下地補修 ”欠損” 塗装-東京

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

下地補修 ”欠損” 塗装-東京

下地補修 ”欠損” 塗装-東京

2021/03/18

欠損はひび割れや爆裂によっても生じますが、躯体の挙動によるモルタル破壊や、寒暖の差による鉄とコンクリートの伸縮係数の違いによっても発生します。
例えば鉄骨階段梁の取合い箇所や、手摺壁スチール手摺取合い箇所の欠損が多く代表的な例となります。
コンクリートは元来アルカリ性ですが、風雨にさらされ年月を経た結果、次第に表面から中性に変わっていきます。
そうするとコンクリートは強度を失い、脆くなるとともに 内部の鉄筋も腐食しやすくなります。
内部で腐食した鉄筋が膨張し周辺のコンクリートを押し上げた状態を鉄筋爆裂と呼びます。
コンクリートが押し出されてひび割れ、そこからさらに雨水が侵入して鉄筋の腐食がさらに進行するという形になり、放置すればするほど劣化が進行します。
欠損は原形の形が破損していることをいいます。緊急性は低いですが塗装される際は補修をしてからの方が見た目がきれいです。
補修方法は欠損部に接着剤を塗り、モルタルなどで成形し、段差をなくします。

弊社は材料の問屋をしておりますが、その強みをお客様に還元するため自社での施工もしております。
そのため、他社よりも材料費が安く抑えられます。また自社の職人による工事をしているため、
大手のように下請け業者に対しての中間マージンも無く他社よりもお安くできる自信があります。
弊社は墨田区に事務所がありますが、関東を中心に全国に対応しております。

防水や塗装の修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!
☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆
現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。
まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。