報提供

    工事の進捗状況や注意事項を適宜伝え、住民の理解と協力を得ることが大切です。

    これらのポイントを押さえることで、計画的かつ円滑に小規模修繕工事を進めることができます。

    まとめ

    マンションにおける小規模修繕工事は、大規模修繕工事とは違い日常的かつ限定的な部分に行われます。

    必要な部分の修繕を適宜行うことで、大規模修繕の手間や費用を抑えることにも繋がります。小規模修繕を検討する際は、以下のような点に注意し進めていくことが大切です。

    • マンションの小規模修繕は、小さい規模の施工で建物の健全な状態を保つ工事を指す
    • 大規模修繕工事は建物全体を対象としているが、小規模修繕の範囲は限定的
    • 小規模修繕工事は、問題が発生したときや予防のために随時行われる
    • 定期検査による問題の発覚や住民からの通報、外部からの指摘があったタイミングで行われることが多い
    • 管理組合による協議→調査や見積もり→契約→工事の実施→完了検査の順で行われる
    • 不具合の出ている部分の早期発見で、被害を最小限に抑えられる
    • 信頼のおける業者や外部コンサルタントによるアドバイスから、問題の正確な把握と工事の質を担保できる
    • 信頼できる施工業者へ依頼し、適した工法や調査のもと工事を進めることが大切
    • 入居者への情報提供を随時行うことで、工事への理解とスムーズな工事につなげられる

    小規模修繕工事は、大規模修繕工事と比べ規模は小さいものの、入居者や利用者にとっては日常的に使用する部分である場合が多いため、迅速に対応することで満足度を上げられる効果もあります。

    また入居者の満足度が向上することで、入居率も上がる可能性もあります。適切な判断と迅速な対応が、マンションの価値を高めてくれるでしょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。