株式会社大浦屋

アパート経営における修繕費の目安とコスト管理のポイント

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

アパート経営における修繕費の目安とコスト管理のポイント

アパート経営における修繕費の目安とコスト管理のポイント

2024/06/21

アパート経営における修繕費の適切な見積もりや効果的なコスト管理は、不動産オーナーにとって重要な課題のひとつです。

適切な修繕費の目安を把握するためには、定期的な建物の点検とメンテナンスが欠かせません。

さらに、予期せぬトラブルに備えて、緊急修繕費の備えも必要です。

コスト管理のポイントには、複数の見積もりを取ることが挙げられます。

複数の業者から見積もりを取ることで、適正な価格を把握しやすくなります。

また修繕作業の優先順位を決める際には、安全性や法令の遵守が最優先事項です。

さらに、長期的な視野で見たときのコスト効率も考慮し、将来の修繕費用を見越した計画を立てることが大切と言えるでしょう。

この記事では、アパート経営における収益性の確保や入居者の満足度を向上させるポイントについて詳しく解説します。

外壁塗装や防水工事・大規模修繕は新東亜工業へ

中間マージンゼロ!直接お取引でコストカット

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介料である中間マージンが0で外注費コストカット
  • 施工スピードと正確性を重視
  • お客様満足度は98%!
  • その他大規模修繕の対応や相見積もりも歓迎
公式サイトはこちら

