株式会社大浦屋

ビルの屋上に防水工事は必要?工事の種類や費用などを解説

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

ビルの屋上に防水工事は必要?工事の種類や費用などを解説

ビルの屋上に防水工事は必要?工事の種類や費用などを解説

2024/06/21

ビルの防水工事は、建物の長期的な価値を保ち続けるために欠かせません。

しかし、その重要性はなかなか認識されていないのが現状です。

適切な防水対策を怠ると、構造体の劣化・水の浸入による二次被害・エネルギー効率の悪化など、さまざまな問題が発生する恐れがあります。

そこで本記事では、ビルの防水工事が必要な理由・具体的な施工箇所・工事の種類と特徴・費用の計上方法などを詳しく解説していきます。

ビルの長期的な維持管理を考えるうえで、防水工事は非常に重要な要素です。

適切な防水対策を講じることで、建物の価値を最大限に引き出すことができるでしょう。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

ビルの防水工事が必要な理由とは?

ビルの防水工事は、建物の長期的な維持管理において非常に重要な役割を果たしており、適切な防水対策を行わないと、さまざまな問題が発生する可能性があります。

ここでは、ビルの防水工事が必要な理由について詳しく説明します。

建物の安全性が損なわれる

こうした構造体の損傷は、建物の耐震性や安全性にも影響を及ぼします。

ビルの場合、多くの人が出入りする建物であるため、安全性の確保は特に重要です。

また、防水工事を怠ると、建物内部への水の浸入も避けられません。

壁や天井、フロアなどが濡れてしまうと、カビや湿気の発生、内装の劣化など、さまざまな二次的な被害が起こります。

建物内部への水の浸入

水漏れの問題は、ビルの利用者の健康面でも問題となる可能性があります。

さらに、防水性の低下は、エネルギー効率の悪化にもつながります。

雨水や地下水の浸入によって建物内部が湿潤状態になると、空調設備の負荷が高まります。

エネルギー効率の低下

結果的に、光熱費の増加や環境への負荷増大につながるのです。

ビルでは多くのエネルギーを消費する設備が稼働しているため、省エネルギー対策は重要な課題となっています。

ビルの防水工事は、単に建物の外観を守るだけではなく、構造体の長期的な耐久性・建物内部の快適性・エネルギー効率の維持など、さまざまな側面で大きな影響を与えます。

そのため、建物に防水工事は必須だといえるでしょう。

ビルの防水工事が必要な施工箇所と時期

ビルの防水工事は、建物の長期的な維持管理において必要不可欠な工事です。

適切な防水対策を行うことで、さまざまな問題の発生を未然に防ぐことができます。

では、ビルの防水工事ではどのような箇所に着目し、どのような時期に工事を行うべきでしょうか。

防水工事の施工場所

屋上

まず、ビルの防水工事で最も重要な箇所は屋上です。

ビルの屋上は、雨水や融雪水といった水の流入経路となる場所です。

屋上防水の劣化が進むと、建物内部への水の浸入によって雨漏りや内部構造に影響を与える場合があります。

そのため、定期的な点検と適切なメンテナンスが求められます。

さまざまな工法を用いて、屋上の防水性能を維持する必要があります。

外壁

次に、外壁の防水対策も重要です。

ビルの外壁は、雨水の直接の当たる場所であり、水の浸入を防ぐ必要があります。

外壁の材質によって適切な防水工法が異なりますが、シーリング材の打替え・防水層の新設・補修などを定期的に行うことが求められます。

特に、外壁の開口部周りは水の浸入しやすい箇所なので、細心の注意を払う必要があります。

基礎部分

さらに、ビルの基礎部分の防水対策も欠かせません。

地下水や土壌水分の浸入を防ぐため、防水シートの設置や防水コーティングの施工が行われます。

基礎の防水は、建物の構造体を守るうえで重要な役割を果たします。

これらの主要な防水箇所に加え、窓まわり・バルコニー・地下室などの箇所にも、適切な防水対策が必要です。

建物の用途や立地条件によって、防水工事の必要性や重点箇所は異なります。

施工時期

ビルの防水工事を適切なタイミングで行うことも重要です。

一般的には、建物の竣工時や大規模修繕時に併せて防水工事を行うことが望ましいとされています。

また、日々の目視点検により早期の劣化兆候を把握し、適切な時期に修繕を行うことも重要です。

