株式会社大浦屋

ウレタン防水が劣化した時の症状別の補修方法

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

ウレタン防水が劣化した時の症状別の補修方法

ウレタン防水が劣化した時の症状別の補修方法

2024/06/21

防水工事の主流となっているウレタン防水ですが、耐久年数は5〜10年程度と言われており、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

ここでは、ウレタン防止劣化のサインや症状、補修の方法までを詳しく解説しています。

ウレタン防水が機能しているか不安な方や、劣化に対してどう対応していいかわからずお困りの方に、ぜひお読みいただければと思います。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

【症状別】ウレタン防水劣化時の補修方法

ウレタン防水は数ある防水工事の中でも主流となっている工法で、仕上がりがシームレスで美しく高い人気があります。

しかし紫外線や風雨にさらされることで劣化し、防水性能は徐々に低下してしまいます。

劣化が見られる場合には、症状にあわせた的確な補修が必要です。

表面がひび割れているケースと対策


ウレタン防水は表面にトップコートが塗られており、防水層を保護しています。

ひび割れが確認できる場合、トップコートにヒビが入っている可能性があります。

トップコート自体に防水機能があるわけではないので、トップコートにヒビがはいってもすぐに水が侵入してしまうことはありません。

しかし、そのまま放置してしまうと防水層までひびが広がり、十分な防水性能が維持できなくなってしまいます。

また、場合によっては表面のトップコートだけでなく、下の防水層までヒビが広がっていることも考えられるため、ヒビを見つけた場合には早急に補修することが必要です。

小さなひび割れであれば、部分的な補修で解決することも少なくありません。

塗膜が浮いたり膨れ上がっているケースと対策


塗膜の浮きや膨れは、下地部分に含まれた水分が熱などにより蒸発することにより起こる現象です。

すぐに水が侵入するものではありませんが、浮きや膨れが怒っている場所は劣化がすすみ、簡単に破損しやすい状況となっています。

そのため、浮きや膨れが発生している場合には、早急に既存の防水層を剥がし、再工事を行う必要があります。

防水層の亀裂があるケースと対策

トップコートだけでなく防水層にも亀裂が及んでいる場合には、早急な対応が求められます。

防水層に亀裂があるということは、雨が降り込めばすぐに水が侵入する状況です。

水の侵入を許せば、建物の寿命はどんどん短くなり躯体部分へダメージを与えてしまいます。

早急に防水層をはがし、再工事を行う必要があります。

雨漏りがあるケースと対策

雨漏りが発生してしまった場合には、すぐに専門業者に調査を依頼しましょう。

専門家でないとどの部分が原因で雨漏りが起きているのかを特定するのは非常に困難です。

また水の侵入により建物内部が腐食している場合もありますので、建物全体の調査が必要です。

雨漏りが発生すると室内のクロスにシミができたり、室内の電子機器が故障するなどの被害も出る可能性があります。

再工事も大掛かりなものになってしまう可能性が高くなりますので、そうならないよう定期的な防水工事を行うようにしましょう。

トップコートの剥がれ・色褪せや退色のケース


トップコートの劣化が見られる場合には、早めにトップコートを再塗装しましょう。

トップコートの塗り直しは比較的安価に行うことができます。

結果的に防水層がまもられメンテナンスコストも抑えられるので、剥がれ・色褪せなどが見られた場合には、早めに検討するようにしましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。