株式会社大浦屋

ビルピットの防水工事とは?流れや費用、工事の必要性を解説

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

ビルピットの防水工事とは?流れや費用、工事の必要性を解説

ビルピットの防水工事とは?流れや費用、工事の必要性を解説

2024/06/21

防水工事とは、建物の屋根や壁・床などの構造物に防水処理を施す工事のことです。

ビルピットにおいては、雨水や地下水・湿気などから建物を守り、長期間の耐久性を確保するために行われます。

一般的に、ビルピットの防水工事の流れは、現地調査と診断・施工計画の立案・防水材料の選定・施工作業・最終検査というステップで進められます。

また費用は、建物の規模や状態・使用される材料などによって大きく異なります。

このような防水工事は、建物の劣化や損傷を防ぎ内部の構造や設備を保護することで、建物の寿命を延ばしながら修理や補修費用を削減することが目的です。

今回の記事では、ビルピット防水工事の必要性やどのような部分に費用がかかるのか、また工事の流れについて解説しますので、ぜひ参考としてお役立てください。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

ビルピットとは?

ビルピットとは、建物の基礎部分に設けられた地下空間のことを指します。

主に建物の補助機能や設備の収納、保守管理のために利用され、一般的には地下1階に設けられますが、建物の構造や用途によっては地下2階以上に設けられることもあります。

ビルピットは、エレベーター機械室・給排水設備・電気設備の制御盤や配電盤・空調機器などの設置場所として活用されます。

また、消防設備や非常用発電機・排水ポンプなど、緊急時の機能も備えていることから、建物の安全性や快適性に欠かせない要素であり、適切な設計と管理が重要です。

そのため、ビルピットの設置や利用には建築基準法や防火規則などの法令や規制を遵守する必要があります。

ビルピットになぜ防水工事が必要なの?

地下水や雨水が浸入する可能性が高いため

ビルピットは建物の基礎部分に位置するため、地下水や雨水が浸入する危険性が高い場所です。

これらの水がビルピット内に浸入すると、地下室や地下階の設備や機器に影響を与え、劣化や故障の原因となります。

またビルピット内に浸水が起きると、湿気やカビの発生・腐食や金属部品の劣化などさまざまな問題が引き起こされます。

建物の安定・耐久性に影響する部分のため

建物の安定性や耐久性にも影響を与えます。

地下空間が水浸しになると、地盤沈下や建物の基礎部分の劣化が進み、建物全体の安定性が損なわれる可能性があります。

また、地下空間の湿気や水分が建物の構造材料に浸透すると、コンクリートや鉄筋などの素材が腐食し、建物の耐久性が低下します。

ビルピット内の設備を守るため

さらに、ビルピット内に設置された設備や機器の保護も重要な理由です。

エレベーターや排水ポンプ・電気配線などの設備は、水に触れると故障のリスクが高まります。
防水工事によってビルピット内の設備や機器を保護し、安全性や信頼性を確保することが重要です。

ビルピットに防水工事が必要な理由は、建物の安定性や耐久性の確保・設備や機器の保護・建物内部の快適性の維持に関わるためです。

適切な防水工事を行うことで、建物の長寿命化や維持管理のコスト削減にも貢献します。

ビルピットの防水工事にかかる費用

ビルピットの防水工事にかかる費用は、さまざまな要素によって異なります。

一般的には、ビルピットのサイズや形状・地下水位や地盤の状態、そして使用される防水材料の種類や品質などが費用に大きな影響を与えます。

サイズや形状

ビルピットのサイズや形状は、工事に必要な作業量や材料の使用量に直結する項目のひとつです。

大規模なビルピットの場合、より多くの防水材料や人件費が必要になりますので、費用もそれに応じて高額になります。

また、ビルピットの形状が複雑である場合も防水工事の難易度が高まり、それに伴って費用も上昇するでしょう。

地下の水位や序盤の状態

地下水位や地盤の状態も費用に影響を与えます。

地下水が比較的浅い地域では、より強力な防水材料や補強工事が必要になるため、費用が増加します。

また地盤が軟弱である場合、補強工事や地盤改良が必要になることがあり、この工事も費用が増加する要因のひとつです。

使用する資材の種類や品質

使用される防水材料の種類や品質も、費用に影響を与えます。

防水工事にはさまざまな種類の防水材料があり、価格や性能にも差があります。

高品質な防水材料を使用する場合、初期費用は高くなるものの耐久性や効果が高いため、長期的なメンテナンスコストが低く抑えられる場合もあります。

ビルピットの防水工事にかかる費用はさまざまな要素によって異なりますが、数十万円から数百万円に及ぶことが一般的です。

建物の状況や要件に応じて、適切な防水工事の計画と予算を立てることが重要です。

ビルピットの防水工事に使用される資材

ビルピットの防水工事に使用される資材は、建物の基礎部分を効果的に水から保護し、耐久性を確保するために特別に設計されています。 主な資材としては、以下のようなものが挙げられます。