ビルの防水工事は見えにくい部分での工事ですが、建物の長期的な性能と耐久性を維持するうえで欠かせません。

適切な時期に必要な箇所の防水対策を行行うことで、ビルの安全性と快適性を保ち続けることができます。

ビル屋上の種類

ビルの防水工事において、特に重要な箇所の1つが屋上です。

ビル屋上には、さまざまな種類のタイプが存在し、それぞれに適した防水工事が求められます。

ここでは、ビル屋上の主な種類とその特徴について詳しく見ていきましょう。

平屋根

ビルの最上部が水平に近い形状をしている屋根タイプです。

平屋根は勾配が緩いため、雨水の排水が比較的容易です。

一方で長期的な使用により、防水層の劣化が進みやすい特徴があります。

勾配屋根

ビルの屋根が傾斜した形状をしているタイプです。

勾配屋根は雨水の排水性が良く、防水層の劣化も比較的緩やかです。

一般的に、スレート・金属板・瓦などの材料が使用されています。

ただし、勾配屋根は平屋根に比べて工事が複雑になるため、専門性の高い施工が求められます。

陸屋根

ビルの最上階が水平に近い形状をしているものの、周囲に低い壁が設置されている屋根タイプです。

陸屋根は排水性の確保が重要で、防水層の劣化にも注意を払う必要があります。

屋上庭園

ビルの屋上部分に園芸空間が設けられているタイプです。

屋上庭園は、緑化による景観の向上や断熱性の向上などの効果が期待されますが、防水工事の難易度が高くなる傾向にあります。

この場合、防水層の上に土壌や植栽部分が設置されるため、防水工事では特殊な工法が必要です。

ビルの屋上形状は、建物の用途や設計によってさまざまなタイプがあります。

適切な防水工事を行うためには、屋上の特徴を十分に理解し、それに応じた工法を選択することが重要です。

ビル所有者や管理者の方は、定期的な点検と適切な維持管理に努めることが求められます。

ビルの屋上で行われる防水工事の種類と特徴

ビルの防水工事において、最も重要な箇所の1つが屋上です。

ビルの屋上は雨水や融雪水の流入経路なため、適切な防水対策を行わないと、建物内部への水の浸入を招く可能性があります。

そのため、ビルの屋上では、さまざまな防水工事が行われています。

ここでは、主な防水工事の種類とその特徴について詳しく見ていきましょう。

ウレタン防水

ウレタン防水は、流動性の高いウレタン樹脂を用いて防水層を形成する工法です。

密着性が高く伸縮性に優れているため、屋上の微細な段差や隙間にも柔軟に施工できます。

また耐候性にも優れているため、長期的な使用にも耐えられる防水性能が期待できます。

しかし、ウレタン防水は施工時に臭いが発生するため、作業環境への配慮が必要です。

アスファルト防水

アスファルト防水は、アスファルトをベースとした防水材を用いる工法です。

コストが比較的低く抑えられるため、施工面積の大きいビルの屋上に適しています。

また、施工が比較的簡単であり、補修も容易です。

一方で、耐候性や耐久性は他の工法に比べて劣る傾向にありますので、定期的な点検と補修が求められます。

シート防水

シート防水は、プラスチックやゴムといった素材で作られた防水シートを使用する工法です。

工場で製造された高品質な防水シートを使用するため、施工品質の安定性が高いのが特徴です。

また、耐久性にも優れており、長期的な使用に適しています。

ただし、シート防水は他の工法に比べると、施工コストが高くなる傾向にあります。

緑化防水

ビルの屋上では、緑化と防水の両立を目指す緑化防水工事も行われます。

緑化防水は、防水層の上に土壌やプランターを設置し、植栽を行う工法です。

この工法は、ビルの屋上を緑化することで、景観の向上や断熱性の向上など、さまざまな効果が期待できます。

一方で、防水層と植栽の両立に技術的な工夫が必要です。

防水工事の選択は、ビルの屋上の形状・使用条件・予算などを総合的に考慮する必要があります。

また、定期的な点検と適切なメンテナンスを行うことで、防水性能の長期的な維持を行います。

ビル外壁で利用される防水工事の種類と選び方

ビルの防水工事において、屋上と並んで重要な箇所が外壁です。

ビルの外壁は雨水の直接的な影響を受ける場所であり、適切な防水対策を行わないと、建物内部への水の浸入を招く可能性があります。

そのため、ビルの外壁では、さまざまな防水工事が行われています。

シーリング工事

ビル外壁の防水工事の中でも代表的なのが、シーリング工事です。

外壁の目地やパネル間の隙間に、シーリング材を充填します。