修繕を行う箇所と修繕相場の目安

アパート経営における修繕費の目安は、建物の築年数や状態によって異なります。

一般的には、外壁塗装や屋根修理などの大規模な修繕は10年から15年ごとに行われます。

これらは建物の劣化を防ぎ、住環境を良好に保つために必要不可欠な工事であると言えるでしょう。

アパートの定期的な修繕が必要な工事箇所と、相場の目安は以下のとおりです。

外壁塗装

外壁塗装は、建物を外部の影響から保護し、美観を維持するために重要です。

一般的には、外壁塗装の目安は10年ごとですが、気候や建材の劣化状況によって異なります。

定期的な塗装により、建物の寿命を延ばし、住民の安全と快適さを確保します。

アパートの規模・使用する塗料の種類・劣化度合いによって費用は異なりますが、一般的には1平方メートルあたり1,000〜2,000円程度かかります。

屋根修理

屋根は建物を守る重要な部分であり、定期的な点検と修理が必要です。

雨漏りや風による災害などのリスクを軽減するために、屋根の状態を定期的に確認したうえで、必要に応じて修理や補修を行いましょう。

一般的な目安は15年ごとで、地域の気候や使用する屋根材によって異なりますが、10〜20万円ほどが目安です。

給排水設備の点検と修繕

給排水設備は、住民の衛生的な生活に欠かせない部分です。

定期的な点検と修繕により、配管の詰まりや漏水などの問題を早期に発見し、住環境を良好に保つ必要があります。

給排水設備に関する修繕工事には、高圧洗浄での対応と給排水管の交換があり、費用や工事期間がそれぞれ異なります。

10〜15年ほどで行うことが一般的で、給排水管では交換する場所によって10〜50万円ほど必要です。

共用部分の防水工事

共用部分の防水工事は建物の耐久性を高め、住民の安全を確保する重要な工事です。

特に、浴室やバルコニーなどの湿気の多い場所では、定期的な防水工事が不可欠です。

適切な防水工事により、建物の劣化や漏水による被害を防ぎます。

工法や場所により異なるものの、1平方メートルあたり5,000〜8,000円ほどが目安です。

エレベーターの定期点検と保守

エレベーターは、建物内の移動をスムーズにする重要な設備です。

定期的な点検と保守により、エレベーターの安全性を確保し、故障や事故のリスクを軽減します。

エレベーターの機能や種類によって、月額で数万円から10面円程度の費用が必要になるでしょう。

賃貸契約における修繕責任

賃貸契約における修繕責任は、貸主と借主の間で明確に定められます。

一般的に、貸主と借主はそれぞれ特定の修繕箇所に対する責任を負います。

これにより、契約上の義務と責任が明確化され、トラブルを回避するための基準となります。

貸主が負担する修繕箇所

貸主が負担する修繕箇所には、建物の構造部分や大規模な設備に関する修繕が含まれます。

具体的には、外壁や屋根・配管・給排水設備・電気設備などが挙げられます。

これらの修繕は、建物全体の安全性や機能性を維持するために、貸主が責任を負います。

借主が負担する修繕箇所

借主が負担する修繕箇所には、通常の居住使用に伴う日常的な修繕が含まれます。

たとえば、壁紙の修理や塗装・照明器具の交換・水漏れや配管の詰まりなどが該当するでしょう。

これらの修繕は借主が責任を負い、賃貸物件を適切に管理する義務があります。

大規模修繕工事のタイミングと要因

大規模修繕工事のタイミングは様々な要因によって決定されます。

建物の年数、入居者の要望や苦情、法的要件と規制、予算計画、建物の状態と点検結果などがその主な要因です。

これらを適切に考慮することで、最適なタイミングでの工事が可能となります。

建物の年数

建物の年数は大規模修繕工事の必要性を判断する重要な要因です。

一般的に、外壁塗装や屋根修理などの大規模な工事は、建物の年数に応じて定期的に行われます。

建物の老朽化や劣化度合いを考慮し、適切な時期に工事を計画することが重要です。

入居者の要望や苦情

入居者の要望や苦情も大規模修繕工事のタイミングに影響を与えます。

特定の修繕が入居者の生活や安全に関わる場合、修繕工事の優先順位が変わることがあります。

入居者とのコミュニケーションを通じて、修繕の必要性や優先順位を適切に把握することが重要です。

法的要件と規制

法的要件や規制も大規模修繕工事のタイミングに影響を与えます。

建物の耐震性や防火性などの法的要件を満たすために、定期的な点検や工事が必要とされる場合があります。

また、地域の建築規制や安全基準にも適合する必要があります。

予算計画

大規模修繕工事の予算計画も重要な要素です。

修繕工事には膨大な費用がかかる場合があり、事前の予算計画が不可欠です。

適切な予算を確保し、必要な工事を実施するために、定期的な修繕費の積立や資金調達の計画が必要です。

建物の状態と点検結果

建物の現状と定期点検の結果も大規模修繕工事のタイミングを決定する重要な要素です。

建物の劣化や損傷の程度を把握し、適切な修繕工事を実施するために、定期的な点検と診断が欠かせません。

点検結果に基づいて、優先順位をつけて工事を計画することが重要です。

修繕費用の抑え方

アパートの修繕費用を抑えるためには、さまざまな手段があります。

定期的なメンテナンスや点検をはじめ、予防的な対策の実施・複数業者との比較見積もり・助成金や補助金の活用・長期的な修繕計画の策定などがその一例です。

これらの手法を組み合わせることで、効果的に修繕費用を節約することができます。

定期的なメンテナンスと点検

定期的なメンテナンスと点検は、修繕費用を抑えるための基本的な手法です。

定期的に点検することにより、問題を早期に発見しながら修繕が必要な箇所を把握することができます。

また定期的なメンテナンスにより、建物や設備の寿命を延ばし、大規模かつ長期間にわたる修繕を避けることができるでしょう。

予防的な対策の実施

予防的な対策の実施も、修繕費用を抑える方法のひとつです。

例えば、防水工事や防災設備の設置など、将来的なトラブルや損害を防ぐための対策を積極的に行うことで、修繕費用を削減することができます。

複数業者との比較見積もり

修繕依頼をする業者の比較見積もりを行うことでも、修繕費用を抑えることができます。

複数の業者へ見積もりを依頼し、価格や提供されるサービスを比較することで、最適な業者を選択しながら費用の削減も進められるでしょう。

助成金や補助金の活用

修繕費用を抑えるためには、助成金や補助金の活用も有効です。

自治体や政府からの助成金や補助金を活用することで、修繕費用の一部を補填することができます。

適応条件が異なる場合があるため、あらかじめ自治体へ問い合わせておくとスムーズです。

長期的な修繕計画の策定

長期的な修繕計画を策定することで、修繕費用を効果的に管理することができます。

将来的な修繕の必要性や予算を事前に計画し、適切なタイミングで修繕を行うことが費用の最適化につながるでしょう。

素材や設備の選定

修繕費用を抑えるためには、素材や設備の選定も重要なポイントです。

耐久性やメンテナンスのしやすさを考慮し、コストパフォーマンスの高い素材や設備を選択することで、修繕費用を削減できます。

修繕の必要性を確認

修繕の必要性を確認することも修繕費用を抑えるうえで重要です。

定期的な点検やメンテナンスを通じて、建物や設備の状態を把握し、必要な修繕を適切なタイミングで行うことが費用節約につながります。

まとめ

アパート経営における修繕費の適切な見積もりや効果的なコスト管理は、不動産オーナーにとって重要な課題のひとつです。

適切な目安を把握するためにも、定期的な建物の点検とメンテナンスが欠かせません。

長期的な視野で見たコストや効率も考慮し、将来の修繕費用を見越した計画を立てることが大切と言えるでしょう。

  • 外壁や屋根、給排水管や共用部分、エレバーターなどの点検や修繕は10〜15年を目安に行う
  • 費用は工法や使用する材料、劣化度合いにより異なる
  • 給排水の交換工事では1平方メートルあたり10〜50万ほど、防水工事には1平方メートルあたり5,000〜8,000円ほどかかる
  • 賃貸の場合、修繕責任はそれそれ異なる部分に発生する
  • 修繕工事のタイミングは、建物の年数や入居者の要望、法的規制や予算などにより決定される
  • 修繕費用を抑えるには、定期的なメンテナンスや予防的な対策、長期的な計画や適切な設備の選定などが有効

今回ご紹介した内容を確認したうえで、安定的なアパート経営ができるよう計画を立て実行していく必要があります。

ご自身での計画や選定に不安を感じる場合は、修繕実績の豊富な業者へ相談してみてはいかがでしょうか。

その際、実績だけでなく適した工法や問い合わせへの対応などを総合的に判断し、状況に最適な施工業者を選定できるよう進めていきましょう。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。