プラスチック塗装は? 修繕工事‐台東区

[受付時間] 9時~18時 ※18時以降は問合せフォームにてお願いします

プラスチック塗装は? 修繕工事‐台東区

プラスチック塗装は? 修繕工事‐台東区

2021/06/18

プラスチック素材を塗装する場合、まずプラスティック素材に付着したゴミ・糸くずを高圧洗浄機にて取り除きます。プラスチックは表面がツルツルしているので
洗浄後、塗装する部分を紙やすりで削り、プラスチックの表面をざらざらにして塗料がなじむようにします。
塗装したい部分が平らであれば紙やすりではなく、平たい意平面のやすりを使っても大丈夫です。曲面や細い部分などがある場合には、紙やすりを使います。
紙やすりは曲面に沿って曲がり、折りたたんで使用することもできるので細かい部分までかけることができます。
 
ヤスリがけは重要な作業なので手抜きはだめです。滑らかな表面に細かい溝を作ることで、塗料が付着しやすくなります。
プラスチックがツルツルのまま塗装しても簡単に剥がれたり、何かがちょっと当たっただけで塗装面にヒビが入ったりします。プラスチックのツルツルした表面に
塗料がなじまないため密着が弱いからです。ただし、塗装面を粗くしすぎると仕上がりがキレイにならないのでさじ加減を気をつけましょう。ヤスリがけが終わったら、
水洗いするか、水を含ませた布切れで拭き削りカスを掃除します。ケレンが終わりましたらいよいよ塗装に入ります。ほかの塗装同様に下塗り(プライマー)を塗ってから
上塗りを2回塗ります。基本的には上塗りの前にプライマーを塗らないと塗料との密着が弱くなり剥がれやすくなります。
以上のことから外壁とは違って、プラスチックや鉄部は塗装前のケレンが耐久性を左右する重要なポイントになってきます。
見積もり時に作業工程などの確認をしてみましょう。
弊社は材料の問屋をしておりますが、その強みをお客様に還元するため自社での施工もしております。
そのため、他社よりも材料費が安く抑えられます。また自社の職人による工事をしているため、
大手のように下請け業者に対しての中間マージンも無く他社よりもお安くできる自信があります。

弊社は墨田区に事務所がありますが、関東を中心に全国に対応しております。

 

防水や塗装の修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!
☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆
現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。
まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。