シーリング材には、シリコーン系・ウレタン系・アクリル系など、種類が豊富でそれぞれ耐久性や施工性に特徴があります。

シーリング工事は比較的簡易な工事ですが、定期的な点検と補修が必要です。

コーティング工事

コーティング工事は、外壁の素材にさまざまな防水性の高い材料を塗布する工事です。

代表的な塗膜防水コーティングは、アクリル系やウレタン系の塗料が使用されます。

コーティング工事は外壁の材質を選ばず適用できますが、施工費用が比較的高くなる傾向にあります。

シート防水

シート防水とは、防水性の高いシートを外壁に貼り付ける工法です。

高い防水性能と耐久性が期待できますが、施工が煩雑で外観に影響を与える可能性があります。

これらの防水工事の選択にあたっては、ビルの外壁の形状・使用条件・予算などを見て判断します。

例えば、外壁の材質がコンクリートの場合は、シーリング工事やコーティング工事が適しています。

一方、外壁がレンガやタイルの場合は、シート防水工事が適切です。

また、ビル全体の外観デザインとの調和も考慮すると理想的な景観を実現できるでしょう。

ビルの防水工事で発生する費用と計上方法

ビルの防水工事は、建物の長期的な維持管理において重要な役割を果たしますが、その一方で、多額の費用が発生することも課題の1つです。

ビルの防水工事の費用には、様々な要素が影響するため、適切な予算管理が求められます。

ここでは、ビルの防水工事で発生する主な費用項目と、それらの計上方法について説明します。

材料費

使用するシーリング材・ウレタン樹脂・シート防水材など、防水層を形成するための資材費が発生します。

材料の種類や数量によって費用は大きく変動し、高性能な材料を使用すれば防水性能は向上しますが、コストも高くなります。

そのため、適切なコストパフォーマンスを検討する必要があります。

施工費

防水工事は専門性の高い工事のため、熟練の施工業者に依頼する必要があります。

施工費には人件費のほか、足場設置費や廃棄物処理費などが含まれます。

特にビルの高層階や外壁部分の工事では、足場設置をはじめとする準備費用が大きくなる傾向です。

事前調査費用

事前の劣化調査や設計費などは、防水工事のコストに含まれます。

ビルの防水状態を正確に把握するには、事前に調査を行う必要があり、その費用が発生します。

また劣化状況に応じ、適切な防水工法を選定するための設計費も必要です。

維持管理費

最後に、防水工事完了後の維持管理費も考慮する必要があります。

ビルの防水性能を長期的に保つには、定期的な点検や補修工事が欠かせません。

その費用も、防水工事のコストに含まれます。

これらの費用は、ビルの用途・規模・立地条件などによって大きく変動します。

そのため、防水工事の発注前には事前に詳細な積算を行い、適切な予算を確保する必要があります。

また、防水工事の費用は、ビルの修繕積立金や定期的な修繕計画の中で、適切に計上しましょう。

長期的な視点から、防水工事のコストを建物の維持管理費用として捉え直し、計画的な積立てを行うと良いです。

まとめ

ビルの屋上に防水工事が必要な理由やその種類については、以下のとおりです。

  • ビルの防水工事は、建物の長期的な維持管理に極めて重要である
  • 適切な防水対策を講じないと、建物の構造体がダメージを受けて耐震性や安全性に影響を及ぼす可能性がある
  • 防水工事を怠ると、建物内部への水の浸入が発生し、カビや湿気の発生・内装の劣化などの二次的な被害が発生する
  • ビルの防水工事は、屋上・外壁・基礎部分など、様々な箇所で行われる
  • 屋上は雨水や融雪水の流入経路となるため、定期的な点検と適切なメンテナンスが必要
  • ビルの外壁では、シーリング工事・コーティング工事・シート防水などの防水工法が用いられ、外壁の材質や形状に応じて適切な工法を選択することポイント
  • 防水工事には、材料費・施工費・事前調査費用・維持管理費などの費用が発生する
  • これらの費用はビルの用途や規模によって異なるため、事前に詳細な積算を行い、適切な予算を確保する
  • 防水工事の費用は、建物の修繕積立金や定期的な修繕計画の中で計上し、建物の維持管理費用として計画的な積立てを行うことが望ましい

適切な防水工事の実施と計画的な維持管理費用の確保ができれば、ビルの長期的な安全性と快適性を守り続けることができます。

依頼を検討中であれば、まずは建物にどのような工事が適しているのか、専門家と相談してみましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。