株式会社大浦屋

ウレタン防水のトップコートとは?効果や種類別の特徴を紹介

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

ウレタン防水のトップコートとは?効果や種類別の特徴を紹介

ウレタン防水のトップコートとは?効果や種類別の特徴を紹介

2024/06/21

防水工事を行うときに選択されることの多いウレタン防水では、仕上げに必ずトップコートが塗られています。

トップコートを塗ることで、ウレタン防水を長持ちさせ、建物の価値を守ることにつながります。

ここではウレタン防水を行うのなら、ぜひ知っておきたいトップコートの効果や種類などについて解説しています。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

ウレタン防水のトップコートとは?

ウレタン防水はウレタン樹脂を塗り重ね、防水層を形成する防水工事です。

ウレタン防水の工程は、下塗り・中塗り・仕上げが中心となりますが、トップコートはこの仕上げの部分に該当します。

中塗り部分の防水層には、水の侵入を防ぐ効果がありますが、トップコートには防水効果はありません。

トップコートは防水層を保護し、防水層の効果を保つという点で非常に重要な役割があります。

 

ウレタン防水のトップコートの効果や役割について

ウレタン防水で必ずトップコートが必要です。

どういった役割・効果があるのでしょうか。

大きく分けると下記の4つの効果・役割があります。

  • 紫外線保護
  • 遮熱効果
  • 清潔性を保つ
  • 滑り止め

紫外線保護

防水工事を行う場所は直射日光が差し込む場所も多く、紫外線による劣化が懸念されます。

防水層の上にトップコートを塗布することで、紫外線から防水層を保護する効果が期待できます。

劣化スピードが緩やかになり、防水効果を長く保つことができます。

遮熱効果

屋上や陸屋根などは太陽の熱に熱せられ、非常に高温となる場合があります。

トップコートには遮熱効果があり、室内へ伝わる熱を減らすことが可能です。

夏場のエアコン使用を減らすことが可能になり、エコな観点からも高い効果があります。

清潔性を保つ

ウレタン防水を施工した表面は、材質の性質上粘着性があり、ゴミなどがつきやすい状態となっています。

トップコートを塗らない場合、表面にゴミが付着しやすいのに加えて、掃除も難しくなります。

表面を清潔に保つためにも、トップコートは必要不可欠です。

滑り止め

ウレタン塗装はシームレスでなめらかな仕上がりが魅力の一つですが、雨が降っている場合などは滑りやすくなってしまいます。

トップコート自体に滑り止めの効果はありませんが、滑り止めのチップを混ぜて塗布することで滑りにくい状態を作ることが可能です。

人の出入りが多い場所やお子様がいる場合などは、検討してみるいいでしょう。

ウレタン防水のトップコートの種類と特徴

トップコートはどれでもいいというわけではありません。

施工した防水層の材質にあわせて、相性のよいものを選ぶ必要があります。

ウレタン防水では主に「アクリルウレタン系」または「フッ素系」が選ばれています。

アクリルウレタン系 伸縮性に優れ、安価
耐用年数は5年程度
フッ素系 汚れや紫外線に強い
耐用年数10年程度

アクリルウレタン系

最も使用されているのがアクリルウレタン系のトップコートです。

アクリルウレタン性のため、ウレタン防水との相性がいいのが特徴です。

耐用年数は5年程度なので、定期的な塗り直しが必要ですが、伸縮性に優れていて塗り直しや再塗装もしやすいトップコートとなっています。

フッ素系と比べると安価に施工できるので、費用を抑えたい場合にはこちらが選択されます。

フッ素系

アクリルウレタン系と比べると、性能・耐用年数ともに非常に優秀です。

防汚効果が高く、紫外線にも強いため、耐用年数は10年程度となっています。

その分価格は高くなりますので、「費用がかかってもメンテナンスの間隔を開けたい」という場合にはフッ素系のトップコートが選ばれています。

ウレタン防水のトップコートの耐用年数について

ウレタン防水に使用されるトップコートは「アクリルウレタン系」「フッ素系」の2種類があります。

「アクリルウレタン系」の耐用年数は5年程度、「フッ素系」の耐用年数は10年程度となっています。

ただ、建物のある場所や向き、地域や天候状況によって劣化スピードは異なります。

退色や剥がれなどの劣化状況が見られる場合には、早めに塗り直しを行うことが大切です。

ウレタン防水のトップコートを長持ちさせるコツ

メンテナンス費用を抑えるために、少しでもトップコートを長持ちさせたいと考える方も多いのではないでしょうか。

長持ちさせるためのコツを2つ紹介します。

  • 排水溝の掃除を行う
  • ひび割れ等劣化状況の確認

排水溝の掃除を行う

屋上や陸屋根、バルコニーなどは落ち葉や埃などが入り込む場合が多く、排水溝に溜まりがちです。

排水溝が詰まって排水されにくい状況が続くと、トップコートの表面に水が長時間留まることになります。

長時間水にさらされている状況は、トップコートの劣化を早めてしまうため避けた方が賢明です。

排水溝は定期的に掃除を行い、排水がスムーズに行われる状況を保つことが、トップコートを長持ちさせるポイントになります。

ひび割れ等劣化状況の確認

日頃からトップコートの状態に注視することで、劣化に早く気がつくことができます。

ひび割れや剥がれなど、専門知識がなくても目視で確認できるものも多いので、日頃から状況を確認しておくことがおすすめです。

劣化が確認できたタイミングで早めに補修や再塗装をすることで、軽微な修繕で済むことが少なくありません。

そのまま放置してしまうと、雨漏りが発生してしまったり、後々大掛かりな工事が必要になってしまったりする可能性があります。

ウレタン防水用トップコートの紹介

代表的なトップコートを紹介します。

専門家の意見を踏まえて、最適なものを選択しましょう。

品名 成分、組成 仕上がり
プルーフロンGRトップ遮熱 2液型溶剤アクリルウレタン樹脂塗料 ツヤ有り
プルーフロンGRトップフッ素 2液型溶剤フッ素樹脂塗料 ツヤ有り
プルーフロンGRトップ 2液型溶剤アクリルウレタン樹脂塗料 ツヤ有り
プルーフロンGRトップエコ 2液型溶剤アクリルウレタン樹脂塗料 ツヤ有り
プルーフロンエコ水性トップ 1液型水性アクリルエマルション樹脂塗料
無機質系骨材入り)
ツヤ消し
プルーフロンエコ水性GRトップ 2液型水性アクリルウレタン樹脂塗料 ツヤ有り
プルーフロンエコ水性GRトップ遮熱 2液型水性アクリルウレタン樹脂遮熱塗料 ツヤ
プルーフロンEGトップ4F 2液型溶剤4フッ化フッ素樹脂塗料 ツヤ有り
プルーフロンEGトップ4F遮熱 2液型溶剤4フッ化フッ素樹脂遮熱塗料 ツヤ有り
プルーフロン水性上塗シルバー 1液型水性アクリルエマルション樹脂塗料 シルバー
プルーフロンURトップグレー 水性アクリルエマルション樹脂系
(無機質系骨材入り)
ツヤ消し
プルーフロンEGトップSi 2液型溶剤アクリルシリコン樹脂塗料 ツヤ有り
プルーフロンGRトップ艶消 2液型溶剤アクリルウレタン樹脂塗料 ツヤ消し

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。