防水シート

ビルピットの壁や床に敷設される防水シートは、ポリエチレンやビニールなどのプラスチック素材で作られています。

これらのシートは水を通さない特性を持ち、地下空間を効果的に保護します。
また、耐久性が高く施工が比較的簡単なため、防水工事に広く使用されています。

防水コーティング剤

ビルピットの表面や接合部に塗布される防水コーティング剤は、水をはじく特性を持ちます。

アクリル系やウレタン系などの樹脂ベースのコーティング剤が一般的であり、これらは耐久性が高く変形やひび割れにも対応できます。

また柔軟性があり、地下空間の動きにも適応するため、長期間の防水効果が確保できるでしょう。

シーリング材

ビルピットの壁や床の接合部や穴・隅などに使用されるシーリング材は、水が浸入する隙間をふさぎます。

シリコン系やポリウレタン系などの柔軟性が高い素材が一般的であり、地下空間の動きや振動にも耐えることができます。

また耐候性や耐久性が高く、長期間にわたって効果を維持できるのも特徴です。

これらの資材は、ビルピットの防水工事において重要な役割を果たします。 適切な資材の選択と施工技術の確保によって、建物の基礎部分を効果的に保護し、耐久性を確保することができます。

ビルピットに使用される資材が劣化する原因

ビルピットに使用される資材が劣化する原因はさまざまですが、主な要因には以下のようなものがあります。

水の浸透

ビルピットは建物の地下に位置し、地下水や雨水などの水が浸入するリスクが高い場所です。

防水工事が不十分だったり、資材自体が劣化していたりする場合、水がビルピット内に浸入し資材の劣化を引き起こします。

特に、長期間の浸水や湿気にさらされると、資材の強度や耐久性が低下し劣化が進行しやすくなってしまうでしょう。

地下環境の影響

ルピットは地下に位置するため、湿度が高く通気が悪い環境にさらされます。

このような環境下では、カビや菌類の発生が促進され、資材の表面や内部に影響を与えることがあります。

地震や地盤沈下

地震や地盤沈下などの自然災害は、ビルピットの構造や資材に影響を与える可能性があります。

地震による振動や地盤の変動は、ビルピットの壁や床にストレスを与え、クラックやひび割れの原因となります。

これらの破損が進行すると、水の浸透や湿気の侵入が容易になり、資材の劣化が加速しやすくなってしまうでしょう。

使用される資材の品質や耐久性

防水シートや防水コーティング剤、シーリング材などの資材の品質や耐久性も、劣化の要因となります。

低品質の資材や耐久性の低い製品を使用すると、劣化が早まり防水性や耐久性が低下します。

これらの要因によって、ビルピットに使用される資材が劣化することがあります。
劣化が進行すると、建物の安定性や耐久性が損なわれるため、定期的な点検やメンテナンスが重要です。

ビルピット防水工事の流れ

ビルピット防水工事の流れは、以下のステップに分かれています。

  • 現地調査と診断

    まず最初に、建物のビルピットを調査し、防水工事の必要性や範囲を評価します。

    地下空間の特性や地盤の状態、既存の防水状態などを調査し、問題点を特定します。

  • 施工計画の立案

    現地調査の結果をもとに、防水工事の施工計画を立案します。

    必要な作業内容や工程・使用する資材や機材・工期・予算などを考慮し、施工計画を決定します。

  • 材料の選定

    防水工事に使用する防水材料や補強材料を選定します。

    耐久性や防水性能・施工性などを考慮して、最適な材料を選びます。

  • 施工作業

    施工作業では、まずビルピット内を清掃し、表面を整地します。

    次に、防水材料を施工します。 防水シートの敷設や防水コーティング剤の塗布、またシーリング材を施工します。 施工は専門の施工業者によって行われます。

  • 最終検査

    防水工事が完了したら、最終検査を行います。

    施工された防水材料の品質や施工の品質を検査し、防水性能が確保されているかを確認します。
    必要に応じて、修正や補修作業を行います。

  • 以上がビルピット防水工事の一般的な流れです。

    適切な計画と施工技術が求められるため、専門の防水業者や建築業者との密な連携が重要です。

    まとめ

    ビルピットの防水工事の必要性や費用・工事の流れは以下の通りです。

    • ビルピットとは、建物の基礎部分に設けられた地下空間のことを指す
    • 地下水や雨水が浸入する可能性が高いことや建物の耐久性、ビルピット内の設備を守るために防水工事が必要
    • 防水工事にかかる費用は、施工範囲や資材・地盤状態などによって大きく異なる
    • 防水シートやコーティング剤・シーリング材などさまざまな資材を使用し施工される
    • 資材が劣化する原因は、水の浸透や環境、地震や資材の耐久性低下などさまざま
    • 事前に十分な現地調査を行い、綿密な計画のうえ施工が行われる

    ビルピットは、建物の耐久性や安全性を決める非常に重要な部分です。

    施工時の現地調査や定期的な点検・メンテナンスなど、安定した環境づくりが欠かせないと言えます。

    また、法令に関する部分もあるため、施工実績の豊富な業者へ依頼することで、より安心した施工が実現するでしょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。